« 上海の話でも | トップページ | 名古屋栄に”しまむら”が »

2011年11月28日 (月)

春秋航空上海高松線

に7月の茨城線に続いて乗ってしまった。そんなに安いチケットを買えたわけではなく、1100元のものに税金諸々足して邦貨で2万円くらいになってしまったのだが。


初めて茨城上海線に乗った時に比べると、全く新鮮味もないのだが、この新路線には初乗りということで、ちょっとブログエントリーしてみる。


カウンターが浦東1タミの端の方に移動してた

Img_3108


Img_3107


Img_3112


高松空港から

Img_3113


リムジンバスで

Img_3117


高松駅

Img_3118

11時40分ごろタッチダウンして、12時の高松駅行きのリムジンバスに乗れてしまったので、初めて降り立った高松空港を散策する時間なし。ただし、週に2便しかないのに、チェックインカウンターには春秋の看板というかプレートがあった。茨城空港とは待遇が違うな。香川県も春秋に乗り入れてもらうために、いろいろ優遇措置をしたそうですし。


いちおう駅前でセルフの讃岐うどんを食べて

Img_3119


マリンライナーで

Img_3120


瀬戸大橋を渡り

Img_3127


Img_3131


Img_3133


岡山からのぞみで帰宅

Img_3135

|

« 上海の話でも | トップページ | 名古屋栄に”しまむら”が »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/41890/53346944

この記事へのトラックバック一覧です: 春秋航空上海高松線:

« 上海の話でも | トップページ | 名古屋栄に”しまむら”が »