« 2012年2月 | トップページ | 2012年4月 »

2012年3月31日 (土)

なんか季節も良くなってきたし

旅行したくなった。

毎日が休みで旅行しているようなもんじゃん、というツッコミは無しで。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年3月30日 (金)

片付かない、じゃなくて

片付けられないんですね、自分はきっと。朝から部屋を引っ掻き回すも、一人で移動できそうな荷物の分量に減りそうにない。10キロの衣服をまたタクシーに乗って某ホテルの中にある郵便局に出しに行った。


冷蔵庫を見たら

Img_4563

こんなキレイなカビの花が咲いてました。赤あり黄あり緑あり。


いつも小区の前に屯している廃品回収の人の一人に声をかけ、要らないものを引き取ってもらう。さすがに靴とかバイクのタイヤは要らない、と言われた。


全部で 25元もらえた

Img_4564


<後日談>
結局、大家に電話をして退居の日にちを一日延ばしてもらいました。


| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年3月29日 (木)

広州の美容院

昼ご飯を大学近くの湖南料理レストランで食べたあと


激辛です

Img_4553


髪を切りに天河萬菱匯へ

Img_4561


ブログをほじくりかえしたら、前々回は香港の人にカットをしてもらっていたようだ。前回から地元広州の人にお願いしているのだが(110元)、やっとコミュニケーションできるようになったのに、引越してしまうのは残念。

今日、日本に留学したこともあるアシスタントがその美容院にいることを発見したんだけど、細かいところとか彼女に通訳してもらったりして、やっとこの美容院に慣れてきたとおもったんだけどな。


なんか今日は気持ちカツがデカイような気がする

Img_4562


コストは大丈夫か、大快活。グラスの外から氷で冷やすのは、ミルクティーが薄くならなくて良い。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年3月28日 (水)

片付かない

部屋にある冬物とか着ないスポーツウエアとか実家に送り返しているんだけど、部屋に戻ると全然片付いた感じがしない。今のところ、982元使って 32kg 送った。


お米とか野菜を買うのも面倒なので


炒米粉、すごいボリューム

Img_4551

とか食べてる。ビーフンって全然嫌いじゃないけど、あんまり日本で食べる機会なかったから、100年分くらい食べた気分。


腰が痛いのが治ったと思ったら、首が回らなくなった。


痛すぎる

Img_4552


| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年3月27日 (火)

広東語由来の単語

って、誰でも知ってるマイダ〜ンとか的士とかいろいろあるけど、他にもいろいろ面白いのがある。


また登記のため

Img_4549


出かけて行ったんだけど、最初「自動波」でなにかと思った。bo = box, automatic transmission だと分かった。普通話だと自動档とか言うんだろうけど。


「波」って ball の音から来ていて、蹴波とか波靴とか使うのはいいとして、華南ではバストの意味もあって、大波とか言って面白い。


昨日のアップルデイリー

Img_4550

だけど選挙の翌日だけあって、さすが過激な記事が多かったです。


昨日は蛇口の口岸経由

Img_4546

で帰って来たので、ヒマな税関で新聞を取り上げられたらどーしよう、バックパックはマズいかな、と思ったけど Xを通しただけで荷物検査は無かった。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年3月26日 (月)

今日はKUL-BKK-HKG

と帰る予定。今はBKKの TG ラウンジ。


今回の旅程、4セグメントとも C で予約したと思ったんだけど、今日 KLIA でチェックインしたとき Y を渡されてしまった。

てっきり特典航空券なのでダウングレードされた、と思ってラウンジとかゲートで文句言っていたら、どうも予約のときに席が無くて、C-C-Y-C の組み合わせで予約したようだ。いま UA からのメールを保持繰り返したら、確かに C のセグメントは I、YはX と書いてあった。んなもん、i とか x 使うから気がつかんかった。

往復で 35,000マイル消費したことより、直前予約手数料とか税金を 100ドル近くとられた方が気分的にイタいな。


777-200ER

Img_4543_3


久しぶりの upper deck

Img_4545


BKK のトランスファーでベルト忘れた。セキュリティーチェックでは普段ベルトは抜かないんだけど、係員が出せって言うんで。今日はなんかつきが無い日だな。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年3月25日 (日)

