« なんだよ〜 HSBC Japan | トップページ | Google+ って »

2012年2月23日 (木)

おっちょこちょい

という日本語も最近あまり使いませんが...


前に Shantaram について書いたのだが、日本語訳上中下と三冊買ったものの、まだ 100ページくらいしか読んでいない。


インドムンバイの街の状況とか vivid に描写してあっていいのだけれど、どうも没入できない。数ページ読んで横に置いて、とかやってると全然話が進まない。翻訳が悪いと言っているのではないが、どうも具合がよろしくない。インド人のガイドの口調とかは慇懃なスタイルで訳してあって、それは雰囲気を醸し出しているのだけれど、すべての登場人物の台詞がそんな感じでなんかイケてない。1ページに空白がなくて、すごく読み難い。あ、やっぱり翻訳が悪いって言ってますか。橘玲氏も薦めていたし、読み進むときっと面白い展開になる筈なのだが。

しかしである。やはりちっとも読み進まないので、いつもの如く帰国当日にコッチから日本の amazon でオリジナルを注文した。


楽しみにしていたペーパーバックが実家に届いていた

Img_4227


読み始めようとすると

Img_4231


読めない!


ドイツ語版でした。(T T)


そりゃおっちょこちょいだけどさ、日本の amazon にドイツ語版があるなんて思いもしないし、書名から検索して在庫のある中で一番安いペーパーバックをクリックして、30秒後にはチェックアウトしてたから。

日本の amazon の倉庫にドイツ語版の在庫を持つほど人気があって面白い本だ、というふうに納得するようにしよう。


次回帰国したときに英語版はピックアップすることにして、いまは伊集院静先生の「海峡」を読んでいる。40ページくらいから涙腺が緩くなり、主人公がキャッチボールや泳ぎを教えてもらったリンさんが死んでしまうシーンでは涙がこぼれてしまった。歳取ったせいかな。

上中下&続編と全部大人買いして帰ればよかった。ハズカシながら実は氏の著作を読んだのは今回が初めてで、今まではただの競輪好きのおっさんだと思っていて、むかし色川武大先生と麻雀の旅打ちをしたことがある、程度の知識しかありませんでした。ごめんなさい。


|

« なんだよ〜 HSBC Japan | トップページ | Google+ って »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/41890/54047085

この記事へのトラックバック一覧です: おっちょこちょい:

« なんだよ〜 HSBC Japan | トップページ | Google+ って »