2017年6月28日 (水)

『ぼくたちに、もうモノは必要ない』佐々木典士を読んで

図書館で予約して受け取るまで何週間かかかりました。

読む前は、モノがなくなってシンプルな生活になれば心もすっきりする、または、心穏やかに過ごしている人はモノが少ない、的な本だと思っていました。断捨離本に続くなんかブームに乗っかろう的な本かという先入観もありました。

しかし、自分の心中に起こった事を自分の言葉で書いていること、ナナメ上から目線でないなど好感を持ちました。(*)アドラー的な心理学も下敷きにして書いているとも思います。



以下、感想文というよりは、備忘録、引っかかったところをメモしたまで。

身の回りにすでに必要なモノはある、なぜならそれらを買う時にすごく欲しくて検討もしたはず。

捨てられない「性格」というのは存在しない → 捨てられない理由がわかれば → 技術と習慣の問題に
明らかな「ゴミ」、複数あるもの、1年使わなかった、人の目線を引くためのモノ、などの順番で捨てていく。
「必要」なモノ ←→ 「欲しい」モノ  を分けて意識する。

捨てづらいモノは写真に、モノを捨てることと思い出を捨てることは別

過去のモノと向き合うこと = 自分の過去とばかり向き合うこと

もう一度買いたいと思えるか?

捨てられるかは、「悩んだ」時点で捨てられる

大量の本やCD、DVDを「自分自身」だと思い込む → 捨てる → 「自分」からの自由

(*) 一瞬で不幸になれる方法に触れているところで、ある女性を著者は好きだったのだが、振られたのは男性が高収入だったからとしたりした逸話を引いていたり、単に他人との比較をやめるためにSNSをやめなさい的な内容に終始していなくて良かった。

モノを減らすと集中力が高まる ← モノが脳の処理能力を浪費している、脳自体は石器時代とかからたいして進化していない、モノが発する「沈黙のメッセージ」、かまって、洗って等に惑わされる。

捨ててみて著者は自分と向き合うことができたと思う。その時間が取れたことが重要だと思う。

『自分の小さな「箱」から脱出する方法』のシリーズを薦めていた。

モノがないと相手に集中 → 夫婦の場合たくさん話す → 良好な関係

「友達や大事な仲間は魔法の数字、つまり"3人"でいい」 映画 Into the World

「差」を刺激として感じる、「幸せ」みたいなものとして感じてしまう
  ←→ 感謝、今を生きる・幸せを今感じる、モノではなく「人」

当たり前だけど、古代の哲学者とか、お坊さん、科学者とかモノに囲まれていないよなーと思う。

趣味のトライアスロンの人と話していて、自転車を輸送するケースに我々はホント無駄な家賃を払い、心を悩ませているなー、収納ボックスを自宅に送ってくれて往復運んでくれるサービスは割高だけれど、本来やらなければならないことに集中するのには良いなあと思う。

トライアスロンの大会に行くと、記念Tシャツやらフィニッシャータオルが山のようにたまるのですが、なかなか捨てがたく、同じ大会の記念品でも古いものから順に捨て始めたところで、私の場合まだ道のりは遠いといった感じです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年6月25日 (日)

ハーフマラソンDNSし東北旅行(11)

街には緑がいっぱい、しかも立派は広葉樹が、広瀬川も流れてる。海も近い山も近い、ちょっと行けば温泉もいっぱいある、でちょっと用事があれば東京にも新幹線ですぐに高速バスではお安くそれなにり来ることができる。

仕事とかお金の問題がなければ住みたい街だなあと思いました。

今回少し歩いたので伊坂幸太郎氏の作品を読むときに参考になるでしょう。ちなみに氏は仙台出身だとずっと思っていたのですが松戸出身だったんですね、コレを読んで知りました(笑)


