« 世界遺産ゴール(Galle)その2 | トップページ | Galle から Hambantota »

2011年12月 9日 (金)

世界遺産ゴール(Galle)その3

昨日のサングラスのおっちゃんなんですが、私の事を知っている人は知っている通り、あれは私が4、5年かけているサングラスで、ストーリーはこうです。

鴨ネギ状態で宝石屋さんに行った理由は、ちょっと大きめのムーンストーンを見たかったから。じぶんの土産用には、小豆大にも満たない石を LKR500で購入したんです。

いちおう石の相場を知ろうと、50カラット前後の石を出してもらって、もともと今回は買う気なかったけど予算オーバーと相手に伝えたら、小さめの石を持って来た。

どうも相手は私のサングラスが気に入ったようで物々交換を申し出て来た。こちらはモノはレイバンで USD300くらいで買った、レンズとかキズ入っているよ、と伝えたのだか、先方はかなり乗り気、と言うか、私のサングラスが気に入ってしまったよう。

流石に数年前の 300ドルのサングラスと交換するにもいかないので、先方は私にいくらプラスアルファーで現金を出せるんだ、250ドルか150ドルかなどと聞いてくる。

私の方もこの交渉に乗ってもいいかな、と思ったのだけれど(そのレイバンのグラサンは彼の方が明らかに似合っている...)、交渉時に石を持った感じが軽かったので私の脳裏にもしや偽物?という考えが渦巻いてしまって、結局キャッシュがない、クレジットカードを宿に置いて来て今持ってない、と理由をつけて断ってしまった。

後に知り合った旅行代理店と宝石店を経営する人に聞いてみたところ、ムーンストーンは硬度の低い軽めの石なので、持った感じは軽く感じるかもしれない、と言われた。石の買い付けは次回の課題ということで、今回は予習をしたというカンジですかね。


教会

Img_3317


教会

Img_3320


Img_3321


Img_3322


Img_3324

あちこちでブロックを敷いて歩道を奇麗にしていた

Img_3325

地元資本、外国資本が入って改装中の建物が多くあり、今の状態のオランダのコロニアル文化と南アジア風土をミックスされ、適度に朽ちている建物がお好きな方は、今のうちに行かないとどんどん街が奇麗になってしまうかもしれません。


Img_3327


ここで泳ぎました

Img_3329


Img_3330


Galle Fort Hotel (だったけな)に出かけ

Img_3332


地元ビール、Three Coins

Img_3334

城内には犬猫がいっぱいいるので、あたたのお相手をしてくれます。(笑)


バーカウンターはいいカンジ

Img_3335


宿で作ってもらった夕食

Img_3346

見た感じパッとしないんですが、味付けはなかなか良かったです。LKR1000
定番のサバカレーではなく、カツオの小ちゃいヤツのカレーでした。


泊まったゲストハウス

Img_3349


朝ご飯は適当にその辺の商店で

Img_3350

超甘いミルクティーとナンでジャガイモのカレーを三角に包んだものを頂く。サモサみたいな味付けかな。


野菜の行商のおじさん

Img_3351

ゴールの城内が世界遺産と行っても、旅行者に比べ普通に生活している人が大多数で、彼らの日常生活か垣間見られて結構おもしろい。外の資本がどんどん入って来ているようなので、さらなる観光地化が進めば、いまのちょうど良いユルユルの感じが失われてしまうかもしれない。



|

« 世界遺産ゴール(Galle)その2 | トップページ | Galle から Hambantota »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/41890/53430798

この記事へのトラックバック一覧です: 世界遺産ゴール(Galle)その3:

« 世界遺産ゴール(Galle)その2 | トップページ | Galle から Hambantota »