« Siri が友達 | トップページ | 広州ー蛇口ーHKIA »

2012年3月22日 (木)

ついに念願成就

以前に大学の男子寮に潜入した時の感想を書いたのだけれど、今日はついに念願の禁断の女子寮に。あ、別に変態じゃないです。ただ荷物を持っていただけなのです。


今月末でマンションを退去しないといけないし、なにをトチ狂ったのか明日からKLにお出かけしてしまうので、ここ数日はこの2年間で蓄積したものを処理している。


昨日は日本語の本、30kgくらいを大学内の寮に住む日本人の人に預かってもらうようお願いした。次回広州に来た時とかに引き取って自分でキャリーするつもり。

衣服も帰国する度にコッチに持って来て着ていた。結局ココでは靴下以外買った事が無い。日本で着るのはちょっとなぁ、という服でもコッチで着ている分には恥ずかしくないので。この2年で帰国する度だんだん量が増えてしまった。船便で 15kg程度実家に送り返した。

今日は英語の本 10kg程度を毎週普通語の補習をしてもらっていた修士課程の学生の預かってもらった。彼女、大学時代は英語が専門だったので、喜んでもらえたようだ。社交辞令かもしれないけど。自分の引越し以降の計画の無さ、だらし無さゆえ、みなさんにご迷惑をお掛けしております。


ま、とにかくそう言う理由で今日は女子寮にお邪魔したわけ。荷物を運んでいますと言ったら、門番をしているガードマンも我々を中に入れてくれた。新しく建てた寮の建物のようだし、思ったより立派だった。


ここで電話で長話しないで

Img_4454

との張り紙。まー寮だとプライバシーが無いし、階段の踊り場でボーイフレンドと長電話をするのだろうが、その前の部屋に住んでいる私の先生が夜眠れないので張り紙をしたそうだ。

男子寮と女子寮の違いがたいしてあるわけでなく、雑然としているという点ではどちらも同じだった。細長い部屋の両側に勉強机があり、その上にベッドがあるという作りで、共同では無く部屋ごとにトイレとシャワーがあった。


関係ないけど、以前にドイツ語版を間違えて買ってしまった

Shantaram by Gregory David Roberts をやっと読み始める

Img_4453

ストーリー中のムンバイのスラムに思いを馳せ、海外で沈没しながら又は旅行しながら読む本としては最も最適な種類だと思われる。

飛行機の機内での読書って、他に何も出来ないというのもあるけど、結構集中できるので好きだったりする。明日からゆっくり読もう。

|

« Siri が友達 | トップページ | 広州ー蛇口ーHKIA »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/41890/54284113

この記事へのトラックバック一覧です: ついに念願成就:

« Siri が友達 | トップページ | 広州ー蛇口ーHKIA »