« 台北経由ジャカルタ(5) | トップページ | 台北経由ジャカルタ(7) »

2017年8月 5日 (土)

台北経由ジャカルタ(6)

ジャカルタ最終日

Novotel の朝食、確か1,000円もいかない値段でプラスできたので予約時に追加。

Img_5995

Holiday Inn Expressはデフォルトで朝食ついていた気がするし、Accor の下のブランドは格によって料金は違うけど、まあリーズナブルな朝食料金の設定。SPGは今年はじめてプラチナやって、これからは朝食の心配をしなくていいんですが、これまでは朝食2、3回くらいしかアドしたことないです、大抵20ドルとかそれ以上でお高いんですもの。

9時過ぎに行ったらサラダとかなかった。鶏肉と魚のフリットが美味しかったかな。コーヒーはやはり残念なお味。マシーンではなく、保温器にティーとセットで載ってるやつ。インドネシアってコーヒーの生産国だった気がするんですが。


(後日談: 帰国してから調べたらジャカルタのメルキュールやノボテル以上のホテルだったら、朝食や食事バウチャーをつけられるキャンペーンがありました。)


スカルノハッタ空港へ

75,000ルピアでUBER呼ぶも、クレジットカードでの支払いが今できない、空港までは現金で200,000ルピア払ってくれと電話がかかってきて言われる。こんな込み入った話インドネシア語で当然できないので、ホテルのレセプションの女性と話してもらう。

ホテルの従業員にも200kは高いと言われ、大人しくブルーバードタクシーを拾ってもらった。UBERの運ちゃんの立場からすると、空港の方に行っちゃうと帰りの仕事が無い、とか、空港内で客を乗せられないとか色々あるのかもしれない。無料でキャンセルできるのはアプリで呼んで最初の数秒だけなので、キャンセル料として100,000取られた。そしてSPGに1ポイントついた。(苦笑) まあ、これも勉強か。


ブルーバードタクシー、えらく大回りしている気がして、

Img_5998


Google先生の助けを得てコチラの不安を訴えたり。高速道路に乗るからという言い訳でしたが。

Img_5997


ほどなくして高速道路、料金9000ルピア。乗っていきなり駐車場状態。この時点でフライト3時間前だからまあいいか。

Img_5999

これまた道が空いてきたら追い抜き追い越し、路肩走行の連続。それに加えて要人か何かがパトカーに先導されてすり抜けようとする。邪魔くさい、前にジャカルタに来たときも同じこと書いてた。

そして空港20キロ前くらいでまた酷い渋滞。早い鉄道作って欲しいわー。1時間経過して11km手前、勘弁して欲しい。

料金所渋滞。もうETCの普及率低いし、ナンバープレート画像認識、あとで自動請求みないなやってくれ。7,000ルピア。

Img_6002


空港近くにIbis Style と Budgetがあった。Accor 修行に良さそう。あとで調べたら Styleの方はいいけど、Budget
は安いのだが宿泊実績もポイントもつかなくて修行には使えない。

Img_6003

結局1時間25分くらいかかって到着

Img_6004

157,000ルピアくらい。渋滞が醜かったので200kくらいいくかと思ったが、思ったより安かった。次回は荷物少しでGrabのモータサイで空港行くか(笑)


空港に着いてあらためて工事の進行具合を見てみると、鉄道今年中になんかできそうにない。コンクリートの橋脚だけで電気とか通信の気配が無い、鉄筋とかコンクリートから出てるし。

空港ビルに入るところのセキュリティでCO2ボンベ没収される。チケットをメモされる。ただ記録を取っているだけで、返してくれるなんて事はないだろう。

ゲート手前にあるゲートで、ペットボトル入りの水を没収される。それはいいのだが、いちいちチケット/パスポートをメモされるのが気分悪い。まあテロ対策ということで、しょうがないか。

ラウンジはプレミアなんとかと、なんとかPhua Indah Loungeビジネス/ファーストラウンジに入れるようだが、Dコンコースを右手に見て右手のビジネス/ファーストラウンジへ。NHかJL便がこの時間あるのか、コンイプンが結構いた。

Img_6007

ラウンジ内に喫煙所があり、ラウンジ全体に臭いがあって失敗。設備がこちらの方が充実してそうだったので選んだのですが。なにごともトライアル&エラー。


帰りのCGK-TPEもプレエコ、トイレの前の最後列、昔UAの777でBコンパートメントのこの辺2-5-2の5席使って寝てたな。機内食は牛肉と河粉、行きと同じく肉が多くていい。

桃園空港に到着して、最近できたMRTに初めて乗ります。プラットフォームが出国ロビーからそんなに距離がなくて便利。

Img_6011


台北汽車駅で赤い地下鉄の乗り換え、結構距離があると脅されていたが気にならない距離。外に出なくていいので、雨にも濡れないし。

北投のひとつ手前の奇岩駅で降りて、今日のお宿、

Aloft Hotel Beitou、3,000ポイントなら喜んでポイントで泊まるのですが、7,000ポイント消費は微妙。今日はキャッシュで、というかカード払いで。

Img_6015


台風が来てて、外に出る気がしなかったので、

XYZ Bar

Img_6017


で台湾啤酒

Img_6018


を飲みながら、牛肉麺

Img_6021

次の日は、台風直撃でヒドイ天気でなければ、北投温泉に行こうと思いっていました。


<つづく>

|

« 台北経由ジャカルタ(5) | トップページ | 台北経由ジャカルタ(7) »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/41890/65603389

この記事へのトラックバック一覧です: 台北経由ジャカルタ(6):

« 台北経由ジャカルタ(5) | トップページ | 台北経由ジャカルタ(7) »