読んだことある作品について思い出してみると、

『ゴールデンスランバー』は結構ハラハラして読めたし、なんか反体制というか自分だけを信じることができる強い石を感じた。


『砂漠』は最初学生時代の設定になかなか入っていけなかったのだけれど、とにかくマイペースというか自分が強い主人公に引き込まれ、最後は泣けてきたなー。


デビュー作の『オーデュポンの祈り』もさかのぼって読みました。やはりカカシがしゃべるということで、最初作品に入っていけなかったのだけれど、最後は泣けてくる。仙台沖の猫がいる島のあたりを地理的に勝手に想像して読んでた気がします。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2015年12月23日 (水)

『そうだ、葉っぱを売ろう!』

流行り物ですが、読んでみました。居酒屋かどこかでガイヤの夜明け的な番組を見たのがきっかけだとおもいます。


徳島県の上勝町、何度もマスコミに出てますが。


『そうだ、葉っぱを売ろう!』 横石知二


| | コメント (0) | トラックバック (0)

2015年12月22日 (火)

『このレシピがすごい』を読んで

『男のハンバーグ道』の著者の土屋敦さんです。



これを読んでから、檀一雄の料理の本と

『このレシピがすごい』の中では、おからを使ったコロッケについて触れられていました。

邱永漢さんの奥さんの料理本を買いました

で、檀一雄の本の中で邱永漢氏のドンポーローのレシピとの比較の話が出てきたので買ってみました。ちょっと時代というか、奥さんの出自(=たいへんなお嬢さんぶり)を感じさせてくれて面白かったです。基本的には大好きな広東料理ばかりですし。いくつか作ってみたいと思います。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2015年12月21日 (月)

『嫌われる勇気―――自己啓発の源流「アドラー」の教え』

アドラー心理学についての本を読みました。
あんまり込み入った感想文を書くと痛いので、いまのところはやめておきます。


もともと2013年の宮古島トライアスロンの前にバイクですっ転んで擦過傷になり、こちらのサイトを参考にさせてもらいながら湿潤療法で治し、さらには同じ夏井先生が紹介していたシャンプー無し生活を始め、いまは糖質制限をして昔のウエスト周りを取り戻し、糖質制限の江部先生がアドラー心理学に関わっておられてココにたどりつきました。


あの時バイクですっ転んで擦過傷をこさえなければ、糖質制限も始めていなくて、シャンプーも使い続けて、アドラー心理学も勉強していなかったかもしれません。


題名からすると自己啓発的なコーチング的な本かと思ってしまいますが、ソクラティックな対話形式でグッと引き込まれてしまいます。もう何年か前に読んでいれば、と思ったりしますが、そういう時に読んでも心に響かず、やはり今がそのタイミングだったんでしょうね。



| | コメント (0) | トラックバック (0)

2015年12月13日 (日)

『男のハンバーグ道』作ってみました

食事のタンパク質の割合をまた増やしてみようかなあと思い、以前に購入して積ん読だった『男のハンバーグ道』を読み、そのあとスーパーに買い出しに行き早速レシピを見ながら作ってみました。

Img_0423_1


Img_0424_1


Img_0425


Img_0426


Img_0427


肉汁には満足しましたが、ちょっと塩気が足りなかったかも。

引き続き精進が必要。



| | コメント (0) | トラックバック (0)

2015年7月20日 (月)

小泉武夫著『絶倫食』を読んで

著者の小泉さんは醸造学の権威であり、またユーモアのある語り口で著書も多数あり、私もこれまで何冊か読ませてもらいました。

集英社元編集者の島地氏が7月に絶倫食パーティーを開くにあたり日経BPサイトにて記事を寄せているところに本書について触れられており、単行本を中古にて購入してみました。

一般的に絶倫食と聞くと中国の皇帝が食べていそうな手に入りにくい動物植物であったり、現在でもとても高価な食品を連想しますが(もちろん、タツノオトシゴやナマコなどそういうアイテムには言及されていますが)、身近な食品にも「絶倫作用」があり、現在までで分かっている有効成分等を説明して解説してくれます。

