2017年11月10日 (金)

スピードプレイ、普通の靴でこぎにくい!!を解決

普段買い物とか出かけるのは、基本歩きかバス・電車なんですが、

ここ2、3日、買い物とか床屋に出かけるのにロードバイクにまたがって出かけてます。節約しようかなと思いまして。


ロードバイクのペダルをSpeed Play Zero に変えたのはいつのことだったか忘れたのですが、

2016年の宮古島トライアスロンの準備のために Cannondale Sliceに乗り換えた時には、Look のデルタクリートから Speed Playに改宗してたようです。


そのスピードプレイ何ですがバイクシューズを履く以外、ちょっとの移動で島ぞうりはもちろん、スニーカー、ランニングシューズでもこぎにくいのです。

ベダル面が低いというか、軸に近いのと、ちっこい丸いのがついているだけなので、踏める面積がことごとく小さくこぎにくいのです。


調べてみたら、いいペダルというかアタッチメントがありました。

Img_0657


U字型の金属の部分を押し込んで元々のスピードプレイの溝に固定します

Img_0658


家でチューハイ飲んでて氷がなくなった頃に、ヤマトさんが持って来てくれたので、さっそく近所のアコレに氷を買いに行ってみたのですが、なかなか具合はよかったです。

Img_0659


信号待ちの時に踏み面が下になってしまうので、毎回ひっくり返して踏み始めることが必要なんですが、まあ構造的にしょうがないし、気がついたところはそんなところですかね。


良い買い物をしました。


| | コメント (0) | トラックバック (0)

Niftyのメール送れない問題、2年越しの解決

ワタクシ、こうしてニフティのココログに駄文をつらねているわけですが、

パソコン通信時代からココのアカウントを持っていて、惰性でここに作っちゃいました。

Nifty のPOPメールを MacBook か iPhoneで落として読んでます。

2年くらい前から送信できなくなって、まあ当然ポート設定、暗号化設定等見るんですが、なにをどうしても送信できませんでした。受信はできます。

SSLなしの設定はココ
POP/STML over SSLの設定はココ

以前アッチに住んでたときは、迷惑メール対策で送信メールにも認証が必要になって送信できなくなって、送信のポート25番から587番に変えたりした記憶があります。


思うところがあって、iPhoneと MacBookから Niftyのメールを送信できるようにしようと思い、ポート設定、TSL/SSL有無、いろいろ試したんですが、とどのつまり、

送信のとこのアカウント名を、ABC01234 形式から、@nifty.com の前のいわゆるメアド部分の普通のユーザーID

つまり、yamada.taro@nifty.com なら、yamada.taroの部分を入力すると

SSL over POPを使っても使わない設定でも、メールを送信することができました。


パソコン通信時代から使っているユーザだと、逆に ABC01234 形式で入力しなきゃと注意すると思うんですが、ある時点から SMTPの設定の方は、ニフティサーブのID形式ではダメになったものと推測します。

POPの受信は相変わらず、ABC01234 形式でログインしてメール取れるんですがね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年11月 9日 (木)

PayPal プレミアアカウント本人認証が面倒

数日前にPayPalで米ドルを受け取ろうとしたらハジかれ、本人確認の手続きが必要らしい。ま、マネーロンダリングや日本の金融庁の絡みで分かりますが。

PayPalのサイトの下の方で、アカウントのアップグレードを選ぶと、ビジネスしか選べないように見えます。

が、そのページの右のほうのキャンセルを押すと、
プレミアかビジネス、どっちにします?という選択が出てきます。謎のUI、なんとかして欲しい。

やれやれと思い免許証の裏表をスキャンしてアップロードしたんですが、

翌日、ローマ字で登録されているアカウント名とマッチしないので、カスタマーサービスに電話して漢字に変更してくださいと言われる。

面倒なので、パスポートの写真ページと最後のページ、水道料金のコンビニ支払い済みの紙を3枚スキャンして送ろうとしたら、今度はアップロードは2枚までと怒られる。パスポートのスキャンを1枚にまとめ、水道料金と送った。面倒。。。

何日くらいで認証コードが送られてくるんだろう。どうなることやら。

== つづき ==

そしたら、またメールが来て「「取引を行う目的」の設定について」カスタマーサービスに電話してくだたい、とのこと。

1回目のメールでスルーしていたけど、やはりマニュアルで設定が必要みたい。

PayPal にログインして、問い合わせのメニューをいろいろ進んでいくと6ケタの問い合わせ番号がもらえるので、それを持って電話しました。

目的を聞かれ、支払いと受け取り、と言ったらそれでオーケーでした。面倒。


それにしても、

1回目のメールの担当者は、Danny
2回目のメールの担当者は、Lillian
さっきの電話を受けたのはは、Nancy

でした。。。

航空会社やホテルチェーンのコールセンターの日本語担当より流暢でした。コールセンターどこにあるんでしょうね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年11月 7日 (火)

