« 紅娘の続編 | トップページ | 温泉をもとめ半島を東から西へ »

2012年7月12日 (木)

五色温泉と言っても

ニセコや長野の温泉ではなく、韓国のヤツに行って来ました。


東ソウルターミナル

Img_5622


一般のバス KRW17,500

Img_5657


襄陽(Yangyang)行き

Img_5658


出発してずっと寝ていたのでいきなり海岸線


予備知識通り海岸線にはずっとフェンス&有刺鉄線

Img_5663

38度線レストランだー

Img_5664


襄陽バスターミナルから五色行きのバスが

Img_5666

いつまで経っても出ず、1時間半くらい待ったかも。


あとで入手した時刻表、二時間おきか...

Img_5683


赤丸から青丸まで移動

Img_5691


このホテル

Img_5671_4

に泊まったのだが、たいした部屋でないわりに120,000ウォン。標高が高いからか涼しくて過ごしやすい。


温泉施設

Img_5674


温泉の受付

Img_5690

入場料7,000ウォンで、ホテルの宿泊者でもお金取られる、KRW5,000。


こんな感じ

Img_5684


炭酸泉の説明

Img_5685


27℃で源泉のまま、少しプチプチする、なんか効きそう

Img_5687

さすがに二三分以上は入っていられないので、露天風呂に入ったり39度のぬるめの湯に交互に入ったりしていた。自然と温冷交代浴をすることになるので良い。


晩ご飯、食べ過ぎた

Img_5681

サンギョプサムと山菜のビビンバとジャガイモのチジミ。ビール含み KRW38,500も食べてしまった。

温泉の病理治癒効果は分からないが、食欲増進効果は疑いのないところ。鉛温泉では、行く前は野菜中心の食事でもしてダイエットでもしちゃおっかな、くらいの気持ちだったが、毎日温泉に入っていたらお腹が減ってビールも美味しいし食いまくってしまった。

韓国に来たら来たで、最初の二三日は人と会って飲んだり食ったり。温泉に行ったら行ったでやっぱり空気も美味しく飲んで食ってしまった。


松の実のドリンク、特に美味しいわけではない

Img_5682


山はだいたいなだらか

Img_5693


足湯に登山客

Img_5700


北海道のような

Img_5707


山と川の感じ

Img_5709


がイイ。

|

« 紅娘の続編 | トップページ | 温泉をもとめ半島を東から西へ »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/41890/55178317

この記事へのトラックバック一覧です: 五色温泉と言っても:

« 紅娘の続編 | トップページ | 温泉をもとめ半島を東から西へ »