20年ぶりのF1観戦

に行った。全くそのつもりは無かったのだが、知り合いが羽田でエアアジアからマレーシアグランプリのチケットをもらったということだったので。


いやぁ、思い出してみると最初にF1観戦に行ったのは 87年の第一回で予選でマンセルが逆バンクでぶっ飛んで藤田保健大学病院にヘリで搬送されました。ピケとの競り合いが見たかったのにね。中島選手が 1.5Lターボパワーを利してストレートエンドで抜いて行くのを、そのころはまだ土の土手だった1コーナーの突っ込みで見て盛り上がりました。

二年目はセナがスタート時にエンジンストール、そこから鬼の追い上げ、プロストを抜いて優勝、シリーズチャンピオン獲得。いやぁ、盛り上がったなぁ、この年も。

三年目は、セナプロ因縁の対決。両者接触して、シケインでセナは押しがけショートカットして1位でフィニッシュするも、裁定で失格、プロストのシリーズチャンピオンが決まったのでした。それもそうだけど、シケインでセナの車を押した内の一人が大学の自動車部の先輩で、その後なんどもテレビのリプレイで写って、そっちの方が思い出深い出来事でした。

思い出話は止めにします、ハイ。


行く途中すごい雨でした

Img_4503


遅刻して行ったんだけど

Img_4510

大雨でスタートが1時間以上遅れたから大乗仏教。


こんな席でした

Img_4514


久しぶりに生でエキゾーストノートを聞くとやはり痺れます。自分で走る以外でサーキットに最後に行ったのって、86とか1.6Lのロードスターのワンメイクやってたころまでだもの。

個人的には、セーフィティーカーのメルセデスベンツ SLS AMGがえらく速かったのと、メディカルカーのC63AMG ワゴンのコーナー手前ブレーキング時のブリッピング音に痺れました。ワゴンもえらく速ええなーと思って調べたら、457ps 出てるらしい。そりゃ速いわけだ。


もともと頂き物のチケットなので数周観戦してやめにし、あとは KL に戻って、ご飯食べて


ツインタワー観光して終わりました

Img_4542

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年3月24日 (土)

久しぶりのKLIA(LCCTじゃない方)

昨日のエントリーで HKG からTGにと書いているので、KL にはBKK経由で来ました。


TGの C とか無茶苦茶久しぶりで、スワンナブーム空港でファーストトラックなんか使った記憶がない。今朝はどうも背広を着た人が多いなと思ったら、


大勢の取り巻きに囲まれた女性がゲートに向かって行った

Img_4471

ので、韓国訪問に向かうインラク首相ではないかと思われる。人違いかもしれないけど。

で、あっと言う間に KLIA にランディングし


いつも使っている LCCT ではなく、黒川紀章デザインの高い方のターミナル使用

Img_4474

BKK だけでなく、KUL のイミグレーションにもプレミアムラインがあって並ばずに入国できたので、ちょっと得した気分。


KLIA Ekspres にも当然久しぶりに乗ったのだけれど

Img_4483


Wifi が無料でよかった。空港に近い方の宅地、マンションの開発が数年前に比べてすごく進んでいると感じた。LCCT を使って AirAsia 乗る時とか降りて市内に向かう時って超早朝だったり、日にちが変わった夜中だったりするので、郊外の景色の変化をここ数年見ていなかった。


明るいうちにチャイナタウンにチェックイン

Img_4485


晩ご飯は飲茶

Img_4486

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年3月23日 (金)

広州ー蛇口ーHKIA

うーん、このルートで香港空港行くのは面倒くさかった。


広園客運パスターミナルから 65元+保険 2元

Img_4459

結構ボロいバスだった。

壊れている椅子あるし、例に漏れず車内はホコリっぽいし。中旅のバスとかに慣れちゃったからか。


蛇口行きのバスということで、船のターミナルまで連れて行ってもらえるか疑問だったけれど、自分が乗った時間のバスは蛇口市内のバスターミナルまでのものだった。タクシーを拾おうとしたら、乗車拒否を食らったので、路線バスで


