« 温泉の周りの環境 | トップページ | 湯治場からお出かけ »

2012年7月 5日 (木)

湯治場でのお食事

と言っても自炊を決め込んでいるのでたいしたものではないのですが。


湯治部の一階と二階には自分で料理できるように調理場があり

Img_5528


鍋、フライパン、食器等々があるので


10円で7、8分使用できるガスレンジ

Img_5529


で料理したりしている。私が作るようなものなどほとんどキャンプの時のメニューと変わらず、料理というより加熱と言った方が適当なのだが。


最初は調味料が塩しかなく

Img_5498

湯治部にある売店で買った野菜をそのままこんな風に食べてた。このあと先人の残して行ったごま油を使い焼きそばを作りおしまい。

ここの宿に来たら自炊で過ごそうと思っていたのだけれど、そう思っていながら温泉に着く前に調味料とか全く用意しないところが自分らしいと言えば自分らしい。


宿には売店がふたつあって、ビール、ソフトドリンク、日持ちしそうなパン、調味料、缶詰、野菜、果物、漬け物、衣服等々日用品が売っているので、何も持ってこなくてもまあなんとかなる。どうせここの宿に来ることは気分の中では決まっていたのだから、実家を出る時に炊飯器と米くらい宅急便で送っておけば良かったと思う。


翌日花巻市内のヨーカドーにバスにで出かけたのでちょっと充実

Img_5521

ノルウェー産のサバも自然がいっぱいの湯治場で焼いて食べると激うま。チンするご飯バクバク食べて、ビールをゴクゴク飲んでしまった。


そのまた翌日は

Img_5526

売店のオジさん(ホントはおじいちゃん)が、今日はカツオの刺身切ったよ!オラの切ったのは普通と違うべ!などと言うので、刺身を350円で購入。

オジさんの技術なのか環境のせいなのか、これまた激うまでメシとビールがすすむ。最近は飲み会に呼ばれる以外ほとんど飲まなくなったのだが、夕方温泉に浸かったあと売店のオバちゃん(ホントはおばあちゃん)に挨拶のために寄るとロング缶を買ってしまうんだな、これが。


朝はバナナを食べてトマトを適当にかじるくらいなんだけど、


お昼も簡単にこんな感じ

Img_5527


で、今日もサバの干物焼いて食べたいなーと思い、


バスに乗って

Img_5503


花巻のヨーカドーまで来たのだが

Img_5531

鉛温泉からのバス代が 760円と言うのがイタい。政令指定都市にしか居住したことがなく、市内均一料金に慣れているので、ちょっとした距離でもバス前面の料金表示がどんどん上がるのがツライ。


|

« 温泉の周りの環境 | トップページ | 湯治場からお出かけ »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/41890/55126599

この記事へのトラックバック一覧です: 湯治場でのお食事:

« 温泉の周りの環境 | トップページ | 湯治場からお出かけ »