« 弥生と格闘(去年も同じこと書いてた) | トップページ | 前線近づくなか無理矢理(雨沢峠ー戸越峠)x2 »

2012年10月27日 (土)

最近40周年ということで

かの国をタレントが鉄道で旅行して回るなんて番組をたまたま見たりする。


この間は定番の関口知宏氏の番組、今日はもこみち君の番組。

列車内での偶然の出会い、そしてお家にご招待される、なんてものを信じるほどもうナイーブではないのだが、漢語が分かるようになって気がついたのが一点。

雲南の田舎で出会ったご夫婦なんて設定でも驚くほど標準的な漢語をしゃべる。私でも全然聞き取れる。

今日のウイグル人とかもかなり聞き取りやすい漢語をしゃべっていたから、まーカメラの前で言ってはいけないことを言わない、何か役職にでも就いているような人を先方の取材窓口が選んでいるような気がする。

まだ番組終わってないけど、もこみち君トルファンで交流と言っても漢族ばかりと交流してるし。

言葉が分からなかった頃の方が素直にこの手の番組が見られて良かったかな。

|

« 弥生と格闘(去年も同じこと書いてた) | トップページ | 前線近づくなか無理矢理(雨沢峠ー戸越峠)x2 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/41890/55983817

この記事へのトラックバック一覧です: 最近40周年ということで:

« 弥生と格闘(去年も同じこと書いてた) | トップページ | 前線近づくなか無理矢理(雨沢峠ー戸越峠)x2 »