« 8都市周遊(その9) 時間がないけどシアトル観光 | トップページ | 8都市周遊(その11) DL SEA-PVG »

2017年11月16日 (木)

8都市周遊(その10) The Museum of Flight見学!

124番のバスには他にも数人、航空博物館目当ての人たちがいまして、

到着しました、The Museum of Flight

Img_0441


開店の10時前に着いたので、外をぶらぶら

Img_0444


ボーイングの創業時っぽい建物

Img_0442


空港が作られるまで

Img_0446


まったく写っていませんが、開館前にサウスウエスト航空向けの737らしき機体が離陸してました

Img_0447


そして午前10時になって入館、まずは小さい飛行機の展示へ(十分建物も機体自体もデカイのですが...)

Img_0448


子供のころ図鑑で見ました、世界最速マッハ3のSR-71 ブラックバード

Img_0449


北から金浦空港にミグ戦闘機で亡命とか、そういう時代でした

Img_0450


この機体自体は実際に亡命に使われたものではなく、共和国からアメリカ人の好事家が買って、それを寄付したみたいです。実際に亡命に使われた北の機体は国立アメリカ空軍博物館にあるらしいです。

Img_0452


歩道橋を渡り、お目当ての大型機の展示エリア!

Img_0457


B-29

Img_0458


スミソニアンでもあれですが

Img_0459


こういう展示でみるとさらにデカイ

Img_0460


先代のエアフォースワン

Img_0469


727、子供のころ後部の造形が好きでした

Img_0476


ちょっとトップガンっぽい(笑)

Img_0477


747初号機に乗り込みます

Img_0478


City of Evarett

Img_0486


内部の写真をぜんぜん撮っていなかったのですが、リタイアしたおじさんが説明員をしていたり、当時の試験設備通信設備が乗ってて興味深かったです。


787 もあります、747の時代から比べると隔世の感あり

Img_0483


BAのコンコルド、一度乗ってみたかったです

Img_0498


前後しますが、建物に入ってまずはスペースシャトルがお出迎えしてくれます

Img_0500


チケットを購入したメインの建物に戻り、コーヒーを飲みながら離陸着陸を眺めます

Img_0501


こちらの建物に第二次大戦中の零戦、グラマン、メッサーシュミット、えっと旧ソ連の戦闘機もあって充実していたのですが急いで見学したため、写真がありません。


博物館に着いて最初に見かけたサウスウエスト航空のフェリーフライト以外には、ボーイングの工場間のフェリーフライトを見なかったのですが、カウンティの小さな空港という位置づけでも、結構頻繁にプライベートジェットが離着陸していて、ボーイングの幹部なのか地元の人なのか分かりませんが、退屈しませんでした。帰りのバスから敷地を見たら、航空会社のカラーにまだ塗装されていない 737を何機か見かけました。

開館時間から1時間半もいなかったので時間がまったく足りず、また機会を改めて訪れてみたいと思います。


で、同じ124番のバスとライトレールを乗り継いでシアトルタコマ空港に戻りました

Img_0502

短い滞在でしたが(そりゃ24時間以内のトランジット扱いですから)、シアトルコーヒーも飲んでないしマリナーズのスタジアムにも行っていませんが、シアトルの街を楽しめました。

公共交通機関と歩きでまわれる街という感じがし、山と海も近くて、住みたい街のランキング上位なのも分かりました。経済自体も Amazonを筆頭に盛り上がっている感がありました。


つづく

|

« 8都市周遊(その9) 時間がないけどシアトル観光 | トップページ | 8都市周遊(その11) DL SEA-PVG »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/41890/66026059

この記事へのトラックバック一覧です: 8都市周遊(その10) The Museum of Flight見学! :

« 8都市周遊(その9) 時間がないけどシアトル観光 | トップページ | 8都市周遊(その11) DL SEA-PVG »