« 便利になった | トップページ | 『脂肪を燃やすトレーニング―体験的マフェトン理論』 »

2013年3月27日 (水)

擦過傷一週間経過

ひざの外側

Img_6628

1ヶ所まだジクっとしているが、他の場所は赤くは見えるものの薄い皮膚はできていると思う。組織液は浸出していないし。


ひじ

Img_6629

同じく赤く見えるけど、サラッとしているので治療パッドを貼るの止めた。


大腿部

Img_6632

だいぶサラッとしてきたけどジーンズ履いて擦れるとイヤだから今日は大型パッド貼っておいた。

思ったより早く治っている気はするのだけれど、反省点としては、やはりパッドを貼って経過観察する部位と比較対象のため放置してカサブタを作っちゃう部位を用意した方が良かったかもしれない(笑)


最後の方は3Mの製品を貼っていた、J&Jより少し安いので

Img_6624

パッドの周りの伸縮性のある部分が森下仁丹の製品と似ていて、動く部分に貼るぶんには好ましい。製品のほとんどの面積がパッドというヤツだと、膝まわりとか動くと剥がれてくる。


お口直しに、一昨日の上野のお山


Img_6626


Img_6627

|

« 便利になった | トップページ | 『脂肪を燃やすトレーニング―体験的マフェトン理論』 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/41890/57043857

この記事へのトラックバック一覧です: 擦過傷一週間経過:

« 便利になった | トップページ | 『脂肪を燃やすトレーニング―体験的マフェトン理論』 »