« ウチの近所 | トップページ | この界隈で初めて鍼治療 »

2012年4月23日 (月)

だんだん

新鮮感というか目新しさが無くなっています、このブログ。ホテルに住んで普通に生活しちゃってます。

たいしたトレーニングはしていないのにすぐに悲鳴をあげてしまう私の身体に対する治療ネタはいろいろかいていますが、ほじくりかえしてみると、杭州で初めて御学友に鍼を打ってもらった話とか、広州での近所の中医治療院の話とか、そこで鍼打った話とか書いてました。


今日午後街を歩いていたら鍼灸を使ったダイエットとかうさん臭い広告のある医院を発見して入ってみた。受付のおねえさんに普通語上手だわね、などと言われてイイ気になったところで、そこら辺の相場よりだいぶ高い 100元というお値段で推掌をやってもらった。

腰がなんとなく痛かったので、直ぐに鍼でも打って欲しかったのだが、今日は推掌、明日鍼灸と言われたので、おとなしく言う事を聞いた。受付で話をした医者が施術をするわけではなく、中医大学を出たわりと若い人が推掌をやってくれた。明日は鍼だけの予定で、価格表によると50元ということだったので、すこしは財布にやさしいかも。


関係ないけど、ビルの解体現場

Img_4767

わかりにくいかもしれませんが、重機を使わずハンマーで4階建てくらいのビル壊してます。上からコンクリとかレンガの欠片が降ってきます。写真撮ったら、現場監督に怒られました。それにしてもビックリです。


あとは田子坊近くで

Img_4770

待ち合わせして晩ご飯食べてました。相手は私が浙江大学にいたときの御学友で、私より1年早く自由人をやめて上海で働いているので、会社勤めの先輩です。(苦笑)

急なコンファレンスコールが入ったということなので、上海にありがちな小龍包と麺のチェーン店に入ったのだが、野菜がなくて(広東地区でよく出てくるような青菜をでろ〜んと炒めたようなヤツ)、御学友は中文を駆使して、打工の女の子にメニューにない青菜をもってこさせてました。チェーン店にメニューにないものを出させてしまう御学友のバイタリティに感服しました。

|

« ウチの近所 | トップページ | この界隈で初めて鍼治療 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/41890/54545189

この記事へのトラックバック一覧です: だんだん:

« ウチの近所 | トップページ | この界隈で初めて鍼治療 »