« 上海観光 | トップページ | 魯迅故居の前のおじさん(続き) »

2012年4月16日 (月)

魯迅故居の前のおじさん

魯迅公園の近くのホテルに住んでいるので、魯迅先生にまつわるところを観光で回ってみた。


その前に

Img_4667


虹口サッカー場北に温水プールを発見したので、12時から13時まで泳いだ。25元。初回利用者は眼病の検査をしなければいけないらしく、検査費用 6元。

平日は 7:00-8:00、12:00-13:00、19:00-20:30 の営業時間で限られた一般営業時間枠なので、人がいっぱい。その他の時間はバスに乗って生徒が水泳の授業に来るのを見た。


実は昨日行ったのが 16時過ぎてて入れなかったのだ

Img_4656


展示物のある内部は撮影禁止なので

Img_4672


《有的人》臧克家が魯迅先生没後13周年を記念して書いた詩

Img_4670


百度先生によるとそうらしいのだが、展示を見る前にこの詩の一字一句に見入ってしまった。現状がこの詩と全く反対の状態になってしまっていて、言葉も出ない。

有的人,把名字刻入石頭,想“不朽“

のところでは、この国の前の指導者を思い浮かべたのは私だけであろうか。名所旧跡にやたら滅多、石に名前を刻んで見苦しいったらありゃしない。


内部は撮影禁止なのと明日また展示を見に行くかも知れないので、今日は省略。


近くにはこんな景色も

Img_4674


あんな建物もあります

Img_4676


魯迅先生のお宅

Img_4682

8元払って警備員と一緒に見て回った。やはり日本人の観光客が多いようだ。

写真にあるように16時で閉まるのだが、その前後そこの職員と保安と対面の住人としばらく話をした。

前に住んでいるおじさんは有名人なのかもしれないけど、なんか芸術家みたいなことを言っていた。ご本人は美国のグリーンカードも持っているが半分くらいは上海に居るようで、娘か息子が南山大学に留学していた話もした。

一般的な日本の話題や、清と民国時代の両国の留学その他交流、日本に留学した経験のある指導者の民国時代に果たした役割、関係ないけどアメリカでの暮らしの話などをした。いい人だった。暇な時にまた行ったらお話してくれるかな。


あとは多倫路文化名人街を見て回っておしまい

Img_4688


|

« 上海観光 | トップページ | 魯迅故居の前のおじさん(続き) »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/41890/54489865

この記事へのトラックバック一覧です: 魯迅故居の前のおじさん:

« 上海観光 | トップページ | 魯迅故居の前のおじさん(続き) »