2017年7月24日 (月)

ルアンパバン(3)

3 Nagas Luang Prabang - MGallery by Softail ぶてぃーくホテルです(笑)

Img_5628


ぶてぃーくえあらいんバンコクエアウェイズに乗ったからではありませんが、泊まるホテルもブティークホテル。日本語でデザイナーズホテル? ちょっと違うな、フランス時代の歴史的建造物を使っているホテルなので。

まあ普段だったら選択することはないのですが、Accor Hotelsのポイントを集めようかなーと思ったので(苦笑)
あと、普段だったら250ドルくらいするのが、100ドル前後で予約が取れたのも理由。


ただ、7月はラオスでは雨季で、実際、出発前に日本で天気予報を眺めていたら雨ばっかりでした。


こんなところでチェックイン手続きをしたのですが、部屋に入れるのは14時と言われ

Img_5607


こんなレストランで

Img_5609


ラオビールを飲んで

Img_5611


川魚のバナナの葉つつみ焼き

Img_5613


今回の滞在では最初に食べたこれが一番美味しかった

Img_5614


川魚の臭みもないし、香草やニンニク、塩の塩梅、バナナの葉っぱのほんのりした風味、全部良かった。

で、歴史的建物は3つあるのですが、そのひとつ

Img_5627


お部屋

Img_5624


お庭

Img_5620


<つづく>

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年7月23日 (日)

ルアンパバン(2)

朝10時のフライトですが、二日酔いはあるものの起きられ、MRTとARLを乗り継いでスワンナプーム空港。

バンコクエアウェイズのカウンターは結構並んでいたのですが、ボーディングパスを自動チェックイン機で出して、


1階のカフェテリアに戻り、カオマンガイ

Img_5582


タレが5種類くらい並んでいて、ニンニクいっぱいのヤツをかけたんですが、いつもの赤い味噌っぽいヤツ主体でいったほうがよかったかな。あまーいアイスコーヒーと合わせて70バーツ。


でバンコクエアウェイズATR72

Img_5587


後ろから搭乗、前が貨物室だからね。

帰りの便で気がついたんですが、コサムイとかに独占的に飛ばしているバンコクエアウェイズは「ブティックエアライン」と自らを称して、エコノミーの客でもラウンジアクセスがあります。今回のLPQ行きはどっちにしてもエコノミーしかありませんが。行きはそのことを忘れていて、普通に外の椅子に座って時間つぶしてました。


で、メコン川とルアンパバンの街

Img_5591


入国書類

Img_5588


こんな空港ターミナル

Img_5597

イミグレーションのブースに着くと、他国の旅行者はビザオンアライバルの列に並ぶのですが、日本人は15日までビザ免除ですのであっさり入国できます。

陸路で以前タイラオス第二友好橋から入国した時のような賄賂を匂わすような嫌がらせはありません。

このあと何GBまで有効なプランか忘れましたが、4ドルのSIMを250バーツで購入し、空港からルアンパバン市内までは割高でも諦めて乗合タクシーに乗った方がいいと事前に調べていたので

Img_5600


空港出口左手のところで5万キープのチケットをバーツで払ったような、たぶん300B


こんなバンに海の日の連休で観光に来たであろう日本人3人を乗せて(笑)

Img_5601


ダウンタウンまで、15分もかからないくらいで5ドルは高いと思うんですが、空港発の場合他に選択肢はないようなので

Img_5602

ラオスもカンボジアとかと同じで観光でやっていくよりしょうがなく、片言の英語が通じるので良いのですが、いちおうSIMを買っておいたので Google Mapsで確認しながらホテル前で降ろしてもらう。日本人のひとりは自分のホテルを通り過ぎてしまったようでした...