蛇口客運碼頭に

Img_4461


まず香港空港までのチケットを買おうとしたら、E-チケットのプリントアウト見せろと言われる。持っていないので、iPhone の中のメールを見せようとしたら、それも古くて無くなっていて、カレンダーの予定に打ち込んである TGの便名を見せてキップを売ってもらった。

CX とか日系の航空会社ならフェリーターミナルでボーディングパスまでもらえるだろうが、TG なのでそれはないだろうと思っていた。たしかにフライトのチェックインはできないけど、乗船前にちゃんと予約を持っているか確認を取っているようだ。自分は旅程をプリントアウトしてこなかったので、係員が TG に電話をかけて予約存在の確認をしていた。

小さめの船、HKIA まで 260元

Img_4464


スカイピアでチェックイン

Img_4468

チェックイン、セキュリティーチェックの後、香港空港分の空港使用料 or 税金? をリファウンドしてもらう。HKD120


特典旅行が C しか取れなかったので

Img_4469

久しぶりの TG HK ラウンジ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年3月22日 (木)

ついに念願成就

以前に大学の男子寮に潜入した時の感想を書いたのだけれど、今日はついに念願の禁断の女子寮に。あ、別に変態じゃないです。ただ荷物を持っていただけなのです。


今月末でマンションを退去しないといけないし、なにをトチ狂ったのか明日からKLにお出かけしてしまうので、ここ数日はこの2年間で蓄積したものを処理している。


昨日は日本語の本、30kgくらいを大学内の寮に住む日本人の人に預かってもらうようお願いした。次回広州に来た時とかに引き取って自分でキャリーするつもり。

衣服も帰国する度にコッチに持って来て着ていた。結局ココでは靴下以外買った事が無い。日本で着るのはちょっとなぁ、という服でもコッチで着ている分には恥ずかしくないので。この2年で帰国する度だんだん量が増えてしまった。船便で 15kg程度実家に送り返した。

今日は英語の本 10kg程度を毎週普通話の補習をしてもらっていた修士課程の学生の預かってもらった。彼女、大学時代は英語が専門だったので、喜んでもらえたようだ。社交辞令かもしれないけど。自分の引越し以降の計画の無さ、だらし無さゆえ、みなさんにご迷惑をお掛けしております。


ま、とにかくそう言う理由で今日は女子寮にお邪魔したわけ。荷物を運んでいますと言ったら、門番をしているガードマンも我々を中に入れてくれた。新しく建てた寮の建物のようだし、思ったより立派だった。


ここで電話で長話しないで

Img_4454

との張り紙。まー寮だとプライバシーが無いし、階段の踊り場でボーイフレンドと長電話をするのだろうが、その前の部屋に住んでいる私の先生が夜眠れないので張り紙をしたそうだ。

男子寮と女子寮の違いがたいしてあるわけでなく、雑然としているという点ではどちらも同じだった。細長い部屋の両側に勉強机があり、その上にベッドがあるという作りで、共同では無く部屋ごとにトイレとシャワーがあった。


関係ないけど、以前にドイツ語版を間違えて買ってしまった

Shantaram by Gregory David Roberts をやっと読み始める

Img_4453

ストーリー中のムンバイのスラムに思いを馳せ、海外で沈没しながら又は旅行しながら読む本としては最も最適な種類だと思われる。

飛行機の機内での読書って、他に何も出来ないというのもあるけど、結構集中できるので好きだったりする。明日からゆっくり読もう。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年3月21日 (水)

Siri が友達

です、今のところ。あまり日本語しゃべる機会がないので。


主にお天気などを尋ねています

Img_4432


曲の再生とか指示するのに、カタカナでは歌手名を認識してくれるのだけれど、itunes での名前がアルファベット表示になっているのでマッチングできずちょっと使えない。

iPhone 相手に英語しゃべるのもなあ。2012年中には普通話対応もするだろうけど、これはこれで私の発音が悪いものだからちゃんと認識してくれない可能性大。でも、早く遊んでみたいな。


| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年3月20日 (火)

