2017年9月25日 (月)

ウラジオストック旅行番外編(4)

もうウラジオストックとはまったく関係ない国内旅行、帰りにまた大阪に寄ったお話。


まずこんな24時間営業の店で

Img_7964


串カツ食べてビール

Img_7965

まず入店して食べ物が出てくるのに時間がかかるのでよろしくお含みおきください的なことを言われ(マスター自体はいい人なんですが)、ビール2杯でお店をあとにしました。


焼肉!

Img_7966


いろいろな部位を食べてみたくて迷うんですが、

Img_7971


ミノ、ツラ、テッチャンしか残っていなくて、その3種をお願いしました。

Img_7968

先ほどの24時間営業の居酒屋に行かず、この店の前を最初に通った時に空席もあったし入店すればよかったのですが。ま、逆に普段あまり食べないツラを食べる機会に恵まれ、独特の食感と美味しさがあるなと認識した次第であります。


翌朝、近鉄難波駅まで新今宮から歩くことにします。青春18きっぷの残り回数の関係で、難波から名古屋までは株主優待で移動するので。


なんか隣国の人なのか、結婚アルバムの撮影なのか、なにも西成でやらなくても

Img_7981


散髪700円!

Img_7982


新世界のこの辺までなら大阪に観光に行ってましたと言えるんですが

Img_7983


難波の金券ショップが開店する10時まで、南海難波駅とか高島屋のあたりをぶらぶらしていたのですが、やることがないので近鉄難波方面に移動して地下に潜ったら、


自販機を発見しました、1,500円

Img_7985

10時前に株主優待券買って、ちょうどいい乗り継ぎの急行に乗ることができました。

もちろん株優に特急券(1,900円)を足してアーバンライナーに乗って焼く2時間で名古屋に行ってもいいんですが、連日青春18を乗り倒した勢いで急行一択。


鶴橋で大阪線に乗り換え

Img_7991

何十年ぶりかでこのへんも観光したいのですが、株主優待では途中下車できないので、またの機会にでも。今をときめくロケットマンのお母様の出身地でもありますし。


近鉄大阪線の急行に2、3年ぶりに乗ってみて、トイレが車両にあるか不安だったのですが、前から2両目あたりにありました。助かりました。クドいですがJR四国と違って無駄な停車時間がないので、駅のトイレに行くというのは不可能なので。


この広告で関西の人が名古屋に行きたくなるか疑問ですが、、、

Img_7995

このあと伊勢中川で同じホームの反対側に停車している名古屋行きに乗り換えるんですが、USJの袋持った女子が通しで乗っているのき気付きました。きっと同じ株優でしょう(笑)

四国とは違い特急の追い越しとかあっても自販機までコーヒーを買いに行くのがためらわれるほど効率的なダイヤでした。そんなんで近鉄名古屋駅まで帰り、ウラジオストックに行ったついでに大阪と松山に行ったお話はこのへんで。


<おしまい>

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ウラジオストック旅行番外編(3)

ウラジオストックから帰ってきたこともすっかり忘れ、とにかく松山から東に向かう一日です。


スーパーホテルでの朝食、業務スーパーで揃えたような内容(笑)

Img_7948


きっと松山の中華の隠れた名店なのでしょう

Img_7949


路面電車に乗りJR松山駅まで。

ん、待てよ、さっきの中華料理屋はそういう意味ではなくて、路面電車の意味で行っていたのかな。勝山町の路面電車の停車場も近いし。


バスの方が便利なのは分かるんですが、18きっぷの期間であるゆえ乗らざるをえず、

Img_7951

ハイハイ、電車乗りますよー

Img_7952


この日は天気が良くて、海沿いを走るときは気持ちよかったです。

Img_7957


伊予西条から3輌編成になったけど、相変わらずトイレがなく緊張を強いられる。

Img_7958

とは言っても、4時間以上ずっとトイレに行けないわけではなく、特急をやり過ごしたり、管轄が変わる駅で乗務員が交替したりするので、トイレに行くことができます。改札外にトイレがあっても駅員さんもなれているので、はいどうぞ、改札出て右、みたいな感じでフレンドリーに教えてくれます。

このあと、今治からマリンライナー、岡山から満員のボロい電車、相生でやっと快適な新快速に乗り換え。

もう電車乗りすぎて疲れちゃったし飲みたいし、また新今宮のドヤに泊まることにしました(笑)


<つづく>


| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年9月24日 (日)

ウラジオストック旅行番外編(2)

ウラジオストックから関空に帰ってきたのに自宅に帰らず観光するの巻、その2です。

大阪だけでなく、せっかく18切符の期間なのでついでに松山も観光することにしました(笑)


朝食を買いに行きました、スーパー玉出(前日酔っ払って撮影)

