« ついに開通 | トップページ | 開平市の世界遺産碉楼ですが »

2011年12月31日 (土)

昨日の広州東駅

以前広州駅での春運の準備について書いたけど、昨日動車に乗ったら既にひどいことになっていた。


春運に関わらず以前から実名制が取り入れらていた動車だが、開始直後は窓口の一つがパスポート&港澳IDホルダー専用になっていて、結構空いていたのだが、そんなものはいつの間にか無くなってしまい、自動販売機が使いにくいのか、大量の普通の第二代身分証を持っている人も窓口に並び、収拾がつかない。


すでに春運の雰囲気

Img_3664


が、しかし、原因は元旦の週末での人の大量移動ではなく、ボランティアの学生だったとは。


ピンぼけですが、体操服姿が端末叩いてます

Img_3665


春運の期間に鉄道部門でボランティアをすると証明書がもらえて学業就職に有利になるのであろう。人の発音が悪いからって、何度も聞き返された。パスポート提示してるんだから外国人だって分かるだろうし、広深線で降りる駅は三ヶ所しかないし、一等と二等の違い、枚数だけなんだから、多少発音がマズくても声調が間違っていても想像できるだろうに。よりによって隣で何もしていない学生に向かって、「聴不憧」とは。んー、気分悪いなー。


鉄路部門の発表によると、春運期間は1月6日から2月16日まで。特に駅に行きたくない季節が来ました。海外脱出(と言うのか、既に脱出しているのに)の計画を立てねば...


全然関係ないけど、テレビ見てたら、元旦の中央電視台の番組には小野リサさんが出演するようだ。この国で結構流行っているようで、街でも耳にすることがあるし。それにしても最初に CDを買った時のジャケットのイメージしか無いものだから、彼女のインタビューの姿を見て時の経つのは早いなあ、と思った次第。

|

« ついに開通 | トップページ | 開平市の世界遺産碉楼ですが »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/41890/53616404

この記事へのトラックバック一覧です: 昨日の広州東駅:

« ついに開通 | トップページ | 開平市の世界遺産碉楼ですが »