<つづく>

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年7月22日 (土)

ルアンパバン(1)

海の日の連休、日曜日にバンコクで飲み会があって、金曜成田発月曜帰りのチケットは手配していました。

バンコクに早くはいっても、特に観光したいところはないので、後付けでバンコクエアウェイズのルアンパバンまでの往復チケットを買って、むちゃくちゃ興味があったというわけではないのですが、世界遺産に観光に行ってきました。

TGのA380に初めて乗ったものの、前の方のエコノミー席でエンジン音も静かで普通に本を読んで過ごしてしまい、特に写真は無いです。

タニヤあたりも通ったのですが、人は少なく、現地のサラリーマンと思われる方が鳥そば食べてました。。。

Img_5579


タクシー乗って

Img_5580


Le Fenix Sukhumvit 11なるホテルに

Img_5577

Accor に参加しているホテルみたいで、いちおうステータスとボーナスポイントくれるらしいので泊まってみました。ご近所のHoliday Inn Express や Aloft より安い価格帯です。

この日はバンコクで寝るだけで、翌朝のルアンパバン行きのフライトに備えました。


<つづく>

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年7月17日 (月)

Holiday Inn Expressと烤魚

ちょっと前までひとり火鍋ブームだったのですが、新たな予感。

SPGプラチナチャレンジもやってしまったので、ポイントを使って Holiday Inn Expressに泊まりました。

Img_5502


思っていたより落ち着いている

Img_5505


IHG10,000ポイントで宿泊

Img_5503


仕事で使いやすいであろう机

Img_5504


冷蔵庫がないのを除き(1階にビール等自販機がある)過不足ない感じ。
そういえば、IHG会員ということで、チェックイン時にビール1缶もらいました。ちょっと嬉しい。


Appを見ながらホテル近くの店を物色

Img_5510


ウケ狙いで

Img_5507


ロボットレストランも考えましたが、やめにして

Img_5508


万州烤魚

Img_5509


美味しい!

Img_5513

注文する時に何味にするか聞かれ、麻辣味で中辣にしてとお願いした。
一度焼いてから麻辣味で煮る。美味しかったので店主にどんな魚か聞いたら、黒魚と言われる。???

ホテルに帰って百度先生に聞いたら、雷魚でした。蛇魚とか書いてあれば分かりやすかったけど。タイで唐揚げやカレーで食べているので、道理で美味しいハズです。


そういえば、以前に行った新疆の羊串屋でも

Img_3171


烤魚のメニューありました、しっかりライギョも載ってる

Img_3172


このカラーのメニューの店だと一斤あたり42元だけど、

Img_5518

今回のレシートでは、38元だった、ちょっと安い。

見た目が悪い魚ほど美味しい。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年7月16日 (日)

SPGプラチナチャレンジのホテル(後編)

つづき、5月のGWから活動再開でが、3泊したのみ。


(10) シェラトン上海虹口ホテル CNY868.44 ¥14,008
プラチナチャレンジ始めたとたん、虹口ではまったくジュニアスイートとかにはアップグレードされなくて、上海明珠塔の見える方向の部屋もまったくアサインされなくなったなー。

プール、夜だと暗くて少し泳ぎにくい、でもまだ5月の初旬とか泳ぐ人が少なくてプール空いてた
Img_3796

Img_3643

(11) フォーポイントバイシェラトン上海,大寧 CNY623.09 ¥10,050
朝ごはんは、地下鉄の駅入り口にある、クレープ的な巻物を食べてたな。すごく愛想のいい人で印象に残っている。
Img_3634

FP大寧のプール、小さくてなんか塩素きついかも。でも、更衣室やサウナエリアは清潔で使いやすい。
Img_3817

(12) シェラトン・フランクフルトエアポート・ホテル&コンファレンスセンター EUR111.2 ¥13,477
GW上海でのストップオーバーのあとドイツに行った時一泊目に泊まった。ある程度リーズナブル、100ユーロ台の前半、なら泊まって数を稼ぎたかったのだが、デュッセルドルフドルフとか400ユーロ超えで、唯一フランクフルト空港のシェラトンに泊まったのみ。逆にヨーロッパを旅行するなら Accor Hotels が便利だなと実感
Img_3833
ターミナルの真ん前、鉄道の真上で使いやすいは使いやすい。飛行機の騒音も全く問題ない。プールあるのか探検せず不明。

