2012年5月22日 (火)

万達集団 AMC Entertainment

書こうかどうか迷ったのだけれど、


以前に広州の万達広場について書いたのでちょっとまとめてみる。このショッピングモールに行ったときは、広州の空港跡なのになんで大連の開発商なんだろうと疑問には思ったのだが、持ち前の怠惰な性格から調べもしなかった。


今回の万達集団 AMC Cinema買収の記事をきっかけに、バラバラの知識がつながったような気がする。大袈裟過ぎ!?


ダイヤモンドの日本語記事を読むと、大連周辺の企業が薄なにがしへの資金供給源だというのが分かる。

YouTubeにある薄・周の政変計画大解析―経済界篇を見ると、万達の社長は(も)紅二代で、全国に万達広場を建設していくことが出来たのも頷ける。


いちおう万達側は mr. bo とは関係ないと4月に声明を出しているようです。


たださきのブルームバーグの記事を読んでも、万達集団とmr.bo の関係やどう発展してきたか、潜在的な政治リスクには全く触れてなかった。


しかし、紅二代の会社に美国のハリウッド映画産業が買収されちゃうって皮肉すぎない!?

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年5月18日 (金)

第一回国際養老服務業博覧会

に来てるけど面白いから来たらと友人から電話があって行ってみた。

コッチでも高齢化の問題は取り糺されているのだが、市場はデカイし、金持ちはとてつもなく金持ちなので、その辺の市場を狙って日本企業が、、と言う話は以前読んだことがある。

電動車いす&ベッド、その他介護製品を扱う会社のブースは日本人の責任者でいっぱいであった。市場にポテンシャルがあるのは激しく同意するが、特装車を除いてどれも明日からでもコピーされそうな製品なので、どの辺りで差別化していくかが日本企業の課題であろう。


間違った地下鉄の駅で降りてしまい、ここにたどり着くのにかなり歩いた。

上海万博は入場しなかったけど、ここに来たのは 2010年以来

Img_5099


反対側の展覧館

Img_5101


はまだ残っていて利用されてた

Img_5102


養老服務業博覧会

Img_5116


名刺を持って行けば申込書にちょっと記入するだけで入場させてくれる

Img_5117


トヨ車の特装車とか

Img_5104


ピンぼけですが、日本企業のブースたくさんありました

Img_5112


養老院を営む不動産会社だけど

Img_5110


なぜかナース

Img_5111

大連の会社だったけど、聞いたらコッチの人が日本の養老院に入ったり、逆も斡旋するそうだ。


| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年4月 4日 (水)

酒股って

やっぱりダメなのかなー。


日本人の好きな白酒の販売会社は所有していないけど(「好きな」は販売会社に掛かる)、ワインの会社も全然だめ。流石にピークの三分の一とかいくと凹む。

Img_4574


| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年2月22日 (水)

なんだよ〜 HSBC Japan

メールで通知が来たし、『重要なおしらせ:HSBC プレミアサービスご提供中止について』なる PDF が HSBC Japan のサイトにある。うーん、よっぽど客が集まらなかったのか。


先週 Citibank の口座を閉鎖する申込書を郵送したし、細々した日本で発生する費用の支払いを HSBC のクレジットカードにまとめたところなのにー。痛い。

先週こっちから航空便で閉鎖の届けを出したのでまだ着いていないと思うので、Citi に電話して処理を止められるかな。


結果
翌日citi に電話したら、こっちの国から郵送した解約届は到着して処理中とのことだったが、電話で解約を止めることができた。ふぅ。手数料取られても外銀がないと資金の移動が面倒くさいからなあ。


関係ないけど、HSBC HK のサイト見てたら、margin FX がそのうち始められるようだ。危ない危ない。米国株の取引に続きサービス拡大してますな。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年7月29日 (金)

巧妙な...