「絶倫成分」を私なりにいくつかに分類してみますと以下のようになります。

(1) ホルモン系
ハーレムを形成するオットセイの睾丸から抽出した強壮剤の例のような、男性ホルモン・テストステロンを増強するもの。また中国明の時代に作られた少年の尿から作った「秋石」の話がとても面白い。作り方としては、童貞の少年の尿を集め成分を沈殿させ、テストステロン、成長ホルモン、その他有効なミネラルを含む石膏状の塊に仕上げる。逆に女性の尿を飲んでしまうと黄体ホルモンを体内に入れることになってしまい、女っぽくなってしまうとのこと。

(2) 血流を増大させる系統
血管拡張作用のある動植物由来のもの。身近な食品ですとチョコレートなど。子供の頃誰でも食べすぎると鼻血が出ると言われたと思います。現在では合成された成分で同じ機能を提供する薬剤がありますが、長い歴史の中で天然成分からこれらを見つけた先人の知恵は偉大だと思います。欧米で鶏を全部煮込んだチキンスープ、韓国の参鶏湯など日本では滋養の面から語られることが多いですが、彼方のカップルにしてみれば一戦交える前の強壮剤のようなものなのでしょう。またコトに及ばないにしても、これらの血管拡張作用のある食べ物は女性の冷え症解消に役立ち積極的に摂るべきだと思いました。

(3) 造精作用を促すもの
海の牡蠣等セックスミネラルである亜鉛を含む食品は多々ありますが、例えば痔の治療にも使われるイチジクは、白い汁を患部に塗ったり食して血流を良くするだけでなく、亜鉛を多く含み、また乾燥させたものを食べると効率良くミネラルが摂れるという正にパーフェクトフルーツ、夜のフルーツなのだと思いました。また、DNAの材料になる亜鉛そのものだけでなく、ネバネバ成分ムチンを含むとろろ芋やナメコなど昔の人が精がつくと食べていたものなど、いまの科学でが造精を助ける作用があることが分かっていますが、昔の人がその外見からの類似性だけでそう言っていたのではなく長い間のトライアンドエラーによって伝承が残ってきたのではと畏敬の念すら覚えます。もうひとつ類似性からの類推について、キノコ類の驚くべきパワーについても本書で触れられています。

(4) タンパク質・糖質の合成・吸収を助ける成分
造精作用を考えると、ただ単に亜鉛と補助物質があれば良いというわけではなく、タンパク質を合成し糖を利用しやすくする必要があり、タコに含まれるタウリン、あと材料となるアルギニンなど特に高価な食品というわけでなく、スルメなど干した海産物に多く含まれているなど、普段食べている食品に対しても多くの気づきを与えてくれました。

まとめ的なことを書きますと、著者は絶倫という観点で食べ物とその作用を説明していますが、なにもそれに関わらず健康に生きていくためのヒントが多く散りばめられていると思います。

冬虫夏草、スッポン、ニンニクなど我々がすでにそういう作用があると認識している食品だけでなく、著者の専門の発酵食品を含み身近な食品にも「絶倫」作用があるのを気づかせてくれた点で良書だと思います。また、著者が実際に食べて効果があったものに対してその夜の反応等記しており、小泉さんのユーモアと誠実さを感じました。



| | コメント (0) | トラックバック (0)

2015年6月20日 (土)

"Fast after 50" by Joe Friel 読了

なにげなくFBのタイムラインを見ていたら、Triathlete Magazineで触れられていたので購入。

Joe Friel氏は Gordon Byrn との共著 "Going Long"は何度も読んで参考にさせてもらってます。

Img_4492

読む前に想像していたのは、50歳を迎えるシリアスアスリートがどうやってパフォーマンス低下に対処すするのかとういう的な本かと思っていたのですが、まあ実際そうなのですが、ホビーアスリートにも十分参考になる内容で気づきもいろいろありました。


運動をしないと早く老化しちゃうよというのはわかりやすいですし、マウスの実験の論文でも明らかなのですが、

Img_4493


筆者は、加齢によるリミッターとして

- エアロビックキャパシティー(これまで日本語で言うところのアネロビック閾値?)
- 体脂肪の増加
- 筋肉の減少

を挙げて、それぞれに有用な方策を提示しています。

まあ下の二つは感覚的に分かるのですが、一番目のぜーぜーはーはー頑張る域(要はVO2Max)での指標はそんなに問題にあんるのかなと思いました。で、筆者は、

- エアロビックキャパシティー (Aerobic Capacity)
- 乳酸閾値 (Lactate Threshold)
- エコノミー (Economy)