(13) フォーポイントバイシェラトン上海,浦東
CNY717.79 ¥11,578
ここから6月、最後の月で追い込みをかけます。ジェットスタージャパンで浦東空港着いて夜中の2時ごろチェックインしたのだけれど、マネージャー直々「古い物件で済みません」的なグリーティングと名刺もらった。
普段泊まらないプドンエリアで面白い屋台を発見したので良かった。FP浦東の隣にシェラトン物件があるし、また食べに行きたい。
Img_4780

(14) ウェスティンホテル仙台 ¥13,538
岩手にハーフマラソンに行って帰りに泊まるつもりだったが、ハーフはDNS。仙台の街を自分の足で時間をかけて歩くのは初めてで、住みよい街だと思ったし、シブい昭和の飲屋街も発見できて良かった。そうそう、仙台ウェスティンのジムにはプールありません!

(15) フォーポイントバイシェラトン上海,大寧 CNY640.25 ¥10,327
6月最後の追い込み、FP大寧とシェラトン外高橋のヘビーローテション(笑) プールが改修中でお休みだった。
微妙なウェルカムプレート、マシュマロ。結局、朝食に食べましたが。
Img_5013

2週連続でジェットスターで行ったのでホテル着が深夜の2時すぎとかで、こんなところで飲んでました。
Img_5002


(16) シェラトン上海外高橋ホテル CNY511.86 ¥8,256
この時は高橋鎮で小龍蝦(ザリガニ)食べた。

プール
Img_5055
修行を始めた4月にくらべ日差しが強くなって、泳ぐ人も増えてきた。

(17) フォーポイントバイシェラトン上海,大寧 CNY640.25 ¥10,327
ジェットスター3週目、つらい。先週も同じところで夜中飲んだ
Img_5109

前の週はプールの屋根が修繕中だったのだが、この週は泳ぐことができた。
Img_5120

(18) シェラトン上海外高橋ホテル CNY511.86 ¥8,256
18泊目最後の滞在は外高橋。広東料理(客家)の猪肚鶏の店を発見することができた。広州時代好きだった胡椒鍋を食べられてうれいしい。

以上、なるべく底値を拾って予約を入れたつもりですが、だいぶ散財してしまいました。

合計¥197,338 1泊あたり¥10,963.21 航空券代除く(笑)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年7月15日 (土)

SPGプラチナチャレンジのホテル(前編)

4月から6月の3ヶ月で18泊するというSPGプラチナチャレンジにチャレンジ。やり方はこのへん(英語)参照

以下はその18泊の内訳なんですが、18泊すれば良く同じホテルに連泊しても良いんですが、ついいつもの調子で18「ステイ」してしまいました。

(1) シェラトン上海外高橋ホテル CNY499 ¥8,166
Img_3104
今回のチャレンジにあたり初の宿泊。上海地下鉄6号線の終点から2番目、フリートレードゾーンに位置。そういう立地なんで、従業員の人と話したらツアーの使用が多いとのこと。クラブフロアではないが、もれなくアップグレードしてくれた。

プール、イルカさんがいます

Img_3117

こんな機会でもないと、黄浦江と長江に囲まれた中洲なんて探索しないと思い、歩いてみたら資料館もあり結構面白かった。
Img_3139

なんかちょっとだけイイ感じの街並み
Img_3144

(2) フォーポイントバイシェラトン上海,大寧 ¥10,735(チェックアウト時現地通貨にするか聞かれなかった。)
ダイナミック・カレンシー・コンバージョンというタームは知らなかったが、カード決済時に現地で日本円に確定させるとクレジットカード会社のレートより悪いだろうなと素人目に思っていて、これまで聞かれた際は現地通貨で決済するようにしていた。6月の滞在までFP大寧では客にオプションを提示せず日本円決済していたようだ。