先週の高鉄事故は痛ましい限りで門外漢がとくに書くこともないのだが、テレビを見てると、やっぱりあーあ、と思うことしきり。

鳳凰衛視は分かり易いというかそのままで、都合の悪い部分になると「松」の静止画が出てくる。どうでもいいのだが、この「松」は安徽省の黄山にあり旅人を出迎える「黄山松」だと思われる。

少しでも情報を仕入れようと広東語の翡翠台(Pearl TV, TVB)もしくは本港台(aTV, 亜州電視)を見るのだが、ニュースが始まるといきなり、

- 風邪の蔓延を防ぐために風邪を引いたらマスクをしましょう!とか、
- 野鳥の死骸を見つけたら触ってはいけません、野鳥を飼ってもいけません、伝染病予防に協力しましょう!とか、
- 香港は山がちなので豪雨時には土砂崩れに注意しましょう!
- カラオケ店の中で花火をしてはいけません!(アタリマエだ)決められたところで花火はしましょう!
- 毒物に手をだしてはいけません!
- 救急車の活動に協力しましょう!病人の搬出のために通路を空けましょう!
- 香港に入境時、健康に疑問があったら保健衛生局に連絡しましょう!

と行った香港特別行政区の役所の CM が流れる。最初はただ、鬱陶しいなぁ、くらいにしか思っていたかった、普通の CM 後ニュース番組が始まっていきなりまた CM に移るので、明らかにトップニュースの高鉄問題の微妙な部分を流したくないわけで、これもアレかと最近納得した次第。香港の役所の CM を流すとは巧妙な。はっきり言ってこの一週間で相当見たのでもう飽きました。


愚痴とは全く関係なく、今日お皿を割ってしまったのでジャスコに買い物に行った。

吉之島

Img_2903

夜8時過ぎだったか。結構レジ並んでます。パスタとかパルメジャンチーズとか購入。


味千拉麺

Img_2904

最近、湯底(スープですな)に濃縮液を使っていると騒ぎ立てられニュースになっている味千ラーメン(538:HK)に行こうかと思ったけど、別に味が好きなわけで行っているのではなくて、人々の観察のために行くだけなのでやめにした。私の語学力で分かることは限られているのだが、どうもこっちの人は店で豚骨を煮てスープを作っていると思い込んでいた節がある。別にセントラルキッチンで材料を煮て濃縮して各店舗に配送するのはフランチャイズでは当たり前のことで、なにを問題にしているのか分からない。


結局、近くに康師傅(322:HK)の牛肉麺の店があったのでそっちに行くことに。メニューを開くと 34元の高級な牛肉麺が出現しているので食べてみるが、まあ普通。6、7年前にインスタントラーメンやペット飲料だけでなくて店もあるのかぁと感動して、と店舗を見つけるたびに牛肉麺を食べてたけど、最近は他の低価格なフランチャイズもあるし、わざわざカンシーフの店に出向く理由もなくなってきてるかな。ミルクティーを頼むと相変わらず粉丸出しの味は変わらず。牛肉麺と合わせて 42元使ってしまった。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年1月11日 (火)

可怕的朋友

たいして試験勉強もトレーニングもしていないのに、またマッサージをしてもらっていたところ、友人から電話が。

バングラデシュのダッカインデックスが激下げしてるが大丈夫か?と電話だった。

確かに日曜に DSI は10% (ちなみにイスラム教の国ですので日曜も営業日)下げ、月曜朝いきなりパニック売り&全面取引停止になって、計20%くらい下げていたのはそうなのだが、そんなことブログに書いても面白くないので、ま、しばらくほっときゃ上がるだろうと思って放っておいた。

結果、今日インデックスで 15%上げたところで、友人から電話がかかってきた次第。最近のお友達はコモディティを炒作していると思ったら、そこまでご存知だったとは。びっくり。

ちなみに株、不動産、先物等の投機的取引に対する動詞は、は「炒める」ことになっている。炒股(炒作股票)、炒房(炒作房子)などと言う。中華鍋を振っている動作を連想させて好きな動詞のひとつだ。(笑)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年1月10日 (月)

