« 『ぼくたちに、もうモノは必要ない』佐々木典士を読んで | トップページ | 2017トライアスロンIN徳之島(1) »

2017年6月30日 (金)

上海の屋台とか

6月の週末は、前に書いた以外にSPGプラチナチャレンジのため上海に何度も泊まっていたのですが、
(努力の甲斐あって90日で18泊しました...)


おもにこんな屋台で到着した夜は飲んだりしているのですが、

Img_5109


セルフで選び焼いてもらう

Img_5105


こんな店で

Img_5128


好きな白切鶏(三黄鶏と買いてあった)、と干炒牛河

Img_5124

炒め物の方はまあまあ、三黄鶏は上海に合わせてタレが甘く、鶏肉の蒸しも特に工夫が感じられる味ではなかった。

街を歩いていたら、旬であるのか

Img_5129


ザリガニのですが

Img_5029


小龍蝦のカレー味炒め

Img_5027


タニシも美味しかったが、食べるの面倒

Img_5025


完食

Img_5033


そういえば東北料理も食べたな

Img_5053


また別の串焼き

Img_5138


サンマも焼いてもらいました、開いて焼いてくれた模様、香辛料いっぱいかけるのだけれど、ハケで塗る醤油が甘い。他の店でもだいたいビール2本飲んで串を食べると合計45〜55元くらいに収まる。

Img_5142


大都会上海にはどんな料理(中華に限る)もあっていいんですが、アプリで広東料理をつい探してしまいます。

Img_5150


猪肚鶏

Img_5155


猪脳

Img_5152


臘肉煲仔飯

Img_5158

もあったので頼んでみましたが、ヘンに魚介かなにかのダシが入っていてソーセージのから出た味とちょっと重複。


あとは地下鉄の駅のファミマでこんなコーヒー牛乳買ったり、


Img_5132


鶏肉のかたまりがしっかり入ったおにぎりを食べたり

Img_5117


|

« 『ぼくたちに、もうモノは必要ない』佐々木典士を読んで | トップページ | 2017トライアスロンIN徳之島(1) »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/41890/65475026

この記事へのトラックバック一覧です: 上海の屋台とか:

« 『ぼくたちに、もうモノは必要ない』佐々木典士を読んで | トップページ | 2017トライアスロンIN徳之島(1) »