Img_7932

唐揚げ128円とサラダ180円、豆乳麦芽コーヒーを買いました。

全部がめちゃくちゃ激安というわけではないけれど、目玉商品として100円の豚丼とか揚げ物の詰め合わせとか、そういう方々をターゲットにした惣菜が売っていました。野菜とか果物は普通のスーパーとかわらないかも。

焼き魚とかが100円で売ってたりしたので、サラダと組み合わせてローカーボ/ヘルシーに食事することは一応可能です。


朝食も済みましたし、新今宮から環状線で大阪、大阪から姫路までは新快速で全くもって問題なし、快適で早いです。

相生から岡山のボロい電車が混むのであまり好きではありません。時間はかかりますが播州赤穂経由で岡山にしてみました。単線なんで時間かかるんですがね。

Img_7937


坂出から松山、サンポート南風リレー号とか名前がついてても2輌しかない。あと駅のチャイム、瀬戸の花嫁を激オシ。

Img_7942


天気があまりよくなく、撮った写真はこれくらい

Img_7939


四国にはいってから4時間乗り通し、特急に何度抜かれたかわからない。


松山駅着

Img_7945


路面電車に乗って繁華街からちょっと離れたスーパーホテルにチェックインしました。松山のホテルは学会か何かがあったのか、ぜんぜんホテルが取れなかったです。

当初、IHGのポイントでANAクラウンプラザ泊まろうと思っていたのですがぜんぜんダメでした。松山の設定は、10,000ポイントの設定で、結構ポイント効率がいいと前から思っていたんです。普通だったら大陸のショボいホリデーインエクスプレスくらいしか泊まれないんですよ、あと国内だと釧路とかそんなん。


道後温泉神の湯、410円、さらっとした無色無臭のお湯でした。

Img_7947

これまで四国はバイクでしか行ったことがなく、道後温泉とか面倒くさくて来たことがなかったのですが、改築だか補強する前に来られてよかったです。


<つづく>


| | コメント (0) | トラックバック (0)

ウラジオストック旅行番外編(1)

ウラジオストックから関空に到着しまして、青春18を使って名古屋経由で都内まで帰ってもよかったのですが、

行き掛けの駄賃、といいますか、帰り道についでに大阪観光をすることにしました。


新今宮のドヤ、2000円、高級感漂う廊下のカーペット(笑)

Img_7903


エアコンもあって快適

Img_7904


1階でシャワーをさっと浴びて

こんな商店街を通って

Img_7907


こちらを拝見して以前から行ってみたかった、

Img_7915


天下茶屋の喫茶店

Img_7913


レーコー160円

Img_7914

途中で発見した焼肉屋

Img_7909


盛り合わせ800円、マメと赤センのハーフ盛り、キムチ小、ビール2本で2930円。盛り合わせのレバー、ハツ、並ミノと赤センが美味しかった。

Img_7920


そのあと、激レアな阪堺線に乗ってドヤに帰って寝ました。

Img_7929

<つづく>


| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年9月23日 (土)

ウラジオストック限定e-visa旅行(10)

ウラジオストック観光3日目、帰国日です。

ホテルをチェックアウトしまして、ウラジオストック駅からエアポートエクスプレス乗って空港まで。

昨日行った地下道のカフェでアメリカーノ120ルーブル、やっぱりまたチョコレートくれました。


朝食はウラジオストック駅前の屋台、なんかケバブのようなものを巻いた物100ルーブル

Img_7810


皮はクリスピーなんですが微妙に甘いのが評価が分かれるか、肉や野菜だけでなくカサを増やすためかフライドポテトもはいっていました(汗)

Img_7811


空港まで普通車230ルーブル、先頭車両はビジネスでした

Img_7812


検札もあります

Img_7815


こんな車両、ウラジオストック空港駅到着

Img_7827


東方経済会議の受付? 君達のお陰でホテルが取れなかったぞ!

Img_7830


空港に早くついて、S7航空のオンラインチェックインの画面を見せても制限区域に入れてもらえず、カウンターでチェックインしてペーパーボーディングパスが必要と言われたので、


空港建物をぶらぶら

Img_7831


お土産にタラバガニ(液体物としてたぶん機内持ち込みダメでしょうが)か、

Img_7832


キャビア(2,500ルーブル、こっちは100g以下)でも買おうかと思ったんですが、貧乏性なのでやめました

Img_7833

空港地下のカフェテリア、エレベーターでウロウロしてたらおばちゃんに食堂はアッチアッチと言われる。


合計394ルーブル

Img_7835

ボルシチ、ビーフストロガノフ、ジャガイモ、パン、なんか甘い梅のドリンク

パンは白いけど、なんか美味しかったりするかな?と思い取ってみましたが、いたって普通の安いパンの味でした。


半島の国とは数年前からビザ免除をしていりようですが、ヤクーツク航空が東海岸のYangyangに飛ばしていました。少なくともウラジオストックでは、中古車以外は日本のプレゼンスありません。平和条約締結してないですからしょうがないですね。


