« ヒューマンウォッチング | トップページ | iOS6.0 の地図使いにくい »

2012年9月20日 (木)

ついに出た広東語をしゃべる Siri

今日昼間バイク練に行って帰ってから、iPhone4S を母艦につないでみたら iOS のアップデートのアラートが出た。


iOS6 にアップデート後、何やら広東語でメッセージが出て、Siri の言語を広東語に設定しますか?と聞かれた。そうして、さっそく遊んでみた。

表示の設定を繁体字にしていたからか、iPhone のシリアルから勝手に香港バージョンだと判断してそう勧めてきたのかは不明。


Img_6052


今晩何食べるの?と聞いたら、答えたくないと言われてしまった。(汗)


普通話もそのうち試してみよう。


でも、日本語の Siriもすぐに遊ばなくなっちゃったから、結局すぐ飽きちゃうんだろうな、性格的に。

今日のトレーニング
 バイク
 7時過ぎに出て、3時頃帰着、乗ってたのは 7時間くらいだと思う
 2度パンクしたのでよく分からない
 たぶん、距離的には 180km くらい

|

« ヒューマンウォッチング | トップページ | iOS6.0 の地図使いにくい »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/41890/55704657

この記事へのトラックバック一覧です: ついに出た広東語をしゃべる Siri:

« ヒューマンウォッチング | トップページ | iOS6.0 の地図使いにくい »