« 『「大転子ランニング」で走れ! マンガ家 53歳でもサブスリー』を読んで | トップページ | 上海で食べたものとか »

2017年4月22日 (土)

上海浦東空港に23時以降着くとさらに面倒

以前、上海浦東空港に22時以降着くと面倒という記事を書いたんですが、フライトのディレイでさらに面倒なことを体験しました。


第2ターミナルのイミグレ・税関を抜けたのが23時15分くらいで、23時終了の機場なん号線がまだ動いていないかなーと淡い期待がありましたが、没有了。もちろん、バス乗り場に行くまで白タクのおっちゃんに声をかけられ、バスは全部ないよ、なんて言われるのはお約束。

23時から最終到着便の45分までは守航(夜宵)線が虹橋機場まで何カ所かに止まって行くようです。バスを降りてタクシーを拾おうとしていたとき、すぐあとにもう一台バスが来たので頻度は結構あるようです。

Img_3619


ふだん機場なに線の乗り場の端っこの方、1号線の乗り場がナイトバスの乗り場です。

Img_3622


とりあえず車内に乗り込んで席を確保して、おばさんに行き先告げて料金払う方式。

Img_3623


最初、龍陽路に停まって

Img_3627


世紀大道

Img_3628

虹口区方面の川に近い方だったら降りちゃってもいいかも。

自分は次の人民公園(延安路x浙江路)で降りて、上海火車駅の向こうの方までタクシーで行きました。バスとタクシーはそれぞれ20元と44元でした。

6月以降 JetStar Japanが浦東空港に就航して、夜中の12:40AMに着くのでこのパターンも慣れておかないと。

|

« 『「大転子ランニング」で走れ! マンガ家 53歳でもサブスリー』を読んで | トップページ | 上海で食べたものとか »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/41890/65181990

この記事へのトラックバック一覧です: 上海浦東空港に23時以降着くとさらに面倒:

« 『「大転子ランニング」で走れ! マンガ家 53歳でもサブスリー』を読んで | トップページ | 上海で食べたものとか »