13:30のフライトに対して、11:30になってチェックイン、そしてイミグレ、出国時にもビザ見せろと言われる。

Img_7869

e-visaの運用始まっても使う人間が少ないのか、隣のブースとあーだこーだ話し合ってる。結局紙に印刷したe-visaは没収される。

出国してしまえばやることがないのでコーヒー180ルーブル飲んで、日本では珍しい飛行機を見て楽しみました。


S7航空、普通の320です

Img_7853


イリューシン、背中に通信モジュールを背負っているので空飛ぶクレムリンでしょうか

Img_7877


この輸送機で大統領のクルマとか運んできたのでしょうか

Img_7889


VVO-KIX めちゃくちゃ空いてました。チケットが最安値だったので想像はできましたが。

Img_7881


S7航空はいちおうLCCということになるんですが、機内食のサンドイッチがもらえました。チキンかチーズの選択。

チーズを選択ししっかり味のある黒パンでした。

Img_7901


さようならウラジオストック

Img_7899


ウラジオストックに行ったお話は、とりあえず、このへんでお終い。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ウラジオストック限定e-visa旅行(9)

ウラジオストック観光2日目、夕方通りやビーチを散歩してみます。

シベリア鉄道の線路のあたり

Img_7774


を歩いたり、

Img_7775


昼ごはんに来た通り

Img_7781


をぶらぶらしたり、


海辺に出まして、

Img_7788


短い夏を楽しんでいるウラジオストック市民を観察しました

Img_7786


涼しいくらいです、気温22.1度?

Img_7787


この方達は大丈夫なんでしょう

Img_7784


さっきの通りに戻り、

Img_7780

チェコのビール150ルーブル、結構美味しかったです

Img_7791


裏のクラフトビール屋さん、

Img_7793

エール0.5L 300ルーブル

Img_7794

ここは結構地元の若者中年のお客さんがいました。


外も暗くなりまして、

Img_7797


宿の近くのピロシキ屋さん、パイとボルシチと紅茶で320ルーブルくらいでした。

Img_7801

ボルシチにはサワークリームを入れる正式(?)なヤツで、クリームの酸味が美味しかったです。


ビールでお腹いっぱいのことろに食べ過ぎました。お店は宿の真ん前だったので帰って寝て帰国に備えます。


<つづく>


| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年9月22日 (金)

ウラジオストック限定e-visa旅行(8)

ホテルでロシアでの初めての夜を過ごしまして、ウラジオストック2日目です。

二日ぶりに陸地で寝る事ができたので、結構寝てしまいました。14,000円も払って朝食の時間を寝倒してしまうという体たらく。

今夜の宿をしばらく検索予約して、12時前にチェックアウトして、

朝食兼昼食でもと思い出かけました。このへんの場所でした。日本語メニューもあると Google Mapsのレビュー欄にありました。


お店の外観

Img_7750

紅茶とクレープで包んだみたいなヤツ、305ルーブル

Img_7752


ひき肉とマッシュルーム、皮がちょっと甘みがあります

Img_7753

ほとんどのお客さんが地元の方でした。甘い中身のものを食べている人が多かったです。

Google Mapsにレビューが載っている関係か数年前からビザ免除で来ることができる半島からの観光客もいました。

今日の宿の場所がGoogle Maps見てもよくわからなくて、カフェで休憩

Img_7757

7/11 Innという名前の物件で、コンビニチェーンとは全く関係なく、地番が7の11 と言うので比較的簡単に見つかるかと思ったら、そうでもなくて、

腰を落ち着け、いろいろ見てみたら、宿への図的なものを発見して、

ホテルらしき看板は何も無いこんな中庭部分に一度はいって、建物の3階にあがり

Img_7762


おどろおどろしいグラフィティのある物件でした

Img_7764


ドミでなくこんなお部屋で3,000ルーブル

Img_7759


バスにも乗りました、21ルーブル

Img_7766

降りる時に払うようでしたが、知らなかったんで前から乗り込んで運ちゃんに払いました。


以下、脈絡のない感想ですが、

缶コーヒーもどっかで買ったら、60ルーブルしました。ロッテです。。

クルマがみんな横断歩道とかで歩行者を見かけると停まってくれるのに感動しました。歩行者優先が徹底している印象でした。


夕方に向けて散歩したりビール飲んだりしたのですが、それはまた書きます。


<つづく>

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ウラジオストック限定e-visa旅行(7)

