« 2014年10月 | トップページ | 2014年12月 »

2014年11月30日 (日)

思い出かけっこのファビアン

ついにゴール!

ホント長かったなぁ。






実家に帰った時には必ず見てたし、あとはネットで見ていたのですが。



一時はワッキーの地名しりとり並みに、底知れぬ無力感というかゴールへの遠さを視聴者として感じていたのですが。


まあ何よりお疲れ様でした。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年11月25日 (火)

鹿児島に行ってました(その4)

最終日、チェックアウト

Img_9939

宿から直接空港に行くのもナンだと思いまして、

Img_9938


前回6月にタクシーの運ちゃんに連れて行ってもらった嘉例川駅へ

Img_9942

観光特急の

Img_9946


はやとの風

Img_9952


みなさん撮影タイム

Img_9947


時間ですよー

Img_9953


なかなかレトロちっくな車内

Img_9954


Img_9958


桜島を左手に見ながら

Img_9965


鹿児島中央駅まで乗車しました
Img_9974


| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年11月24日 (月)

鹿児島に行ってました(その3)

湯治宿の温泉ですが、

神経の湯、こちらはいつも人気で夜寝る前に2回だけ入りました

Img_9877


きずの湯、胃腸の湯

Img_9880


きずの湯の湯の花、鉄分がすごい

Img_9883


3日目最終日、朝食後に散歩

Img_9906


紅葉

Img_9905


こちらに日帰り湯で

Img_9887


途中こんなんで

Img_9903


露天風呂、500円也、内湯は300円

Img_9901


泉質は、塩原温泉の露天風呂に似ている、そんな例えでいいのか?

Img_9890


温泉街で見かけた看板、シブすぎる

Img_9914


熊襲隼人

Img_9920


この地を歩いていると何故か神々しい感じがします

Img_9921


洞窟の中に入ることができます

Img_9926


温泉が出る土地柄からか、洞窟の中に入るなり暖かくすごい湿気

Img_9929


| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年11月23日 (日)

鹿児島に行ってました(その2)

二日目は、泊っている妙見温泉から坂本龍馬が新婚旅行で逗留したという汐浸温泉までトレッキングのつもり。

Img_9791


私有地にある温泉

Img_9809


龍馬も浸かったかもしれない、手を突っ込んでみたらぬるかった

Img_9811


こんな道

Img_9833


犬飼滝

Img_9820


和気神社

Img_9840


藤の咲く季節はきれいなんでしょうね

Img_9838


龍馬の散歩道

Img_9845


塩浸温泉

Img_9858


台湾からの団体さんがいらっしゃいました

Img_9855

みなさん礼儀正しい。お土産やさんの人に片言の日本語でお礼をしていました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年11月22日 (土)

鹿児島に行ってました(その1)

いつだったか Jetstarのチケットのセールで鹿児島行きが安かったので。片道3,990円くらいだったか。


いつもの成田2タミ

Img_9772


はかりが置いてあるとちょっと緊張する

Img_9773

ジェットスターも7kg までだと思っていたら、10kgなのでオッケー牧場


鹿児島空港、から霧島妙見温泉方面行きのバスで宿まで

Img_9774


田島本館に到着

Img_9784


宿の外観

Img_9775


こたつ

Img_9777


川に面したお風呂

Img_9805


晩ご飯

Img_9801


かまど炊きのご飯でとても美味しくお代わりしてしまいました

Img_9802


| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年11月21日 (金)

台南観光(その7)

建物と食べ物の写真とか。

Img_9634


Img_9636

Img_9635


翌朝、散歩

Img_9642_3


Img_9643_2

Img_9644


Img_9647


歩き回って朝ごはん

Img_9649

牛肉湯

Img_9648


からすみのお土産を

Img_9650


買いました

Img_9651


おじいさんに日本人かと聞かれ、普通に日本語で美味しい食べ方とか教えていただきました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年11月19日 (水)

台南観光(その6)

宿に置いてあったパンフレットで写真みて行きたくなったので。

七股鹽山、あとで撮った写真の画像ですが

Img_9622


バスにて、結構遠い

Img_9598


途中、観光の塩田など見ながら

Img_9600


ここらへんで

Img_9601


時間調整の休憩、運転手さんはタバコ休憩

Img_9602


どーでもいいことですが、台南のバスではUSBから携帯の充電ができる、スゴイ

Img_9603


あと自転車もそのまま積み込める、観光路線だからかな?