ここ最近のニュース

貴州茅台酒が高騰している。


Img_1676

ニューヨークで買った方が安い、お土産に買ってくる人がいる、とかそんなことが書いてある。ちょっと前にブルームバーグのラジオでもマオタイ酒会社の株価(A株だけど)のこと言ってた。


今日ニュースを見ていたら、杭州の空港に近いところで売り出したマンションに応募する人が殺到して、ケガ人がでるような事態があったとか。

Img_1678

テレビとかストリーミングとかで房地産股についてポジティブなことをいうようになってきたけど、どうなんでしょうかね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年12月15日 (水)

今日は春秋でなく東方航空

別に嫌いになったわけではなくて、茨城からの帰りの便が全然取れないのだ。


黄龍旅散中心から浦東行きのバス

Img_1454

はこれまで比較的大型のバスを使用し、国慶節の10月1日に満席で乗れなかった1回を除いて、いつも空いているので、空港まで3時間弱かかることを除けば、まあ特に不満はなかったのだが、乗車率を考慮してか浦東ー武林広場間で使われている中型のバスに換えられてしまった。狭いだけでなく、なんとなく設備も古い。

今日気がついたら、空港バスのチケットを買うときの身分証明書(外国人はパスポート)のチェックがなくなっていた。これに対応して浦東到着時のパスポートチェック&荷物検査もなくなっていた。上海万博が終わったからか。

でも引き続き以前と変わらないことが。毎回必ず空港に近づいてきて黄浦の橋の手前のガソリンスタンドで給油をすることだ。乗客を乗せる前に入れておいて欲しい。燃料タンクが空になるようなロングホールだったら仕方ないけど、全くこの手のサービス感覚には恐れ入る。


UA の上級会員をネタに、DL ゴールドメダリオンをもらっているので、会員証とチケットを見せて


浦東1タミのラウンジ

Img_1455

を使わせてもらう。東方航空はショボイと常々文句を言っていたのだが、春秋航空に何セグメントか乗ったあとでは、リクライニングする椅子やお金を払わなくても良い機内食にきっと感謝することだろう。


全然関係ない話題ですが、

いまさら申し訳ないんですが、来年の Ironman China って海南島じゃなくて、天津なんですね。今日初めて知りました。

5月22日なのにいつから募集が始まるか未定、って言うのもお国柄ですかね。

気がついている人もいるかとと思うが、3月にまだ海南島であるとてっきり思っていて、最近まじめにトレーニングをし始めたのであるが。大会について何も調べずに... おめでたい性格なので。

5月に天津も寒いから泳ぎたくないな、とおもってランカウイ大会を調べたら無くなってるし。(汗)

日本の五島の大会には出場したことがないのだけれど、これも無くなってジャパンはどこか別の場所になるとかいう噂を検索で発見した。


N700系の中で落胆しつつ、途切れ途切れの香港からのストリーミングを聞いていたら、かの国の高速鉄道について専門家が開設を加えていた。iTunes で落とすとき同じ名前 RTHK e線金融網(普通話) (2010-12-15) 二つファイルがあるけど、16時台の放送、。

基本的な内容だけど、香港からの放送なので、日本・ドイツの技術との関係・状況について専門家は公平に評価していると思う、e.g. 日本と南車の関係、フランス・ドイツと北車の関係等等。最高速度を達成した南車は日本の技術とちゃんと言っています。リスニングの練習で聞いてみて下さい。(だれも聞かないってば)


| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年9月16日 (木)

Podcast などについて

こちらにいるといろいろ見られないところがあるので、Podcast で聞いたりしているところもある。

香港電台の普通語番組、e 線金融網 について書いたことがあるけど、地上波での放送は午後4時から6時までやっているようで、だいたい6時半前には1時間分、2個のファイルをダウンロードできる。最近、毎日聞いているのだが、先週末の講演会&大学のEMBAとの企画(?)があってさすがゲストは豪華。