Kindleリーダー買って使ってみて

5,500円引きのセールをやっていたので、いちばんやっすいモデルを購入。

予定より早く出荷され到着

Img_0270


梱包はシンプル、マイクロUSBのケーブル同梱、ACアダプターなし

Img_0272

安いからそんなに期待していませんでしたが、字の読みやすさについては満足。


Img_0646

WiFiにつなぐのに時間かかったり、ページめくったりする遷移がもっさりしてたりするのはしょうがないかなと。


本体も軽くていいのですが、持つ時に滑らないようになにか100均に売ってそうな材料で滑り止めを貼りたい。


自分は5,500円引きで買ったのですが、プライム会員ならいまでも4,000円引きでした。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年11月 6日 (月)

MacBook G4 12 inch 1.33GHz バッテリー交換

以前TenFourFoxブラウザーをインストールした話を書きましたが、

そのときにバッテリーを注文しましたが、広州から深圳経由で出荷されて文化の日の連休中に配達に来ていたようです。10月28日に注文して11月4日に不在票が入っていたので。


スコアという会社の日本での配送は佐川さんがやっているようです。

Img_0636


外観はだいぶ感じが違います

Img_0640

良く見るとと言うか見なくても、蓋の材質がアルミでなくプラスチックなので違います。


7割方充電されていて、充電回数は1回だったのですが、

1


まずはACアダプターをつながず無理やりYoutubeを見てリチウムバッテリーを減らします。ブンブンファンが回ってます。


30パーセントくらいから、一気に4%に減りました。ちょっと不安。。。

3

一度満充電させて様子を見てみたいと思います。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年10月29日 (日)

MacBook G4 12 inch 1.33GHz ブラウザTenFourFoxインストール

2002年ごろ買った MacBook G4 (6,4 PowerPCのやつ)を持っているのですが、

さすがにスペック(1.33 GHz PowerPC)的に普段使わないし実家に置きっぱなしにして、帰省した際に webベースでメール見たり、Facebook や Twitter を見ていましたが、

Apple謹製のブラウザ Safari だとセキュアな接続を確立できない関係で見られないサイトが増えてきました、と言うか実質使い物にならない状態になっていました。(速度を別にして)

ここ連日アホみたいに MacBookや iPhoneを修理しているなかで、PowerPC のMacBook G4 の活用法について調べてみたら、FireFoxのソースをベースに PowerPCへポーティングしている神のような方たちがいらっしゃるようで、TenFourFoxという名前でメインテインされているようです。

12インチについてはCPUによって2つダウンロードイメージを分けているようで、自分の MacBook G4のバージョンをターミナルを叩いて調べ、7450(G4e)というタイプのプロセッサーだというのは分かりました。JAISTのミラーから早速ダウンロードしました。


Img_0288


で、FacebookもTwitterもログインできましたし、Googleにもログインできました。カクカクではありますが、これまでできなかったYoutubeで動画を見ることもできました。(笑)

もうひとつ問題があって、帰省するたびにG4の日にちが1970年とかにリセットされてしまって、バッテリー周りの寿命だとは思っていましたが、毎回日にちを手動で直して ACアダプターにつないで使っていました。

デスクトップタイプの乾電池の子供みたいな紫色の内蔵バッテリーでないにしても、なにがしかのPRAM保持のためのバッテリーがどっかにあるだろうと思い、基板へのハンダ付け工作も厭わずの精神で、使えるようになった G4で検索しました。

アッチャコッチャ行ったり来たりして、どうもPowerBook G4の12インチモデルすべてにPRAM用バッテリーは無いことがわかり、こりゃバッテリーを交換するしかないなという結論に達しました。(より詳しくはコッチの英語版サポートページ)

ひさしぶりにパンタグラフのキーボードで字を打ってみちゃったりすると、結構いいじゃないなんて思ってしまい Amazonでポチってしまいました。また散財です。(笑)


レビューがないしお届け日数から言って大陸からの海外発送だと思うんですが、とりあえず試してみます。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年10月28日 (土)

iPhone 4Sガラス割れと WiFi グレーアウト修理(2)

追加注文した液晶が中部地方から出荷されたみたいで、注文して2日目に到着、作業再開。


液晶からのフレックスケーブルを本体に通すときに注意して新しい液晶を組み付け、コネクターを刺していきます

Img_0248


あーやれやれ終わったと思ったら、ホームボタンを失敗した液晶に貼りっぱなしでした。。。

Img_0249


もう一回液晶交換する気力はないので、ホームボタンの引っかかるところを削って、おもてからつっこんでおきました。

最初起動したら、本体、バッテリー部分か、が熱くなって、画面のスワイプも反応をしなかったりして、こりゃ失敗したかなとおもいましたが、しばらく時間をおいたら画面も反応するようになりました。新しいHWがはいって、CPUがなにやら処理をしていて忙しかったのかもしれません。

