« 台北経由ジャカルタ(2) | トップページ | 台北経由ジャカルタ(4) »

2017年8月 2日 (水)

台北経由ジャカルタ(3)

バスは途中の料金所の前や高速を降りたあととか渋滞したんですが、よくあるジャカルタの醜いレベルの渋滞ではなかったです。

Mangga Dua行きのバスの途中の降車場所、ステイションコタで下車しまして電車でホテルの最寄り駅まで

Img_5849


日本の中古の電車に乗りホテルに行こうと、まずはICカードを購入。

Img_5852

普通のワンタイムの切符も、ICカード自体を乗客が保証金払って持って毎回金額をチャージする、or 日本の所謂交通系カードのように先にデポジットしておく、の二つの方法があり、後者を買いたいと伝えるのにちょっと苦労しました。有り体に言えば、英語が通じない。この時はまだローカルSIMを買っていなかったので、Google先生に訊くこともできず。

そんなこんなで、50k払って30kチャージ。BRT(バス)には使えないとのことで、のちに40k払って20k乗車分のカードを購入することになる。


JR車両

Img_5850


おもわず営団地下鉄千代田線と言いたくなる

Img_5851


もう一枚

Img_5871


女性専用車両

Img_5874

電車もそうだけど、バスでも前方半分が女性専用とか設定されてた。


さっきホームから見えていた、Ibis Hotel Mangga Duaにチェックイン。

Img_5860


あと、ホテルの近くの適当な携帯ショップ

Img_5868


でSIMを購入、600,000ルピア。たしか4GBくらいまでのプランだったか、あいまい。4日間の使用で問題ありませんでした。

Img_5862


前述の鉄道のカードはBRTでは使えないということで、購入

Img_5884


あと、ビールを買おうと売り場面積の大きそうなコンビニに7、8軒入るもビールは見つけられず。見つけることができたのは、アルコール度数ゼロのギネスとか。カルフールに行けば買えるのはわかっていたのだが、行くのが面倒だったので。やはりダメだった。


結局、バーを探してビールを飲んだんですが、中瓶800k, 小瓶400kでした。

Img_5889

ビンタンビール自体は、カンボジアやミャンマーのビールに比べてそんなに好きという感じではないな。何が違うのか聞かれると困るけど。ま、とにかく飲めるだけでありがたい。


夜、10時過ぎだったか、飲んで食べるところはあきらめたので、鶏とか魚の揚げ物が皿に積んである店に。

すみません、食べかけで。14万ルピアくらい。

Img_5891


お茶の味がなんか馴染めない。甘いというか何というか。
ビールは明日スーパーマーケットでも行って買ってみるかな。

電車、バスのICカード、SIMを調達して1日目はおしまい、アルコールは買えなかったけど。


<つづく>

==後日談==
またインドネシアに行くと思って、日本に帰ってから携帯の番号をキープしようと思いました。ここのサイトを使って、キャリアのサイトでないのでちょっと不安だったのですが、100,000ルピアと 1.5ドルの手数料とともにチャージできました。日本でローミングで、ちゃんとトップアップできた旨SMSが飛んできました。


|

« 台北経由ジャカルタ(2) | トップページ | 台北経由ジャカルタ(4) »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/41890/65603033

この記事へのトラックバック一覧です: 台北経由ジャカルタ(3):

« 台北経由ジャカルタ(2) | トップページ | 台北経由ジャカルタ(4) »