のうちやはりエアロビックキャパシティーの低下がいちばん加齢の影響を受けると論文その他をひいて論じています。


10年20年に渡って同じランナーを追跡し、加齢によりほどほどにトレーニングの質を落としたグループと、同じ強度を保った(もちろん加齢により回数頻度は減るでしょうが)グループを観察した時、後者の方が年を経るごとに明らかにVO2Maxの低下が少ないという論文があり、この辺を導入としながら読み進むことができます。

まあよくよく考えると、エアロビックキャパシティー、すなわち VO2Max が低下しちゃっているということは、心臓が小さくなってしまって、血管の柔軟性から毛細血管も十分に発達していない状態というわけで、ロングのトライアスロンでぜーぜーはーはーしないにしても、結果としてエンジンの大きさにパフォーマンスは影響されるわけで、なんとなく納得行ったわけです。


もどりまして、先の3つのリミッターを改善もしくは進行を遅らせるためには、筆者は高強度トレーニング、すなわちインターバル的なストレスフルなトレーニングと筋トレを日常のトレーニングに含むことを勧めています。

先の「筋肉の減少」については、インターバルと筋トレが有用であるのは容易に想像できますが、それらのトレーニング後のリカバリー期間では、メタボリックシステムが脂肪を消費しタンパク質から筋肉を合成するのに活発な状態になっているので、結果として加齢による体脂肪の増加を抑えられる、と私は読みました。

よくよく考えると、某ライザップの減量方法も、徹底した食事療法に重点を置き、ジムでのワークアウトの回数/頻度はそんなでもないと聞きます。一度食事療法で糖質に依存しない脂肪を燃やせるメタボリックシステムが優位になれば、筋トレをやればしばらくの間脂肪燃焼が優位なシステムが働くことは想像できます。

インターバルもしくは筋トレで筋合成/脂肪燃焼系のシステムが活性される云々の点に関連して、筆者はLSD神話についての矛盾を指摘し、同じシンドさ(すみませんアバウトで)に値する LSDとインターバルをした場合、運動を終えた後の消費カロリーはLSDの方が勝っているが、インターバルの後ではリカバリー期間中も脂肪が燃え続けるので結果として高強度トレーニングの方がフィットネスを維持するのには有用だと言いっています。

また、ロングディスタンスの大会に参加する者としては、高強度トレーニングを日常トレーニングに取り入れることによって、いわゆる遅筋が発達せず実際のレースであまり使われない速筋が発達してしまうのではないかという懸念がありますが、その点は実際のレースでは遅筋の役割を速筋が担っていくようなことが書いてあった気がします。この辺はロジックを全て理解したわけではないので、引用先の文献を読んでみないとわかりませんが。

一般的な加齢に伴う脂肪の増加という話に戻りまして、知られているように加齢に伴いテストステロンの分泌が減少し、もともとテストステロンの存在で抑えられていた Lipo-protein Lipase (LPL) の活動が加齢により活発になり、結果として脂肪が蓄積されてしまうんですが、

まあ加齢によりテストステロンが減少してしまうのは如何ともしがたいんですが、それに加えてインシュリンが増えると LPL が活性化しさらに脂肪が蓄えられてしまう、という気づきもありました。

パレオダイエット的な食生活、およびグリセミックロードを考えた食事の取り方の正しさを再認識しました。


非常に単純な話として、若いころにくらべて同じ量のタンパク質を摂っても筋肉の再生に回されるのが少ない。よってより多くのタンパク質を食べるべき、というのも身につまされました。