DCCが割高な点はこのへんも参照(英文)

今年1月から3月の間にも泊まっていたのだけれど、外高橋のシェラトンにずーっといることは耐えられないだろうと思い、二泊目から大寧商場の中にあるフォーポイントに。
Img_3180

商場の中にあるので食べる場所には困らないが、週末中華リア充に囲まれて一人ランチをするのも憚られ、大家楽とか行ってしまうと日本よりお金がかかってしまうので、だんだん行かなくなった。ここは毎回ウェルカムドリンクのチケットをくれる。バーで生ビールでも飲みたいのだが、夜はいなかったりして、だいたいチェックアウト前にコーヒー1杯飲むことが多かった。

Img_3184

(3) シェラトン・ソウル・パレス江南ホテル KRW166678 ¥16,310
ちょっと前まで違う名前のホテルだったと思う。
Img_3274

夜ソウルに着いて友人と飲んで早朝チェックアウトしたのでプール見てない。ここ数年はソウルに友人と飲むためには行くのだけれど、味が単調な気がして食事自体に興味が薄れてきた。

(4) アロフト東莞ダイナミックタウン ¥6,190(チェックアウト時現地通貨にするか聞かれなかった)
前に書いた商場の中にある
Img_3304

ウェルカムドリンクコーラ2本持ってきてくれた、ちゃんと冷たいのを。世の中の評価は分からないけど、アロフトのスタッフのフレンドリーさとか、インテリアとか嫌いじゃない。規格で決まっているのだろうが、ちゃんとPCとか使いやすい机や椅子だし。あ、そうそう、舞浜のシェラトンは丸いテーブルで仕事ができるという体勢ではなかった、腰が痛くなりそう。だれも舞浜の物件で仕事しないよ、って(笑)

照明の色が微妙で他の人が泳いでいるとちゃぷちゃぷして泳ぎにくいプールだったが、アロフトブランドでまともな距離のプールがあるだけ有難い。
Img_3356

(5) シェラトン中山ホテル
CNY598.16 ¥9,649
Img_3419
アップグレードしてくれたし、部屋ではこんなふうに HDMIケーブルでテレビとつなぎ動画見てた。

川沿いの街で夕涼みしたり、広東語メインの店で食べ物の注文聞かれたり、涼茶屋でおばちゃんと話したり、広州と違って面白かったなあ。ホテルの隣にクラブがあって夜うるさいけど、また行きたい。

4月で水は冷たかったけど、屋外プールが気持ち良かった。
Img_3471

(6) シェラトン成都麗都ホテル
CNY552.75 ¥8,916
夜中にチェックインして早朝チェックアウトしたので、成都の街はよく分からなかったけれど、想像していたより大都市で、道やビルがすごい。夜中に閉めようとしていた火鍋屋に滑り込み、四川火鍋を食べた。材料がトレイで出てくるのではなく、冷蔵ディスプレイにある串を自分で取ってくる方式。美味しかった。そういった旅程だったので、プールの視察はできなかった。


(7) フォーポイントバイシェラトン上海,大寧 ¥12,956(チェックアウト時現地通貨にするか聞かれなかった)
あとのジェットスターフライトではないにしても、国航で夜遅く地下鉄のない時間に着いて面倒だった話。

こんな商場の中のホテル
Img_3637

(8) シェラトン上海虹口ホテル CNY757.67 ¥12,247
プール
Img_3680

(9) シェラトン・グランデ・トーキョーベイ・ホテル
¥12,350
隣のヒルトンのコンビニにビールや朝食を買いに行ったり、夕食昼食を舞浜駅のサイゼリヤに食べに行ったりと貧乏くさかったな。ネズミランドに行く人だけでなく、普通の格好の人も見かけた。部屋が日本仕様で、普通の部屋には泊まりたくないと思った。

あと、プールがぬるい。
Img_3734

ここまで4月中に9泊、3ヶ月で18泊問題ない計算ですが、5月はSPG加盟ホテルのない所に出かけたりするので、6月に帳尻合わせする予定。

<つづく>

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年7月13日 (木)