 恒隆地產有限公司董事長陳啟宗先生
 萬科集團董事會主席王石先生

だった。普通語台の企画なので当然皆普通語で話すのだが、講演の内容は分かるところもあるし、分からないところはもっとたくさん(汗)。このくらいの講演の内容が聞き分けられるようになりたいな、などと思ったりする。で、質疑応答の部分とかもあって、万科の王 CEO は今月末がビル・ゲイツ&ウォーレン・バフェットが慈善基金の件で来る件については、私が新聞で読んだ論調と同じくあまり肯定的なことは言ってなかったな。ついでにブログエントリーにお写真も。http://app3.rthk.org.hk/special/ezone/blog/


香港のメディアについては、経済日報はお金を払って有料会員になって web を見たりしているが、星なんとか新聞ともう一つの新聞は見られないことは最初から分かっているので、恐ろしくてこちらからは見ようとしたことない。


Bloomberg のトップページは見られるのだが、なぜか各記事はクリックすると読めない。ただ不思議なことに Podcast は全部聞けるので、聞いている。反面、Wall Street Journal は有料会員なので、さすがに記事は読める。なぜか Podcast が落とせない。謎。


2、3日前に Bloomberg を聞いてたときに、Next 11 の今年のパフォーマンス云々の話があって、一番はイラン、唯一マイナス域の国はベトナムとか言ってた。所有のベトナム株は取引停止になるし、この間なんかある銘柄に買いを入れて、引け後に確認したらその銘柄を外国人で買ったの自分だけだったし。マーク・モビアス先生も最近ベトナムにいらしたようだし、そのうち盛り返してもらいたいものだ。

イランが盛り上がっているのは、こっちでニュースを見ているとかなり激しく同意。政府主導の資源外交だけでなく、留学生の数とか見てもそうだし、この間なんか、食堂でイラン人というだけで EMBA の会社経営者から話しかけられて名刺交換してたもの。みんな関係作りしたいみたい。イランで戦争が始まったときに、戦火の中、日用品売りに行ったのは浙江商人だったし。恐るべし。さすがにイランの株を売買するのは... なので、その次のパフォーマンスのバングラとやりとりをしていたのだが、brokerは書類をダラダラやりとりしているうちに2ヶ月経ってしまった。今日はインドの利上げがあったのでその辺の関係が上がったのでちょっと良かったかな。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年9月10日 (金)

個人的趣味から

新聞記事等ウォッチしていることがあるのだが、今日 CCTV でもやっていたので。備忘録として画像を貼りつけてみた。


ミャンマーから四川省・広西自治区

Img_0947

テレビでは油は重慶まで行くと記されているが、新聞記事によると昆明までとあり、テレビはガスは貴港まで、新聞は同じ広西自治区の南宇までとある。どちらでもいいのですが。


鋼管パイプ

Img_0948


ミャンマーは、缅甸 と言うらしい

Img_0952


国内側パイプラインの着工式

Img_0953


マラッカ海峡は"马六甲海峡"

Img_0955

報道ではパイプラインの建設の必要性について、海賊云々とか有事の際云々とぼやかした言い方をしており、特定な状況の仮定については言及しないのだが...


新聞記事によると

Img_0961

2009年時点で海上輸送されている年間2億トンのうち、着工中のパイプが5年後に完成すれば、8000万トン程がパイプライン経由になる、とか言って気がする。


分かり易い図があったので

Img_0962


最近ミュンマー経由のパイプラインの話をちょこちょこやるようになったと思う。石油自体を輸出する側のイランに関する報道は日常茶飯事というか毎日。しかし、全くもってしたたかです、この人達は。どっかの国の資源外交の話を聞いていると、呆れるというか、ナイーブというか、ほんとイヤになっちゃう。

| | コメント (0) | トラックバック (0)