自分なりのまとめとしては、常に記録向上を狙うアスリートだけでなく、なんちゃってアスリートも歳を取ってからのより良い充実したフィットな人生を考えれば、高強度トレーニングを日常トレーニングに織り込むのは有用だと思いました。
もちろん筆者は増大する故障のリスクにも言及しリカバリー/レストの章も設けているのですが、要は自分のカラダの声に耳を傾け、教科書的はトレーニングウィークは必ずしも7日である必要はなく、1週が8日9日の計画を立ててレストを2日3日取ることも推奨していました。



| | コメント (0) | トラックバック (0)

2015年6月 8日 (月)

『実録アヘン戦争』読了

彼の国の人はよく、信じているのは歴史しかないと言いますが、

古代からの歴史を使って民族の優位性を教え込むのと、

歴史のターニングポイントとして阿片戦争が邪悪な植民地主義の始まり、さらに邪悪な小日本が来たみたいな流れで語られるんですが、

ということで、同じ陳舜臣さんの『実録アヘン戦争』を読み始めました。高速道路の虎門の橋は通ったことがあり、広州の十三行街、珠江沿いの租界、なんでしたっけ、沙ナントカもなんども行ったことがあり、林則徐について勉強します。

そもそも外交という概念がない、皇帝の御慈悲で英国に必要なものを貿易してやっているという現在の強国様が如何にアヘン戦争から転げ落ちてしまったか、きっかけを理解するのに役立ちます。


まあ読む前から持っていた考えというか、日本人一般の理解だと、弱体化した末期の清朝、それまで茶葉の輸出で大幅の出超だったのがアヘンの「輸入」増から銀の大量流出、国内の急激なインフレで全く国内がコントロール出来ないという歴史の節目に、そういう時期だからこそアヘン戦争というものが起きてしまったわけで。

ひとつの気づきとしては、満州人の治める清国では対外勢力に対して統一したフロント、やる気のある軍隊を形成することができず、また清朝そのものの弱体の過程で皇帝が軍事費をカットしていた矢先に外夷といざこざが発生してしまったわけで、全くもって勝ち目がなかったというよりほかない。


| | コメント (0) | トラックバック (0)

2015年6月 7日 (日)

白川道さん

何の気なしに本棚にあった白川道氏の『終着駅』をぱらぱらめくっていました。

文庫なので最後の解説欄を読んでいたら、自分はだいたいの小説をエッセーを読んでいたと思っていたのですが、第二作を読んでいないことを発見し、amazonをのぞいていたら、4月にお亡くなりになっていたのを知りました。4月から家にテレビをおいていないので知りませんでした。(テレビがあったとしても白川氏の死去のニュースが放送されるとは思えませんが)


『終着駅』なんて読んでてイタイだろという指摘は横に置いておいて、氏は心に残るセリフをいくつか残してくれました。

白川さんの著書を読み始めたのは、麻雀対局番組を見てこのオッサン(失礼!)の破天荒な人生について興味を持ったからです。小説が先だったかエッセーが先だったか覚えていませんが。

『流星たちの宴』は処女作だけあって、兜町界隈のちょといかがわしい業界について一気に読ませてくれました。『終着駅』の解説にあったように処女作は氏の体験の方が主で、ほとんど実録なんでしょう。第二作の『海は涸いていた』から小説家としての本領を発揮し始めた云々書いてあったので、購入しようとしていたところなのですが、もう氏の新しい作品が、競輪とかギャンブルの小気味好いエッセーが読めなくなるのかと思うと結構寂しい。普通の読者が好きなのは『天国への階段』かなあ、おそらく。


『流星たちの宴』p93 から、梨田が兜町の会社に来て、師と仰ぐことになる見崎から金を貸してもらうついでにこう言われる、

「俺は二通りのタイプの人間を信用しない。平凡を愛していると公言するやつ。そして、自分を縛る美学を持たぬやつ。男を裏切るのはいつもこのどちらかのタイプのやつだ。」


ちょっとベタというかクサイところもあるけれども、そんな氏の作品が好きでした。


Img_4295


本棚から作品を引っ張り出して読み返してみるつもりですが、やはり処女作の『流星たちの宴』がいちばん好きですかね。

ご冥福をお祈りします。



| | コメント (0) | トラックバック (0)