1日目の夕方、さらに続きです。


鷹ノ巣展望台と潜水艦を観光してから、軍港のあたりを緊張しつつ歩きます。

Img_7730


海沿いは気持ちいです

Img_7729


なんども言っちゃいますが

Img_7732


異国の雰囲気満点

Img_7734


カフェが地下道とか、ちょっとしたところにあって、というかコンビニ的な店は一切ないので、このカフェで二度テイクアウトしました

Img_7735

なぜかこのカフェ、チョコレートをサービスでくれるのですが、ロシア人ってチョコレート好きなんですかね。街中にもチョコレート屋さんを何軒か見かけました。


また坂を登って、船内で知り合った方との待ち合わせのホテルに向かいます。

Img_7736

北のレストランに行く事にしました。

まだ明るいので歩いて行ってみましょう!ということになり、Google Maps見ながら行きました。


この動画のオープニングと、当たり前ですが、同じでした。

Img_7737


看板

Img_7738


こんな雰囲気のお店です

Img_7740


お料理、味は正直たいしたことなかったです。

Img_7742


ビールをジョッキで3杯か飲んで、まだ明るいうちから夜9時過ぎまで店にいたのですが、お歌はなかったです。団体が入ったときだけなのでしょうか。

ということでお歌の写真はありませんので、先ほどの動画の3分57秒あたりからお楽しみください。

あとはおねいさんにタクシーを呼んでもらい、ホテルに戻りました。


<つづく>

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年9月21日 (木)

ウラジオストック限定e-visa旅行(6)

SIMも買ったし、ウラジオストク観光1日目の続きです。


結構な坂を登りまして、

この橋と港を見渡せる展望台を目指します。

Img_7694_2


途中、怪しげなレストランを発見しました!

Img_7693

ウソです。Google Maps見ながら、わざわざ探しに行きました。

コリョ!とか怒られそうな名前だった気がします。


結構登ったんですが、あとでケーブルカーがあることを発見してショック。

Img_7697


こんな眺めです、みなさん撮影や地鶏をエンジョイされてます

Img_7704

この動画を見てから、行ってみようかなと思っていたのですが、ホント動画の通りいい眺めです。


ウラジオストックが天然の良港だというのがよくわかります。

Img_7699

帰りはケーブルカーに乗りました

Img_7707


子供さん連れ、かわいい

Img_7714


麓の駅

Img_7716


あと見たかったのはこの潜水艦、入場料100ルーブル

Img_7725


さすがに内部は狭いです

Img_7720


魚雷の発射口

Img_7723


現代のものに比べたら古いのは分かっていましたが、中に入ることができるとあって結構感動しました。


<づづく>


| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年9月20日 (水)

ウラジオストック限定e-visa旅行(5)

ウラジオストックに上陸しまして、観光1日目です。

イミグレーションは、なぜか船で下船を待っていた時のポジショニングが良かったのか、前数人目で下船でき、ソッコーで記念すべきロシア入国ができました。

フェリーターミナルでルーブルのゲットと SIMカードの購入をしたかったのですが、ATMではHSBCのカードでは現金が下ろせず、Visaカードでキャシングしました。SIMカードを売っているっぽい店は見つけられませんでした。あと、漢字のサインが目につきました。


丘をえっちら登りまして

Img_7680


Azimut Hotel Vladivostokにチェックイン

Img_7683


内装の写真は撮っていないのですが、Accor の Ibisブランドのようなカジュアルな内装、パブリックエリアのしつらえでした。

帰りの安い航空券が見つかったのでウラジオストックに来たのもありますが、東方経済会議の関係でぜんぜんホテルが見つからず、2日目の宿は取ってません。見つかるのは、10-15ドルのドミトリーばかりで、あと500ドル1000ドル越えの部屋が数室という感じでした。


そうそう、ホテルのWiFi経由ですと、iPhoneのLINE使えなかったです。ローカルのSIMでも画像送れない。どうでもいいですが、LinkedIn も使えませんでした。FBやインスタはオーケー。


再び歩いてウラジオストック駅に戻りまして

Img_7685


空港行きの電車が出る別の窓口を確認して

Img_7690


駅近くに MTCと書いた看板、携帯用品を置いてある店舗を発見したので行ってみます。

MTC?ん? と思ったんですが、よく考えたら、CはSなので、MTSでロシアの携帯事業者です。以前株も所有したことのあります。

最小の1GBプランは売っていなくて、5GBプランで500ルーブルでした。パスポートが必要でした。この時、いつもの旅行とは違い、ロシアなんで、職務質問とか受けたらやばいと思いパスポートを携帯していました。


日本からこんなに近いのに(自分は好き好んで船でめちゃくちゃ時間かけて来ましたが...)、すごいヨーロッパの景色。ちょっとワクワクします。

Img_7691


なんか記念碑

Img_7692


初日は、ウラジオストック港に架かる橋が見える見晴らしのいい展望台(後ろに写り込んでいる)に行きたかったのですが、そのお話はまた次回に。


<つづく>

| | コメント (0) | トラックバック (0)

より以前の記事一覧