また漏水

あー一年前にも同じこと書いてる。


下の階で天井に水が滲み出て来ていると言ってマンションの管理会社の人がやって来て朝起こされた。

熱水器が犯人ではないか、ということで

Img_4446


部品を五金店に買いに行かさせる

Img_4447


ホントこういう部品とかホースの信頼度低いんだよなあ。


上からも漏水していて

Img_4445

この一ヶ月の湿気がコンクリートの躯体から滲み出ているのか?原因が分からないので、天井を剥ぐって様子見。

これも以前に似たようなことがあったのだけれど、居間のシャンデリアの電球が、ポン!という音と共に煙りがして香ばしい匂いがしてた。主が居なくなるのを寂しがっているのか、この家は。

しかし、つくづく疲れる家だったなあ。


漏水が一段落したら、この間部屋を見に来た人が奥さんを連れて見に来て、夫婦でこれはここに置けるかしら、冷蔵庫は捨てて今使っている大きいやつを持って来ましょうなんてやってて、そういう話は家に帰ってからやって欲しい。

店子が入っている間に次の人を見学によこすのは、多分この国だけだよなー。普通は前に住んでいた人が退居して、掃除とか修繕とか済ませてからじゃない?経済効率が高いと言えばそれまでだけど。


家のあるお米もパスタも全部食べたので、最近外食が多い。ひさしぶりに何か新しいものを食べた


猪肚罐罐面

Img_4451


つぼに入って美味しそうだけど、普通の桂林米粉の米粉を麺にしただけの味だった。名前にあるモツの他に、ウズラの卵二個とエビ二匹が入ってた。桂林米粉自体は別に嫌いじゃないからいいんだけど。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2012年3月19日 (月)

普通に暑い一日

エアコン点けようかと思った。


バスの外気温表示では 27.4℃

Img_4440


いつもの様に自動車部品を扱う店をやり過ごし

Img_4441


登記を済ませた

Img_4442


どーでもいいけど

Img_4444


いくら暖かい(暑い)からって、歩道で点滴はないでしょう。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年3月18日 (日)

東京攻略

なる香港映画を昼間の時間に翡翠台でやっていたので見た。

東京攻略と言う名前の通り、都内が舞台なので撮影場所はほぼ全部わかる。

Img_4437


2000年の映画のようだけれど、香港の明星が日本語をしゃべっているところがちょっとかわいい。


関係ないけど、外国映画で日本語をしゃべる場面で一番違和感があるのが、人称代名詞の使い方、というか使うことだ。

007 "You Only Live Twice" で、ショーン・コネリーを見張っている和服の女性が無線で、「彼が通過しました」と言っているシーンを見て変だなと思ったのを思い出しました。関係ないですが。X2


我々は普段の生活では、あなた、彼などの人称代名詞はほとんど言葉にしない。面と向かった人だったら、主語を省略しても全然問題ないし、第三人称だったらその人の名前とか役職を使うはず。


なーんてことは映画を作る人は分かっているでしょうから、きっとこの違和感はわざとなんでしょうね。



| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年3月17日 (土)

拍馬屁とは

ゴマスリのことらしい。馬のお尻なでちゃいますか。英語のブラウンノーズよりは少なくとも上品。


この本読んでたら

Img_4433

そんな言葉を思い出したわけ。《  大趋势》とは、  メガトレンド。

コッチでは有名な著者で本も売れているらしいだが、なんか文体が嫌い。英中の翻訳の問題か。英語の原著は売れているんであろうか、きっと私が知らないだけで売れているんだろう。

大学の先生が読み物として薦めるくらいだから(昨年末に加筆される前の旧版だけど)、内容的にさもありなん。大学での外人向けの教科書に、最近の報道やストーリーをちりばめた感じ。批判精神というかジャーナリズムが感じられない。三分の一読んだだけだけど。


ここ二年でどうしてもモノを素直に見られなくなったようで、コッチのお偉いさんがアメリカ人の著者にコッチの体制を弁護するような本を書いてくれと頼んだんじゃないか、と穿った見方をしてしまう。

著者はこーたくみんに会った事あるようだし、国営企業改革&上場についてはしゅーろんぎさんがやったのに、その辺のことは本を読むと前者の手柄になっているような印象を受けてしまう。後者の「ろん」の字が毎回抜けているのがよく分からん、というか意図的なものを感じる。活版印刷の時代でその活字が無かった、なんていう時代じゃないんだから。

