« Morgan Blueカーボンアッセンブリーペーストたぶん最終 | トップページ | CAAD9の整備(その1) »

2018年6月12日 (火)

『サブスリー漫画家 激走 山へ! 』みやすのんき著を読んで

実業之日本社からの第三弾。

Img_4098


目次の項目の細かさ、具体性から誠実さを感じました。

富士山登山レースはそのチャレンジングなところと、完走率の低さから一度調べたことがあるのですが、やっぱりいいですね。主催者枠の招待選手であっても達成感はひとしおだと思います。あ、ワタクシ富士山自体には登ったことがありません。

秋のハセツネのレースって午後スタートして夜メインで走るんですね。知りませんでした。読んでいて夜のレースの大変さを追体験できるような感じでした。そのへんを楽しい、やってみたいと思えるようになったらまた読み返してみようかと。


最後のつくばでのサブ3挑戦、やはり山を目標に据えた練習で山のための筋肉はついても、ロードのスピードが落ちていたようで。夏の間、山のための練習をしている時でも、週に一回でもスピード練習をいれておけば良かったと書かれています。それでも最後の数週間、これまでのサブスリーのご経験で取り戻しているようにも見えましたが、最後は読んでいてハラハラしました。


最初の方の山を登る技術については、3月に初めて大山にトレラン行った時に感じたことや、自分に下りの技術が無い点について合点がいくところも多かったですが、もう2、3回山練に行ってみて疑問に思う事があったら読み返してみようかなと、これも思います。


|

« Morgan Blueカーボンアッセンブリーペーストたぶん最終 | トップページ | CAAD9の整備(その1) »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/41890/66818029

この記事へのトラックバック一覧です: 『サブスリー漫画家 激走 山へ! 』みやすのんき著を読んで:

« Morgan Blueカーボンアッセンブリーペーストたぶん最終 | トップページ | CAAD9の整備(その1) »