« 釜山経由対馬日帰り(2) | トップページ | 釜山経由対馬日帰り(4) »

2017年7月 9日 (日)

釜山経由対馬日帰り(3)

台風のこともあってどうしようかと思っていたのですが、当日雨も上がりそうだったので対馬を目指します。


地下鉄で最寄りの草梁駅まで行って、そこから歩いて釜山国際ターミナル

Img_5341

何年か前に博多からジェットフォイル乗った時は旧ターミナルだったので、ずいぶん綺麗になりました。

初めて韓国発券を始めた時、97年くらいか、関釜フェリーに乗ったんだった。そのころはお運びさんのアジュンマがいっぱい乗ってました。今はどうなんだろう。


7時過ぎにターミナルビル着いたら

Img_5343

ビートルの窓口がまだ空いていなくて、MIRAEフェリーで料金聞いてみるとやはり往復15万ウォン、ディスカウントないか聞いたら、同日往復なら12万ウォンとのこと。

Img_5345


ビートルよりコッチの方(左側)が双胴船で広く新しくいいかも。

Img_5348


めっちゃ小さく見える、9時ビートルの方が先に出港。ジェットフォイルの方が揺れないんだろうな。

Img_5349

この後出国して、人だかりがあると思ったら免税店の受け取り。

Img_5350

船内、新しいせいか割と綺麗

Img_5353


比田勝港

Img_5356

イミグレ大渋滞。日本人は声をかけてください、と書いてあるが、ブース直前の書類チェックしている船会社の人にたどり着くまで結構時間かかる。

税関では日本のパスポートと税関申告書を出しているのにアンニョンハシムニカと言われる。その日の日本人一人目だそうでフレンドリーに会話をしたいだけかと思ったら、釜山に日帰りの旨伝えると質問攻めに会う。リュックの中身も調べられる。

観光案内所でもお話させてもらったのだが、日本人観光客はかなり少数らしく、来るとしても、飛行機での釣り客らしい。

<つづく>

|

« 釜山経由対馬日帰り(2) | トップページ | 釜山経由対馬日帰り(4) »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/41890/65500662

この記事へのトラックバック一覧です: 釜山経由対馬日帰り(3):

« 釜山経由対馬日帰り(2) | トップページ | 釜山経由対馬日帰り(4) »