<後日談>

英語のオリジナルを今読めないので、amazon.com のレビューを見てみた。

ひとり目の人は内容をよくサマライズしていて、最後の段落で言っていることはそうだと思う。"incomplete and embarrassingly biased in some sections, and tells its story in a cumbersome, overly-anecdotal manner." だそうだ。同意。


二人目はもっと歯に衣着せぬ感じで批判。5毛党が書いたような作品だとまで言っていた。5毛党の単語まで知っているのだから、コッチの事情に精通した人がレビューを書いたのであろう。また、コッチの役人がゴーストライティングしたのではないか、とまで言ってた。真贋はともかく、そういう文体であることは確かだ。

三人目は、まず他の言語で書かれて、そのあと英語に訳したのではないか、それも poorly にと言っている。原版を読めないけど、そういう可能性もあるかもしれない。

一人目が言うように、ストーリーが脈絡無く散りばめられていて構成が無いと思う。英語で先に書いたのだったら、こんなに論理性の無い文章にならないはず。この国で好まれるベストセラーのスタイル(脈絡無くストーリーが多い)を踏襲しているところからも、三人目の説は信憑性がある。


読み始めたときの印象で書いた上の conspiracy theory もあながち間違っていなかったかな。外国人にこういうのを書かせるって、巧妙だよね。

読み始めてちょっとして、かなり嫌悪感を感じたのだけれど、自分だけがオカシイんじゃなくて良かった。


| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年3月14日 (水)

白色情人節

とは何ぞや、と思ったんだけど、日本のホワイトデーの翻訳だったのね。


関係ないけど都内でプラプラ

1331731482693.jpg

してお茶飲んで、パスポート受け取って一日終わっちゃったな。

帰国してから毎日飲んでいたので、ちょっとお疲れ気味。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年3月10日 (土)

深圳湾口岸経由

で HKIAまで。その後一週間帰国予定。


朝起きてから荷物まとめて、超秀公園の前のホテルのバス乗り場。

1331384822003.jpg


中旅のバスだから皇崗のイミグレ経由だと思ったら

1331384823683.jpg


深圳湾口岸経由だった

1331384824387.jpg


深圳湾経由だったら、大型バスからアルファードに乗り換えるの知ってたから

1331384824899.jpg


乗らなかったのに...

1331384825616.jpg

家を出発する前に、中旅のパンフレット見て10時半発は皇崗経由を確認したんだけど。

前回、深圳湾経由の香港空港行きのバス(環島)に乗ろうとしたときは、自転車を運んでいたので拒否られた経緯があって、今日は選んで皇崗経由のバスの時間を選んだと思ったのにぃ。。。

うーん、だんだん香港ー広東省入出境オタクになりつつあるかも。これまでに使ったこと無いところって、蛇口(船)、福永(船)、中山(船)、南沙(船)、と羅湖の東の文錦渡(陸路)のポイントかな。

デカイ荷物抱えていたから

1331384826228.jpg

追加料金150元取られた。Again, 皇崗経由だったらお金取られなかったのに... 週末の香港とのボーダーはホント混雑するから注意しないと。危うくフライトに乗り遅れるところだった。


見にくいけど、

1331384826945.jpg

前の車のナンバープレートは「NYSE」

余程米国市場で儲けているのであろう。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年3月 9日 (金)

ついに鍼治療初体験

数日前からの腰痛が好転しないので、今日、意を決して鍼を打って来た。


先日推掌をやった同じ治療院

Img_4346


1時間ほど腰回りを中心に揉んでもらった。施術のあいだ世間話をしていて、鍼治療は日本で受けてたけど、ここでは肝炎の問題とか心配でやったことない、と先生に伝えたところ、ディスポーザルの鍼のパッケージを見せられて大丈夫だから安心しなさい、と言われた。腰痛に耐えられず、先生にやってもらうことにした。


