« 佐賀に行っていました(その1) | トップページ | 佐賀に行っていました(その3) »

2015年2月28日 (土)

佐賀に行っていました(その2)

レンタカーのデミオを運転しまして、唐津市のビジネスホテルにチェックインしまして

テレビをつけたら

Img_2511

日常的にPM2.5の予報を流しているんですね。隣国で冬は石炭をバンバン暖房に使っているからですかね、ホントやめてほしい。

唐津の駅前に出て、その寂れっぷりに鳥取の駅周辺を思い出しました。
(鳥取は鳥取で信長のファビアンの運転免許合宿の件があり、再訪したい街のひとつではあります)

駅前のシャッター通りを抜けまして、ぶらぶら徘徊した後、

生簀のある店に決めました

Img_2512

突き出しの煮たサザエは肝のところが美味しかったです、写真はないですが。


イカの姿造り(時価!)

Img_2513


ゲソとエンペラの部分はあとで天ぷらにしてもらいました。

歯ごたえもあり滋味もあり美味しいのですが、玄界灘のものより以前に北海道で食べた(イカめしは...なのですが確か森町の濁川温泉の宿泊施設)方が美味しかった気がします。季節と場所によって、当然イカ君も食べているものが違うのでその時々なのでしょうが。


写真がないですがイカシュウマイがとても美味しく、イカのゲソ天とたのんだ日本酒、鍋島特別純米酒900円(ケチなので吟醸ではなく)が合い、おかわりしてしまいました。


醤油が甘い

Img_2514

醤油が甘いのは熊本までかと思ったのですが、佐賀唐津も甘かったです。良いとか悪いとかでなく、そういう文化圏なんだなあと。

玄界灘のお魚の刺身はかなり期待値が高かったので、まあ私が行く前に天気が悪かったのかなあと思っておくことにします。気持ちよく酔えるのは、たぶん唐津焼の酒器のせいだと思う。

すでに生簀の店でかなり酔っぱらった感があったのですが、なかなか来る機会がないので、もう一軒、


味噌汁の店

Img_2517

サザエと魚ロッケ(魚のすり身のフライ、若干カレー風味)を焼いてもらい、地元のお酒、太閤。
サザエの肝の部分はやはり苦くなく、とても美味しく日本酒に合った。

ここ最近ここで店を始めたらしく、私好みの店にしては店内がきれい(笑)
いろいろ話を聞かせてもらい、日本酒の酒蔵は同じ地区の曳山に属するだとか。

だいたいそういうシブい店が入居する物件なので、トイレは共同なのですが、行く途中の通路で


虹の松原トライアスロン in 唐津

Img_2516

これを理由に飲みに来るもいいかもと翌日調べたら、ちょうどその日に定員に達しエントリー締め切りでした。orz

二杯目のお酒は結局全部飲めず、味噌汁もいただくことはできなかった。要再訪。

つづく


|

« 佐賀に行っていました(その1) | トップページ | 佐賀に行っていました(その3) »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/41890/61202865

この記事へのトラックバック一覧です: 佐賀に行っていました(その2):

« 佐賀に行っていました(その1) | トップページ | 佐賀に行っていました(その3) »