東成田駅/日本の祭シリーズ

釜山経由対馬日帰り旅行の番外編


暑いんで第3ターミナルから連絡バス乗ってみたら、第2と第1ターミナル回ったあとに東成田駅も停まるというアナウンスを聞いて、京成線の乗り継ぎも良かったので、大好きで前も訪れた東成田駅へ(笑)


第5ゲート、最近はパスポートチェックもないんですがねー、一応係員の方が二人いらっしゃいました

Img_5432


上から貼ってある所の下は、新東京国際空港と書いてあるのでしょう

Img_5433


Higashi-Narita Sta.

Img_5434


札幌雪まつり

Img_5436


秩父夜祭

Img_5437


博多祇園山笠

Img_5438


京都大文字焼き

Img_5439


阿波踊り

Img_5440


仙台七夕祭

Img_5441


青森ねぶた祭

Img_5442


秩父夜祭って、すみません、存じ上げませんでした。日本三大曳山まつりだそうで。12月の初めだったら他のイベントとバッティングしなさそうで、機会があったら見に行きたいなあと思いました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年7月12日 (水)

釜山経由対馬日帰り(6)

釜山のターミナルからバスでKTX釜山駅に戻りまして

Img_5401


釜山の駅もしばらく来ていませんでしたが、綺麗になってました。

Img_5402


地下鉄で海雲台駅、ホテルにチェックイン後、晩飯の前に温泉でも思いまして海雲台温泉センターに行ってみました。

Img_5406


大田の温泉、東の五色温泉、金浦から薬岩温泉に行ったことがあり、この国の温泉のシステムはだいたいわかっているつもり、エレベーターで4階へ

Img_5407

温泉に入るだけなら7,000ウォン、ちょっと塩辛い。低中高温の浴槽がひとつずつ、あと小さいプールのようなぬるい浴槽が二つ。湯船もそれぞれ大きいし洗い場もたくさんあるので、混んで大変ということはなさそう。


で、今夜飲む場所を物色

Img_5408


ちょっと歩いてみたのですが、

Img_5410


ホテルを探したいたときになんとなく見当をつけていた海鮮の店にチェックイン

Img_5418


後方のガラスケースのお店、中はこんな感じ

Img_5416


まったく読めませんがサインがいっぱい

Img_5417


ホヤを少し切ってくれるようにアジュンマに頼みました、観光地だから日本語通じるだろうと思っていたら、「ホヤ」しか通じず、あとはスモールとか身振り手振りでお願いしました。

Img_5414

ホヤはやはり潮の香り、貝も旨味が美味しい。対馬に行った時、チューブでもいいからワサビ買っとけばよかったかなー。醤油も。

瓶ビール2本飲んで32万ウォンのお会計。思ったより安かった。免費のおつまみにサンマを一匹焼いたのがあったので、刺身一品だけで一人だったら本当に十分でした。エアプサン安いし、刺身を食べるためだけに釜山に来てもいいかなーと思いました、東北行くより安いし。

次回来る時は下味をつけたような牛肉の焼肉は高いから遠慮して、豚肉のデジカルビでも食べたいな。豚だったら、お一人様で行って、最低二人分とか三人分注文しろと言われてもソンナニ財布は痛まないと思うので。


その後コンビニ飲み。Stella Artoisのロング缶が3万ウォン、いい国じゃないか。

Img_5421

ベルギービール=小麦、というイメージがあって飲まなかったのですが、Stella Artoisのプリスナーを知ったのはここ2、3年のこと。

浦東空港でのTGディレイで100元だかバウチャーをもらって、でもラウンジで飯食っちゃったんで、第二ターミナルのイミグレ抜けたあたりにあるレストランで深夜に飲んだら結構好きになったのです。その時は大きいグラスだったけど、自分でお金出すとお高いので、LCC搭乗でラウンジアクセスない時に、たまに小さい方のグラス飲んでます。45-50元くらいだったか。