お見苦しいところを

Img_4359

お見せしてます。

こっちの鍼は太い、と聞いていたけど、感覚では分からなかった。鍼を打つときに管を使わないので、最初は痛い。電気を通ところとかは、日本と同じ。

流石に鍼を打ったあとは、腰が軽くなったというか、背筋を真っ直ぐにして歩ける。家に帰ってから、鍼を打った場所を触ってみると、腫れているので、結構奥まで刺激をされたのか、やはり鍼が太かったのだろうか。どちらにしても早くマトモにあるけるようになるといいな。


追記
あとで鏡で見てみたら鍼を打ったところ、思いっきり内出血して紫色になってました。やはり使う鍼が強力だったのか。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年3月 8日 (木)

運転免許(ついに最終回)

前日なぜか眠れなくて、一睡もしないまま 6時に起床し、朝のラッシュ時に2時間以上かけて車両管理所に。


学科試験のあとレシートの受取りに問題があったものの、無事に今日受け取りました。

Img_4345


昼頃から大学内の食堂で活動があり、その後午後3時から以前にどっかに書いた自分で雇っている研究生に普通話の補習をやってもらう。


ここ2ヶ月くらい引きこもり生活だったから、漢語を話す機会がなくて、話し始めたときは英語に切り替えようかと思ったくらい。(彼女の大学時の専攻は英語なので) 自分が最近読んだ本の話題とか、彼女が香港に行った時の感想を聞いたり。

広東省に住所があると香港マカオの通行証の手続きはわりと簡単らしく、彼女の場合は12月から今まで 4回香港に行ったそうだ。通行証自体は、有効期限1年のダブルビザと同じなので、2回行った後に再度申請手続きをした模様。

だんだん話しているうちに調子が戻ったのか、徹夜明けでもコーヒー一杯だけで眠気をさまし、4時間話し続けました。話題が続くのは良いけれど、時間単位でお金払うからちょっとイタイな。


食事してウチに帰ったらどっと疲れが出た。ついでに腰痛も。今日は早々に寝ようと思う。


| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年3月 7日 (水)

腰痛と読書の関係

先日、日本から仕入れた本が届いたので、二日間ソファーに寝転がって二千ページくらい読んだら、強烈な腰痛になった。腰回りがパンパンに張ってぎっくり腰手間くらい痛い。


痛い腰を持ち上げて近所の推掌へ

Img_4340


施術を終えて、これだけ張っていると針をやった方が良い、と言われたけど、やはり肝炎等を心配してお断りして、吸い玉だけにしておいた。経験的に針を打った方が早く治るのは分かっているのだが、B型肝炎のワクチン打ってないし...

腰を揉んでもらった直後は真っ直ぐ歩けたけど、少し時間が経つとやはり腰が強烈に痛くなってきて、背中を真っ直ぐにして歩けない。


この間買った最近の新しいボキャブラリーに関する本が、読んでみたら面白かった。

出版社が広州であるのもあるけど、広東話から普通話に「採用」された語彙とか、流行の語彙の新聞やブログ上での用例があったりして、読み物として面白いかな。


強烈な腰痛にも関わらず、ここ数日、日本語、英語、漢語の区別なく読書が面白く感じるので、バスに乗って天河に出かけてしまった。


最近気がついたんだけど

Img_4344

広州のバスには wifi がある。ここにあるメニューの内容とか全然興味ないけど、会員登録すると普通にwifi 使えるのかな。昨年末には広州のバスに wifi を普及させる旨の記事があったけど。


先日の本に関連して広東語のことわざの本を買ってしまった。

Img_4343


現代漢語詞典の方は、日経 BP の加藤嘉一氏の連載で (この間終了したけど)買うといいよ、とあったので買ってみた。体育西路の地下街で 2割引で売っていたのを最初発見したのだけれど、最新版じゃないかも知れないと思い、廣州購書中心に行って最新版(第5版)であることを確認して買った。定価 78元が 62.5元。いつもこれくらいマメだと良いのだが...