Img_9627


で、七股塩山に到着

Img_9607


チョットきちゃなくて、チョットがっかり

Img_9606


登ってみる

Img_9613


そんなに高くはないですが、周りが塩田とか養殖池で平らなので見晴らしいが良い

Img_9616


そしてお決まりの、ポーズをとる人々

Img_7895


帰ろうかと思い、体育館のような建物を横切ろうとしたら、塩の像がいっぱい

Img_9625


その中で、八田與一さんの像を発見しました。

Img_9624


官吏の地位をなげうって、台湾南部の灌漑のためご尽力されて、毎年命日には貯水池の地元の人々が慰霊祭をして下さっているところまではどこかで読んだのですが、こうして塩の像も作って記憶に残してくれているなんて、台湾の人ってなんていい人達なんでしょう。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年11月18日 (火)

台南観光(その5)

樹屋

Img_9589

にも行きました。


こうして木に建物が、何と言いますか。取り込まれているの図

Img_9584


遊歩道も確保されていて、NTD50也

Img_9587


台南市街地方面を眺めるの図

Img_9590

湿地にいる鳥が気持ちよさそう、写ってないけど...

樹屋の隣にあった、なんとか洋行

Img_9591


バス停にもどり、次の目的地を目指すも

Img_9592


待っても待ってもバスが来ず、平日と日曜の時刻を見間違えていたことが判明。orz


運河の方を歩いたり

Img_9595


街を歩いたり

Img_9593


ヌコをじゃらしたりして時間を潰す

Img_9596


| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年11月17日 (月)

台南観光(その4)

台南のお話がなかなか先に進まないんですが、台南に行こうと思ったのは、安品古堡の敷地の中にある、熱蘭遮城博物館に行きたかったからでして。


Img_9563


Fort Zeelandia Museum

Img_9564


リンクによると、2009年5月まで永漢民藝館と呼ばれ、邱永漢氏の寄付した文物その他から構成されている博物館なのです。

氏が台南市出身ということは知っていましたが、博物館の件は知りませんでした。お母様が日本人、国々の間で橋渡し(なんていう規模の小さなものはないですが)をされた点で、長崎生まれの鄭成功と勝手にダブらせてしまいました。


城址にある像

Img_9569


撮影禁止なので内部の写真はありませんが、取り巻いている回廊にあった絵は、

Img_9567


博物館、という感じのものではなく、なにか氏の意図が込められているのであろうか...

Img_9568


この辺は当然最近の塔ですが、

Img_9570


城址の高いところにある建物は、日本が客人を迎える的なことに使っていたようです。

Img_9572


このへんは当然後付けっぽいですが、

Img_9574


このへんはオリジナルのレンガ積みのような気がします。

Img_9575


小学校の遠足みたい

Img_9583


| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年11月13日 (木)

台南観光(その3)

づづき。

ホテルの近くに戻ってきて、昼飯の場所を探す。

Img_9536


カレー専門店発見

Img_9537


牛肉カレー NTD180、至って普通

Img_9539

日本のカレーにかなり近い。八角とか感じない。


こっちで食べても変わらなかったかも(笑)

Img_9533


メイドコスチュームの子にもらったチラシ

Img_9559


赤嵌樓

Img_9543


Img_9555


Img_9544


Img_9546


日本人が発掘したオランダ時代のレンガ積みが残っているのもいい。

Img_9548


遺跡にはネコが似合う

Img_9550


| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年11月12日 (水)

台南観光(その2)

もともと台南に来たのは、鄭成功関係の名所遺跡を見るのと、安平古堡とその中にある資料館に行きたかったから。


朝食後、歩きで鄭成功の祀られているお寺などをめざす。

Img_9485


日本統治時代の古い建物を

Img_9487


きれいに保存してくれていて頭が下がる。

Img_9490


もと銀行

Img_9488


Img_9493


台南孔廟

Img_9498


Img_9496


近くの府中路

Img_9499

Img_9500


延平郡王祠

Img_9505


鄭成功

Img_9504


内部

Img_9508


文物館が

Img_9509


お休みだった、ショック

Img_9510


大南門

Img_9517

Img_9518


Img_9522


愛国婦人館、外観はきれいに改修されていますが、

Img_9525


内部は

Img_9526


ホント日本の昔の建物にいるよう

Img_9527


きれいに保存してもらってホント頭が下がります

Img_9528

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年11月11日 (火)

台南観光(その1)

こんな窓から寺院が見えるホテルに泊まったのですが

Img_9442

iPhoneにつける魚眼レンズを事前に買っていたのですが、縁が写り込んで結局トリミングしないといけないので意味がない...