帰国する朝、海雲台はずごい霧。ちゃんと飛行機飛ぶかなと思いましたが

Img_5425


問題なさそう、チェックイン。早めに着いたので座席の好みを聞いてくれた。

Img_5427


金海空港は仁川と違ってセキュリティチェック空いてるのが良い。仁川とか時間かかるから本当イヤ。LCC使用でラウンジアクセスないけど、2階にくつろげるスペース発見。


規模の小さい空港だからボーディングゲートつけてくれるかと思ったら、沖止めでした。。。

Img_5430

帰りのフライトの時間なんて福岡行くのと変わらないので、うたた寝していたら直ぐに成田空港に到着し、対馬を訪ねるショートトリップも終わりました。

<おしまい>

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年7月11日 (火)

釜山経由対馬日帰り(5)

寿司食ってビールも飲んだので、どこに出かけようかなと思ったのですが、

上対馬町の役場の敷地内にある 上対馬町歴史民俗資料室

係の方にカギをあけてもらって参観、釜山からの観光客は来なさそう。

こんな綺麗な場所もあるんですね、機会があったら見てみたい

Img_5379


比田勝港

Img_5381


釜山から乗ってきた未来高速のNINA号

Img_5385

調べたらやはり新しく、2016年10月8日に釜山―対馬(厳原・比田勝)航路に就航だそうです。


帰りの船の時間まで暇なんで国内線ターミナル行ったら、博多を夜出て朝に比田勝に着く九州郵船のフェリーげんかいがちょうど出港するところでした。

Img_5387


国内旅行なんでローミングフィーを気にせずGoogle Mapsを使っていたら(笑)、網代の漣痕という地質的に面白い場所があるらしい。

Img_5388


規模の大きな鬼の洗濯岩といったところでしょうか

Img_5393


あとは国際ターミナルの方へ

Img_5399


看板を鑑賞しながら歩いてもどり

Img_5398

そういえば寿司屋で50円引きのクーポンもらったので、ターミナル2階の待合所のカフェでアイスコーヒー飲んで、いろいろ島の観光事情を聞かせてもらいました。

<つづく>

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年7月10日 (月)

釜山経由対馬日帰り(4)

観光案内所で少しお話をさせてもらって、

ターミナルの周りをぶらぶらしていたら、

Img_5358


上対馬温泉の送迎車が停まっており、話をしたら乗せてもらえるとのこと。

で、温泉。

Img_5360


お客さんも少なくて広々、露天風呂がお休みでちょっと残念だったですが

Img_5362


日本の渚百選

Img_5368


右回り左回りが一日で2本ずつしかないバスで

Img_5375

比田勝の街にもどりまして、バスの運転手さんに教えてもらった寿司屋に。

そういえば対馬に出発する前に飛行機の中で見ようと思ってアマゾンプライムで映画をダウンロードしときました。

第27作 (昭和56年8月 公開)
『男はつらいよ 浪花の恋の寅次郎』

で、カットのほどんどは比田勝港周辺だと思うのですが、

Img_5532

ホントに松坂慶子が水まいてそうなところで

Img_5529


お寿司を食べました。

Img_5528

この川の右側の方かな。

刺身を切ってもらって6カン食べて生ビール2杯飲みながら、
寿司屋のお若いマスターからいろいろ話を聞くことができて良かったです。
私がお邪魔したのは平日だったのですが、週末はお店が釜山からの観光客でいっぱいになるとのこと。


対馬は思っていた以上に何もない。まあそれがいいところ。いま船で来る観光客をあてこんで投資しちゃって、二国の関係が冷え込んだらパンクするのは島の人だから。

何もないのにリピートして来る人は自然が好きな人たちと島の人は言っていた。買い物重視なら福岡行けばいいと。場合によって使い分けられる釜山の人はいいなあ。船で1時間半でこんな自然あふれる島に来られるんだから、しかも安く。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

より以前の記事一覧