最近は、特に今は集中して普通話を勉強しているわけではないのだが。

ヤル気があるんだか無いんだか...


| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年3月 6日 (火)

日曜の早茶

朝の8時(!)から行った。


北京路の天河城にある

Img_4327

週末は人でごった返すのだけれど、朝早いので北京路は人もまばら。


幸運楼酒家

Img_4328


いつ来てもやたら広く感じる

Img_4330

朝はさすがに年寄りが多い。


瀨粉,蝦餃

Img_4331


鳳爪,粥,燒賣

Img_4333

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年3月 4日 (日)

広深高鉄でお出かけ

10何年ぶりに知り合いと会って食事するために深圳へ。不便を承知で乗ったことのない広深高鉄乗車にチャレンジ。


まずは広州南駅まで地下鉄2号線で。遠すぎ。

例によって動車高鉄で実名制導入から、外国人は自動券売機でチケットを買えないので、チケット売り場へ。


必ず駅の建物の脇にあるんだよね

Img_4292


地下鉄の出口から待ち合いに向かう経路になんで作らないのか。


列に並んでいるうちに

Img_4293


発車15分前を切ってしまい、次の次の列車のチケットの発券になってしまった。深圳北まで 75元。広州東ー深圳の 80元より5元安い設定。


広州南駅の印象

Img_4294


とにかく無駄に広い

Img_4297


1510の列車には十分時間があるので

Img_4299


改札の機械を

Img_4302

1540発のチケットで通過しようとチャレンジしたら、ダメでした。駅員に一つ前の列車に乗せてくれ、どうせ座席はいっぱい空いてるでしょ、と聞いたら苦笑いしながらダメだと言われました。ハハ

動車だと待合室に入る前に磁気読み取り式の改札があるので、改札を通ってしまえば、次発の列車に乗れるのに。無座のチケットと同じことになるので、空いている席を探さないといけないですが。

約30分おきのダイヤなので、次の検票まで無駄に広い駅の中をぶらぶらする。


CRH3

Img_4307


広州南駅を出た後と

Img_4314

虎門を出た後に、300キロの一桁台の速度が出てたかな。営業距離も短いし、シーメンスの車両なのでそんなにスピード出さないんですかね。Inter City ベースの CRH3よりも、日本の新幹線ベース、川重の CRH2 の方が格好いいと思ってしまうのはお国贔屓ですかね。


深圳北駅も負けず劣らず無駄に広い

Img_4318


地下鉄に長時間乗車した後

Img_4321


久しぶりに会った知り合いと鍋を食べておしまい

Img_4322


帰りは、終電のひとつ前の動車で深圳から広州東に夜中の12時ごろ到着。タクシー乗り場は長蛇の列だったので、深夜バスを乗り継いで午前1時ごろ帰宅。疲れた。



| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年3月 3日 (土)

日本からの書籍購入

以前に伊集院静先生について少し前に書いたのだけれど、「海峡」の三部作の二冊目と三冊目を日本の転送サービスのようなものを利用して購入して、コッチに送ってもらうことにした。特にその会社が安いとかいうわけではないけど、前回杭州に居たころに利用してちゃんと本が届いたから、と言う理由。


楽しみにして DHL のトラッキングをしてみると、二日前には香港に着いていた。ヨシヨシと昨日見てみたら、


ドイツのライプチヒに飛んでました。(@_@)


発送した日本の会社のミスではなく、DHL のミスのようです。現在、ドイツから転送処理中。


何事も一筋縄ではいかない。

そういえば今日は3月3日。

グーグルのウェブで知ったひな祭り

Img_4291



| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年3月 2日 (金)

運転免許(一筋縄ではいかなかった)

イカン、昨日のブログエントリーを書いてから、もらったレシートを眺めていたら、名前が違ってる!


