« 水戸黄門って放送できない | トップページ | FVC カードが届いてた »

2012年6月12日 (火)

戸越峠→雨沢峠と逆回り

を一昨日やってみた。逆に回ることで、激坂回避が目的(苦笑)。

自身が病み上がりみたいなものなので、あまり過激なのも良く無かろうと思い、逆に回るとどのくらい強度が下げられるのか試してみた。


瀬戸の山口の方から雲興寺

Img_5356


を抜けると、だらだらとしたというか一定の登りが峠まで続く。普通の人が登る方向と反対と行っても、25T を使ってしまう。コーナーもあまりなく、一定の割合で登っているので、そういう負荷をかけて練習するにはいいかも。


全部で2時間40分くらい、60キロ、755m登った。最高心拍数が166で、まあ逆向きだとあまり過激な坂は無いし、無事登るためにコーナーや傾斜を読んだりもあまり必要ないかな。アネロビックでのたうち回ることはないので、逆周りで筋持久力をつけてから、正規の時計回りで二つの峠を回るというのもありかと思う。

|

« 水戸黄門って放送できない | トップページ | FVC カードが届いてた »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/41890/54929762

この記事へのトラックバック一覧です: 戸越峠→雨沢峠と逆回り:

« 水戸黄門って放送できない | トップページ | FVC カードが届いてた »