« 宮古後初めてランしたら | トップページ | シャンプーしない生活 »

2013年5月 6日 (月)

2008年ゴールデンウィーク

のことなどを書いてみる。今年のGW後半は特に書くこともないし。


前にもどこかで書いたが、風間一輝氏の「男達は北へ」を読んで日本橋から青森まで自転車で行ってみたいと思っていた。amazonの履歴を見たら2005年6月に読んでいたようだ。

2005年のころはトライアスロンもやっていなくてロードバイクも持っていなかったが、2008年4月に宮古島トライアスロンに出てからその二週間後のGWに挙行することにした。


===1日目===

2008年5月2日8時45分 日本橋

Grl_0210

当初の計画は一日220-30km走り3.5日かけて国道4号を青森まで走破しようというものだった。たぶん0.5日は雨で進めなかったり何かの予備で5月5日に都内に帰ってくるつもりだったのだろう。

が、しかし、越谷あたりの元々の4号とバイパスが分岐するあたりで旧道を選びいきなりパンクした。かなりヤル気がなくなり、引き返して帰ろうかとちょっと思った。

そのあと旧道を宇都宮まで行った気がする。バイクを買った当初4号のバイパスで宇都宮まで行ってひどく疲れた印象があったからだと思う。とにかくパンクの分を取り返さないとと思い、でも先のことを考えるとガシガシ踏むわけにも行かず、休憩とかで止まっている時間を少なくしようとしていたと思う。昼は埼玉県の定番山田うどんだった。

そういった関係で当時ガラケーは持っていたものの1日目の写真は他になかった。著作では1日目は4号線の鬼怒川にかかる橋の下で野宿し少年と出会うことになっているのだが、それだとGW中に走破できないので先を急ぐ。

希望的には郡山まで当初行きたかったけど暗くなったので須賀川のサンルートに投宿。バイクを客室に入れて良いかと聞くと快諾してくれた。

バイク本体以外は、輪行袋、携帯&充電器、コンタクトレンズケース&保存液、キャッシュカード&クレジットカード、アーム&レッグカバー、ウィンドブレーカーしか持って行かなかった。大きいサドルバッグに入れるかジャージのポケットに全部入れてた。そうそうなぜかメモ帳とペンを持っていたらしく(主人公がトラブルに巻き込まれたのはクーデター計画を記した冊子を拾ってそれをメモとして使っていたのを踏まえてか)、メモを取っていたのだが肝心のメモ帳が見つからず...

そんなわけで夕食を食べに行くにしてもバイクシューズをカツカツ鳴らして歩いて行くよりなかった。1日目はホテルの近所のラーメン屋で食べたと思う。

バイクジャージとビブは洗濯して干しておく。寝る時はホテルの浴衣があるから着替えは持たず。

===2日目===

5時半か6時にはホテルを出たと思うので、当然ホテルでは朝食を食べられず、吉野家で朝定を食べたと思う。郡山を抜け二本松では、著作では岳温泉の方に折れて民宿に泊まるのだが、さすがに寄り道はパス。

仙台を抜けると泊まるところは一関くらいしか思いつかず、その辺を目標にしていた。仙台手前はクルマが多く走り難かった気がする。昼は餃子定食みたいなものを食べたかも。


2008年5月3日17時34分 岩手県一関市

Grl_0211

一関の市街地に着いた時にはまだ外は暗くなっていなくて、一軒のホテルに飛び込みで入ったけど満室と断られた。世界遺産をひかえると面倒くさい。ホテルのリストを片手に二三軒ホテルに電話をかけた。空室があるというホテルに行ってみると、さっき満室と断られたホテルではないか!?

かなり気分が悪いんだけど、他のホテルを探す気力もなく泊まることに。バイクは部屋の中には入れてはいけないとのこと。さらに気分が悪い。

夕食は近くのそば屋というか食堂で、かけそばとカツ丼などを食べた気がする。さらにカツカツバイクシューズで歩いて、一関駅前のマッサージ屋でマッサージしてもらった。気休めだけど。施術してもらった人がオートバイが趣味だということで、北海道とか東北の好きな地方の話をしながら揉んでもらった。ホテルでかなり一関に対する評価が下がったので、マッサージ屋のオジさんでイーブンとする。


===3日目===

なぜか3日目は結構写真がある。2日目に雨に降られたこともある。


2008年5月4日9時01分 岩手県花巻市石鳥谷町

Grl_0214

南部杜氏の里とあるが、調べたら道の駅石鳥谷というところだった。花巻、盛岡を過ぎると4号線は岩手山の方に向かって走るが、私の好きな八幡平の方には行かず途中で右に折れてしまう。でも5月の新緑のなか岩手山を眺めながら走るのはとても気持ちがいい。


2008年5月4日11時04分 今と違ってGPS機能無いので場所分からず

Grl_0216

2008年5月4日13時01分 岩手県一戸町

Grl_0215

一戸とか二戸とかいう地名なんだけど、このあたりはまだ青森県には入っていない。


2008年5月4日13時04分 国道4号の最高地点 458m

Grl_0220

国道4号から受けるイメージとは別に、標高自体は高いところを通らない。


2008年5月4日15時17分 青森県三戸

Grl_0219

やっと青森県。青森県に入って強烈に寒くなり、持っている物を全部着たのだが、普通の指切りグローブなので手が冷たくてしょうがなかった。4号線は八戸とか通らなくて山間を貫き、十和田という地名が思いついたのでそのあたりを自転車で(当たり前だが)走り回り、宿を見つけた。食堂に入りラーメンと何かを食べたが、食堂の石油ストーブがこんなに有り難く感じたことはなかった。食堂のおばあちゃんとも何か他愛の無い話をしたような記憶があり、一関以外はみんな良い思い出だ。

三日間700キロ近くを走ってきたので、とにかくケツが痛く、風呂でマッサージをしても一向に痛みは治らなかった。

===4日目(最終日)===

十和田を出発し北に野辺地に向かうところで、ちょっとの間陸奥湾が見える。それまで4号線は一度も海を見せてくれない。著作と同じように、ここでこのバカバカしい旅も終わった感じがした。

2008年5月5日9時58分 青森県道の駅 ゆーさ浅虫

Grl_0218

お昼間に青森にゴールできることは確かなので、道の駅でホタテをお土産に買って宅配便で自宅や実家に送った。浅虫温泉にも入りたかったが、本人的にもう終わった感があってさっさと目的地に達し、電車で帰ろうと考えていた。


2008年5月5日10時583分 青森県青森市長島

Grl_0221


これより7号線

Grl_0223

とあるが、さすがに引き続き7号で帰る勇気もなく、このあと30分後には青森駅から八戸行きの特急に乗っていた。


|

« 宮古後初めてランしたら | トップページ | シャンプーしない生活 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/41890/57326098

この記事へのトラックバック一覧です: 2008年ゴールデンウィーク:

« 宮古後初めてランしたら | トップページ | シャンプーしない生活 »