近くにこんな映画館があった

Img_9443

台湾唯一の手描きの映画看板がある映画館だそうで。


夜はこんなん

Img_9468


映画監督のアン・リーを輩出とのこと

Img_9535


神農街という古い町並みが残る通りだけ、当たりをつけておいたので行ってみた。

Img_9448


ライトアップというか灯篭みたいなのがいい感じ

Img_9453


そして中華圏では恒例の結婚アルバム撮影(汗)

Img_9452


こっちが入り口

Img_9454


台南までのバス移動でほとんど時間を使ってしまったので、明日以降の街歩きの感覚をつかむために、あてもなく歩き回る。

こんな店で食べたり、

Img_9446


あんな店で食べたり、

Img_9457


こんな店でお茶飲んだりしたいが、胃袋は一つしかなく、入る店にまよう。

Img_9459


ただし台湾だとお一人様で食べるのは良いのだが、ビールを飲みながらとなるとなかなか選択肢がない。燒烤(バーベキュー)か海鮮、または

下の居酒屋みたいなところでないとアルコールを提供していない。

Img_9472


炒めたいかにも中華料理っぽいものを食べたかったので、店に当たりをつけてからセブンイレブンにビールを買いに行き店に戻った。

店のメニュー、鱔魚(田うなぎ)がウリの店のようです。

Img_9460


鱔魚乾炒

Img_9462

田うなぎのあっさりした炒めをつつきつつ、勝手に持ち込んだロング缶1本消費。


豚のハツのバジル炒め、でもう1本。

Img_9464


お腹ぱっつんになったので、ぶらぶらして発見したイイ感じの曲を流しているバーに

Img_9632


内装も小洒落ていて、トイレもきれい(←ここ重要)

Img_9477


おひとりさまなので、外で行き交う人々いやスクーターを眺めながら飲む

Img_9476


日本企画のクラフトビールを飲みながら

Img_9475

9%もアルコール度数あるし、この手のビールが食事に合うとは個人的に思わないんですが。途中からキツくなり氷入りのグラスに入れちゃいました。


日本風味も全開で

Img_9469


Img_9478


少ない滞在日数でいろいろ食べるというミッションを果たすため、

夜食、

Img_9480


担仔麺

Img_9481


と、グリム童話のカエルのように腹を膨らませてホテルに帰投しました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年11月10日 (月)

Vanilla Air JW104 台北成田搭乗記

とんでもなく早く桃園空港に着いてしまったので、T1到着側にあるフードコートで2時間ほどつぶす。


Webでは2時間前からチェックイン開始とあったが、実際には2時間半前に開始、自動チェックイン機なし。

Img_9666


ボーディングパスをもらってから、また到着側に戻りコンビニで

Img_9667


自分の土産を買う

Img_9671


早めの晩御飯も

Img_9670


電子レンジでチンしたあと、こんな風に持たせてくれる。台湾、ステキ。

Img_9669


到着便の遅れ、空港の混雑でかなり遅れてテイクオフ。

バニラの座席はかなり狭いと聞いていて楽しみにしていたのですが

Img_9675

非常口座席を指定してたのをわすれてました。(笑)


非常口座席と1列目は無駄に広いです。短い足を組んでもまったく問題ありません。(苦笑)

Img_9674

それにしても、あのダサい制服はなんとかなりませんかね。マラソンの先導の婦人白バイ隊の制服並みにダサい。


最終便ということでディレイする可能性が高いことにたいする何かか、ミールは30%引き。

メンチカツサンド頂きました。700円が490円に。なかなか美味しい。

Img_9676


22時30何分タッチダウン。速攻で帰りの電車を調べにかかる。

Img_9677

関係ないけどあとで調べたら、乗ったのはエアアジアジャパンからのお下がりではなく、新造機だった。どうりでカーペットとかバニラマークがちりばめられていたわけですね。

バスではフロントのドアの横に陣取り、バスを降りたらイミグレまで走りました。税関では終電の時間が迫っていてもちゃんと検査しますよーみたいな呼びかけがありました。

京成特急の最終には間に合わず、3月のダイヤ改正で設定された23時過ぎのエアポート快速の最終。

Img_9678


0時30分ごろ東京駅に着き乗り換えて帰宅しました。

Img_9680


最初到着機材の遅れだけの時は余裕目の到着時間設定されてるみたいだし偏西風が押してくれるので終電の心配の必要はないかなと思っていたのですが、やはりLCCの最終便、成田到着予定時刻22時なんてフライトはシビレますね。(苦笑)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

