« 今日の結果 | トップページ | 『このレシピがすごい』を読んで »

2015年12月21日 (月)

『嫌われる勇気―――自己啓発の源流「アドラー」の教え』

アドラー心理学についての本を読みました。
あんまり込み入った感想文を書くと痛いので、いまのところはやめておきます。


もともと2013年の宮古島トライアスロンの前にバイクですっ転んで擦過傷になり、こちらのサイトを参考にさせてもらいながら湿潤療法で治し、さらには同じ夏井先生が紹介していたシャンプー無し生活を始め、いまは糖質制限をして昔のウエスト周りを取り戻し、糖質制限の江部先生がアドラー心理学に関わっておられてココにたどりつきました。


あの時バイクですっ転んで擦過傷をこさえなければ、糖質制限も始めていなくて、シャンプーも使い続けて、アドラー心理学も勉強していなかったかもしれません。


題名からすると自己啓発的なコーチング的な本かと思ってしまいますが、ソクラティックな対話形式でグッと引き込まれてしまいます。もう何年か前に読んでいれば、と思ったりしますが、そういう時に読んでも心に響かず、やはり今がそのタイミングだったんでしょうね。



|

« 今日の結果 | トップページ | 『このレシピがすごい』を読んで »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/41890/62875388

この記事へのトラックバック一覧です: 『嫌われる勇気―――自己啓発の源流「アドラー」の教え』:

« 今日の結果 | トップページ | 『このレシピがすごい』を読んで »