« WKO+ 購入 | トップページ | 吉野家飲み »

2013年7月22日 (月)

季節を食べ物で感じる

近所の「食堂」に裏を返しに行って来た。そんなもんさっさと食いに行けば良かったのだが、「食堂」にしてはお値段が高いのでなかなか行けなかった。

前回行ったのは、メバルの煮付けがあった頃だからとにかく春であったことは確かだ。


その時は、
 エビスのビンビール 1
 開運 1合
 ポテトサラダ
 うどのきんぴら(記憶が定かでは無いがきんぴらは覚えているので季節的にウドだろう)
 あと一品思い出せない(後日自分のエントリーを見返したら、稚鮎の南蛮漬けだった)
 メバル煮付け

で4,000円オーバー飲んだから。


今日の選択は、
 エビスのビンビール 1 (別にエビスが好きなわけではなくてビールはこれしか無い)
 開運 1合
 ポテトサラダ
 鰯の梅煮
 焼き茄子
 こはだ

で3,650円。手元に四千円しか持ってなかったから気が気ではなかった。(汗) 今回は焼き茄子にコハダですっかり夏だ。夏野菜の炒め物とか夏野菜と豚バラ肉の蒸し物もあって食いたかったが、一人では、イヤ金がなくては如何ともしがたい。

酒をたのんでもつきだしが出てこないので、そこらへんからして食堂だと察してくれと言うことなのだろうか。気分的にはあとアジフライにご飯と味噌汁付けたかったが悲しいかな金が無かった。


前回春にこの店に入ったとき、メバルが置いてあったのでただものではないと思っていたのだが、今回も期待を裏切らなかった。(そのときのメバルは普通に釣れるようなちっちゃなヤツではなく、結構立派な煮付けだった)

ポテトサラダは当然マヨネーズの味なのだが、よく味わうとジャガイモの旨味のある一品でポテサラ好きとしてはビールのあてにたのんでしまう一品。

鰯の梅煮は、ちょっと味が濃いめでお酒に合う感じ。

ここの野菜は産地にこだわった有機野菜なので、焼き茄子も皮を剥いてもドロッとした感じではなく身がしっかりしていて開運の冷や酒に合った。今晩は開運を一口ふくんだ時に甘みを感じて体調が悪いのかと思ったけど、食べ進むとやはり精米度の低い日本酒はミネラルを多く含んだ野菜に合うと思った。

こはだは塩と酢の塩梅が弱めでぼや〜んとした味なのだが、江戸前鮨で食べるわけではないので、この曖昧さが日本酒に合った。700円で結構な分量があって、こはだをつつきながらお酒を美味しく頂きました。チューブのわさびでなく本物のわさびだったらもっと美味しかっただろうけど、まあ細かい事を言ったらキリがないので止めておく。

前回お邪魔した時は客のいない「食堂」だなあと思っていたが、今日は閉店前にひとり女性客が来て、自家製のジャム(みたいな物?)をピックしたあと、ポテサラとコハダをご飯と味噌汁に合わせて定食にしておられました。コハダをおかずにご飯も良いかもしれない。そのオバさんと好みが思いっきりカブってしまい苦笑してしまうのだが、それだけ好きな人には愛されているお店なのであろう。味はしっかりしているのでいつまでもお元気で続けてもらいたい佳店だった。


あ、そうだ、いちおう今日も昨日に続きバイク乗ったんんだった。

1h20m, 27 km
414KJ, TSS63.7


たまに 180-200W を継続して出してみると結構苦しい、いや苦しくないけど臀部のコリとかからして 30分や1時間続けられない感じ。


Img_7193


|

« WKO+ 購入 | トップページ | 吉野家飲み »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/41890/57844899

この記事へのトラックバック一覧です: 季節を食べ物で感じる:

« WKO+ 購入 | トップページ | 吉野家飲み »