台南から桃園まで高鉄

台南ではとてもいいところだったのですが、そのお話は後日。

台南駅までバス

Img_9653

高鉄台南駅には行けることはなんとなく調べていたのですが、高鐵台南站 行きとかいう電車がなくて、駅員さんに聞いてとにかく言われるままの電車に。在来線と新幹線で駅名が違うようで、終着駅の沙崙火車站が高鐵台南站とつながっているようでちょっとややこしい。

数分後の高鉄に接続するようになっているようで、かの国だと絶対乗り継げないのですが、台湾では自販機でサクッとチケット購入できてストレスレス。

Img_9654


車両は日本の技術ですので、外見からの違いは色だけか

Img_9655

まあ通信システムとかいろいろ日欧混合らしいのですが。


車内もまったく違和感なし

Img_9656


台南桃園自由席でNTD1265

Img_9660

12両編成なのね。台北から台南はバスでNTD350だったのだが、それでもお安い。1時間半くらいの短い乗車時間でもカートが2、3度回って来た。


お楽しみのお弁当

Img_9661

本当は鶏肉の弁当が食べたかったんですが、滑舌が悪く(笑)豚肉の焼き肉弁当。ご飯の上の乗っけてあるのが美味しい。それよりも暖かい弁当を提供してくれるのが日本人的にうれしい。(あちらでは冷えたもんなんか食べないんで当たり前であるが)


桃園到着

Img_9662


Img_9663


改札

Img_9664


桃園空港行きの統聯客運の緑のバス

Img_9665

路線バスみたいなバスですが、高速道路を走るので人数を確認して乗せているようです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年11月 6日 (木)

台南までバス移動

桃園空港近くのバスターミナルに行って乗り換えればいいや、と思っていたら、




台北のバスターミナルまで行ってしまう。。。

気を取り直して乗り換え



途中のターミナル




着いた台南はこんな街

Img_9438


| | コメント (0) | トラックバック (0)

Scoot TZ201 搭乗記

前日1時過ぎまで飲んでしまい調子悪い。

Webチェックインとか自動チェックイン機無いので、荷物無くても並ぶ必要がある。







LCC国際線の定番、2タミのはなれ




ちょうど着いたところだった



制服




機内、エコノミーはほぼ満席




桃園空港地下のフードコートで





機内で食べなかったので、




夜食カキの麺線、



うまし


| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年11月 3日 (月)

HK Express UO656 搭乗記

これまで中環で機場快線に乗る前にチェックインしてたけど、

上水からA43のバスで来た関係で、ターミナル2でチェックイン




制限区域外にはまあリーズナブルな店があるので、インスタントラーメンの朝食兼昼食




ボーディング開始




中部空港着陸前は紀伊半島を伊勢まで飛んだので景色を楽しめた




| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年11月 1日 (土)

Jetstar Asia 3K 697便搭乗記

KL LCCT みたいに隔離されたターミナルでなくて、他のレガシーキャリアを降りて歩いてT1まで行けるのがいい。




結構埋まってる、空席たぶん4、5席




4時間の爆睡後、HKG着




機内で何も食べてないので制限区域内で叉焼飯


| | コメント (0) | トラックバック (0)

ジェットスター、チャンギ空港での乗り継ぎ

出発する前にチェックインしてボーディングパスパスを印刷しようとしたらなぜかできなくて、チャンギ空港着いてから案内図見てたら、ジェットスターの制限区域内のトランスファーデスクの扱いについて何やら面倒なことが書いてある。


チャンギ空港のサイトによると、


Jetstar Airways International*
Jetstar Asia*
Uzbekistan Airways
Valuair*
*For transfer passengers on Air France, KLM-Royal Dutch Airlines, Emirates, Finnair, Japan Airlines, Jet Airways or Qantas Airways


以上の航空会社との乗り継ぎの場合のみトランスファーデスクCでボーディングパスがもらえるとあるが、荷物を預けていないので5時過ぎに問題なくボーディングパスがもらえた。




SINまでの搭乗券とパスポートの確認だけだった。


汁なしワンタン麺




ミルクティー、また太る…





その前にアジアンベジタリアン食べたんだった




日本では選挙とカネ、SMクラブが話題のようだが



こっちの方がびっくりする

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2014年10月 | トップページ | 2014年12月 »