« ワンタン麺 | トップページ | 上海も暑いが »

2012年7月19日 (木)

京成バス(東京シャトル)

今日から大陸に行くのにどうやって行こうかと検討していて、ぐずぐずしていたら春秋航空のチケットが茨城発も高松発も売り切れてしまい、


ジェットスター

Img_5795

のサイトを見ていたら、朝6時成田発の関空行きなんていう便があって、どうやって成田空港まで行くんだろうと疑問に思っていたら、京成バスの新路線東京シャトルについての情報を発見した。

ジェットスター便用なのか、八重洲口を深夜 1時半に出て、第2ターミナルに 4時着という聞くだけで疲れてしまう便があった。途中サービスエリアで時間を潰すらしい。期間限定ではあるが東京駅八重洲口から成田空港まで 800円だそうだ。

結局スタアラの特典旅行を上海まで片道で発券した。直前発券手数料が $75がいつも痛い。


八重洲口の乗り場

Img_5790

もともと計画性が無いので前日にサイトを見ていたら、予約は二日前までとのこと。二日後の空席数を見ても 30席以上あったので、乗るのは木曜だしまー席は空いているだろうと思い予約無しで突撃。


なかなかいい感じの車体

Img_5787

12時ちょうど発のバスの乗客はたぶん 10人くらい。事前に予約をしていた人は 3、4人っていうところですかね。


前後は若干狭い気もするけど

Img_5789

新車で車内はとってもきれい。このあと LCC に乗るのであれば、最後のラグジュアリーな座席となるであろう。


宝町から首都高に入って、湾岸線を進むのかと思ったらそうではなくて、小松川線でした。1時間ちょいで2タミに到着。800円だったら京成の特急で行くより安いし、通常価格に戻ってしまう9月上旬までは使いたいな。


しかし、サーチャージとか空港使用料を加える前の片道運賃が春秋航空で2,000元、諸々含めると 2,500元、日本円で3万2千円くらいだったのでぜんぜん安く感じなかった。それで購入を逡巡して席が無くなってしまったのだが、ピーチが関空から香港に就航したので広東省に住むのも安くていいかもしれない。


で、結局取れた特典旅行が夜7時半発の国航の便ということで、空港に着いても暇でしょうがない。そんな時間発のフライトってホノルル行きくらいしか乗ったことない。浦東空港に着いてから地下鉄もうないし使い難い。チェックインして制限区域内でぶらぶらしようとしたら、この夜の便だけ時間的に離れているので Yのチェックインカウンターは夕方 5時まで閉まっちゃうし。


暇でしょうがないので送迎デッキで弁当を食べたりダラダラしていたのだが


写真は Delta と Eva だけど

Img_5793


さきの JetStar、AirAsia、スカイマークなどが頻繁に離発着し、成田の風景も変わってきたなーと実感。


しっかしいくら 20周年だからって、機体をキティちゃんにしちゃうエバーって...

Img_5793_2

ま、台湾の会社のことだから著作料も払っているだろうから許す。


|

« ワンタン麺 | トップページ | 上海も暑いが »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/41890/55230904

この記事へのトラックバック一覧です: 京成バス(東京シャトル):

« ワンタン麺 | トップページ | 上海も暑いが »