WiFiグレーアウトについてですが、しばらくして本体があったまってきたらやはり使えなくなりました。。。

Img_0250


もう一度裏のカバーを外し WiFiチップに半田ごてを、もう壊れてもどうでもよいと思い切り、10秒以上を10回前後あてました。

その後何時間もYoutubeを見たり、外出して使ったりしてもWiFiは生きているようです。

Img_0251


液晶は、いわゆる「尿」液晶ではないものの、斜めから画面を見た時に見にくい、特に上からと左から見た時に白っぽく見えます。

Img_0257

二日目で今のところ調子がいいので、家の中でらじこやらじるらじるを聞くのに使っています。


行き掛けの駄賃で、バッテリーも交換しておきました。1580円でした、

Img_0240

作業する上で何が一番大変かと言うと、とにかくネジが小さくて、近視のメガネを外しただけではよく見えなくて、100均で買った一番軽い老眼鏡をかけたり外したりして作業しました。あと、精密ピンセットがあればよかった。。。

初めて iPhone修理してみて、バッテリー交換だけだったら全然難易度低いし、4SのWiFiチップの不具合は半田ごてを当てるだけだったらすぐにできたので以前やっておけばよかったかなと思いました。

そうそう、ネジとクッションのような部品が余ってしまいましたが気にしない(笑)


| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年10月27日 (金)

iPhone 4Sガラス割れと WiFi グレーアウト修理(1)

NHKのドキュメント72時間、渋谷スマホ修理店を見たからか、急に自分で修理する気になり


まずはAmazon で液晶と半田ごてを購入

Img_0229


ばらばらにして、ロジックボード上の方にある WiFiチップに半田ごてあてときました

Img_0230

分解については、
このへん(もとは英語?)コノヘンここも参考にさせていただきました。

液晶も交換

Img_0232


組み立てたんですが、液晶から出てきているフレックスケーブルの長さが足りず、どっかに噛み込んでいる部分を引っ張り出すのに引っ張ったら


切れました(涙)

Img_0235


失意に暮れ、Amazonで同じ部品をポチって待つことに。。。


| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年10月26日 (木)

MacBook Pro 13-inch Mid 2010トラックパッド交換

前回 MacBook Pro mid 2010 のトラックパッドが調整だけで調子良くなったと書きましたが、

翌日いじってみたらやっぱりダメでした。

で、トラックパッドを Amazon で探したのですが、海外発送で6,200円くらい+送料でした。

グーグル先生に聞いたら、Yahoo! Shopping で安いのがあったので、


発注しました。

Img_0246


交換はバッテリーを外してずらすだけなのであっけなく終わり、いまは好調です。

設定でタッピングを有効にしても、書類とかweb からコピーする時に、びやぁーっとテキストをはいらとするのに、トラックパッドの下の方のクリックが効かないとつらかったです。交換してよかったです。


| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年10月24日 (火)

MacBook Pro 13-inch Mid 2010トラックパッド調整

ワタクシ最近 ハイブリッドHDDのクラッシュから始まって、MacBook を開腹して修理ばかりしております。


HDD交換やバッテリー交換に関するブログを見ていたら、トラックパッドも交換できるし、その前に調整ができることがわかりました。このへんを参考にさせていただきました。


MacBook Pro Mid-2010 から Mid-2012に買い換えたのは、トラックパッドでなぞる時にカーソルが飛んだり(これはなぜか自然治癒)、下の方をクリックしても結構押さないと反応しなかったりして(このときはタップでクリックに設定できることを知らんかった)、そんな理由です。

Y字型のドライバー購入


mid-2010ということで、いまのところ放充電回数が400回越え、満タンの容量が3700mAh くらいでファミレスとかでいじっていると2時間ちょと3時間は持たない感じです。そんなんで mid-2010をサブ機として使っていくならバッテリーそのうち換えるかなと思い、Y字ドライバー買っておきました。


開腹してまして、

Img_0226


先ほどのAmazonで購入して Y字ドライバーでバッテリーをずらし、

トルクスで最初左に半回転くらい回してみたら、余計にクリックに反応しなくなった印象。

Img_0227


右回りで結構さいごまでいく感じのところまで回したら、反応が良くなりました!

トラックパッドの一番下あたりだけでなく、中央あたりをクリックしても反応するようになりました。ただ失敗する時もあるので、トラックパッド自体の寿命かもしれません。


ちなみにトラックパッドを調整するのに、基盤の方にひっくり返したバッテリーは膨らんだりとかはしていませんでした。それで機械的にトラックパッドを押しているということもあるのでしょうが。


調子に乗って WiFi がグレーアウトして液晶も割っちゃった iPhone 4S をアッチに行った時に使えるように、半田ごてと液晶を買ったんですが、またその話はあらためて。

Img_0228

| | コメント (0) | トラックバック (0)

より以前の記事一覧