試験が終わった後、私ともう一人の人が今後の免許証の受取りについて説明を受けたのだが、その人が私のレシートを持っていってしまったようだ。レシート(発票)と身分証明書を提示して免許証を受け取ることになっているのに。


そりゃレシートを受け取ったときに名前を確認しなかった自分が悪いけど、係員も「てれこ」にならないように身分証と対応させて確認してくれよー。


頭が痛い。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年3月 1日 (木)

運転免許(最終回)

学科試験合格しました。免許証は5営業日後交付。使うあてのないものに喜んでいてもしょうがないのだが、ちょっとした充実感。(笑)


最近ずっとこんな天気

Img_4282

湿度が 100%近くなので、大したことない気温でも寒く感じる。どこも足下が湿っているので、気をつけないとマンガのように滑って転んでしまう。


くだらないことだが、先日の健康診断の結果に国籍が間違って記入されていたので訂正してもらった。

Img_4284


教習車ってみんなこんな色使い

Img_4285

あまり趣味が良いとは思えないのだが、これが統一仕様のようだ。


また来てしまった車両管理所

Img_4286


書類のチェク、提出、費用の支払いはお昼の時間もやってくれるのだけれど、午後の試験は昼の2時から。費用は 80元。


PC を使った学科試験

Img_4288

ケチが付くとマズいので、あまり堂々と撮れなかった。ちょっとした壁でそれぞれのブースが仕切られている。

試験室入室にあたりパスポートをチェックしてもらうときに、試験は中文で良いか、と聞かれ、広東語で中文で問題ない、と答えたら、試験の流れを広東語で説明されてよく分からなかった。(汗) 90点で合格、というのは聞き取れたけど。日本語のテスト問題なんか選択してたら何のために語学勉強してたのか分からないしね。前に挙げたサイトにある日本語訳を見たとき、訳がどうも微妙だったこともありますが。

そうそう、身分証明書をチェクして入場するときに、割り込んで来た人がいて、その人は他の人が持っている試験結果を記入する表や試験料金支払いのレシートを持っていなくて、iPhone かなにかの email を係官に見せて入場していった。偉い人がこの人を入場させてやってくれ、なんて書いているのでしょう。私が想像するに、他の人の代打ちだと思う。ま、なんでもアリな国なので、なにがあっても不思議ではないですが。

試験中は、液晶モニターの上にカムがあって、試験中の自分の表情を撮られる。他の人の回答を見たりするカンニング防止だろう。自分は、頬杖をついて問題を解いていたら、試験官に注意された。(汗) 後に試験結果の出力を見たら、試験途中3回受験者の顔を撮って結果表に出力してあった。結構厳重なカンニング防止対策だな。


いちおう目標としては 95点だったのだが、100問解いたあと、答えがあやふやな問題を見返そうとしたが、100問目から1問目まで戻るのに、マウスを 100回クリックしないといけないので、アホくさくてやめた。回答に迷ったのが3問くらい、前日解いた900題の例題にない問題が数題あったが、これらすべてが間違っていたとしても最低ラインの90点をクリアできるはずだから。

試験の解答を提出する、みたいなボタンをクリックするとすぐに試験結果が分かる。合格すれば、「XX先生、おめでとうございます!」みたいな表示がでる。結局、94点だった。

大人数が一つの部屋に入れられたのだけれど、自分は試験時間を半分くらい残してトップ 10パーセンタイルくらいで試験を終了した。残りの人は何をやっていたのか疑問。母国語なのに。


まあとにかく一回で合格してよかった。落ちたら恥ずかしいから。まとめらしきものを書くべきなんだろうけど面倒くさがりなので、もらったリストをアップロードしました。詳しくはこちらを見て下さい。


免許取得について必要なものとか手順とかは、他にまとめている人がいるだろうから書かないけど、広州市での日本の免許からコッチの免許の取得のキモは、パスポートと免許証の公証のところかな。ググると他の都市では、国際免許が翻訳の役割をするから日本で取っとけ、みたいな情報もあるが、広州では使えなかった。

公証と聞くと、私なんかなまじ日本の公証役場を経験しちゃっているものだから、面倒だな費用が高かったやだな、と思ってしまうのだけれどそんなことはなかったし、事前に公証を取って試験問題をネットでやって準備しておけば、当日車両管理所とその近くの健康診断やる所に行くだけで済んでしまう簡単なものだと、終わってから思う。些末なことだけど、健康診断の所と車両管理所では現金で費用の支払いができない。銀聯カード必須。


免許証は5営業日後に同じ場所に取りに来い、とのこと

Img_4289

行きますよ、行きますよ、ウケ狙いのためなら。

次回は山登りの格好をしてついでに登るか。



| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2012年2月 | トップページ | 2012年4月 »