« 車内では静かにしましょう | トップページ | コイツが原因か? »

2011年11月21日 (月)

テレビドラマ

は、もともとほとんど見ないのだけれど、コッチに来てから語学のため薦められたものをたまに見たりする。

ここ数ヶ月は広東語のドラマばかり見ていたので、最近雇った大学院生の老師に普通話のものも見なさい、と言われ、「蝸居」(カタツムリのお家?)なるドラマを見てます。要は一般市民がマンションを買えなくて云々というお話。


写真のように喫茶店が

Img_1450

できたりする前の、上海のこの辺りに主人公達は住んでいる設定なのかな。ドラマの中では、江州という地名を使っていたけど、東方明珠塔とか出てくるし、なんで上海とハッキリ言わないのか全く不明。

それ以上に、上海の人間がこんなに「アル(児)化」を使って喋っているのが不思議。日本のドラマだと方言指導があって、当然その土地の方言をしゃべるようにするのに。(おもいっきり皮肉ってます)

主人公の嫁さん側の実家の絵は、江蘇省の周荘あたりだと思うけど、思いっきり時間をかけて列車に乗って帰省しているみたいだし。(皮肉その2)

この手のドラマとか国産映画を江蘇省で撮っているのは知っているけど、車のナンバーがことごとく「江」なのはどうしてか。普通の感覚だったら、設定の土地に合わせて車のナンバーくらい用意するのは当たり前だと思う。あ、上海でなく仮想の「江州」という土地に住んでいることになっているからいいのか。(皮肉その3)

それにしても、車に乗車中シートベルトをしていないのを堂々とドラマで流すのは良くないと思う。最新の韓寒の本で彼も指摘していた。見た限り、運転者はベルトをしめていましたが、だからと言ってそれで良いわけではありません。

「蝸居」数年前のドラマだと思うけど、今年見た「裸婚時代」というドラマと出演者がかぶってる。「蝸居」の不動産会社社長は、「裸婚時代」で会社経営者でお妾さんを囲ってた。そういうイメージの役者さんなんでしょうか。


「裸婚時代」は、それはそれで出来ちゃった婚から悲喜交々のドラマだったけど、こういう社会問題、要はぶっちゃけ貧富の格差、を扱うドラマってどういう意図があるんでしょうかねぇ。内容に対して当局の許可がないと当然製作できないわけだし。お上の方も庶民の苦労を分かってますよ、と宣伝する目的なんでしょうか、と下衆の勘ぐりをしてみる。

|

« 車内では静かにしましょう | トップページ | コイツが原因か? »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/41890/53302296

この記事へのトラックバック一覧です: テレビドラマ:

« 車内では静かにしましょう | トップページ | コイツが原因か? »