« 前線近づくなか無理矢理(雨沢峠ー戸越峠)x2 | トップページ | 台東区を散歩 »

2012年10月30日 (火)

かの国でいちばん有名な日本人が

こんなことになっているとは。むかし記事を書いたこの人のこと。


ふだん週刊誌とか買わないんだけど、地下鉄の広告に見出しがあったものだから買ってみた。

Img_6165


確かに「従伊豆到北京有多遠」の中に、日本のT大をにおわす大学に合格したのだけれど経済的な理由で奨学金のもらえる北京大学に行ったみたいな記述があったけど、胡散臭いなーと思いながら読んだ記憶はある。


記事の後半の日本の媒体に向けての発言とアッチでの発言が違うというのはしょうがなくて、生きていくためには致し方ないと思う。

Img_6166


まー彼の弁護をするつもりも全くないけど、アッチでは学歴詐称なんて日常茶飯事、18歳でアッチに行っちゃったんだから向こうの影響を受けちゃったのはしょうがないと思う。肩書きというか権威重視だし、とりあえずぶち上げちゃうというかハッタリをカマせるのは文化だから。

それにしても惜しいと思うのは、そんな些細なことで人を欺かなくても十分二国間の関係改善に役立っているのだから、むこうに染まらないで正直にやって欲しいと思う。

|

« 前線近づくなか無理矢理(雨沢峠ー戸越峠)x2 | トップページ | 台東区を散歩 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/41890/56008345

この記事へのトラックバック一覧です: かの国でいちばん有名な日本人が:

« 前線近づくなか無理矢理(雨沢峠ー戸越峠)x2 | トップページ | 台東区を散歩 »