« かなり久しぶりにジョグ | トップページ | 太古汇 (TaiKoo Hui) »

2011年8月17日 (水)

いぼ取り地蔵が近くに無いので

お寺を巡っていぼが取れるようお願いをしてきた。トレーニングを兼ねて午後約4時間ウォーキング。


外部からの処置と内部からの体質改善に加えて、「お参り」も脳内物質が出てご利益があるとのことなので、広州の有名どころのお寺に。


まず六榕寺

Img_3030

建物とか仏像とか結構最近の8、90年代のものが多い。


蘇東坡命名のお寺

Img_3033

蘇軾の発明した東坡肉は杭州に居たときには、ご飯のお伴に好きだったけど、一塊食べると皮の部分の脂肪で一気に満腹感が来るので、他の料理を食べられなくなって諸刃の剣である。

お寺自体は入場料5元取られるとあって、なかは静かで落ち着ける。


参道のまわりには

Img_3028


中古の電化製品を売っている店がたくさんあってそれなりに楽しめる

Img_3027

このの店じゃないけど、電脳商城にはパチもんの iPhone 5がすでに売ってたりする。


次は光孝寺

Img_3055

禅宗のお寺みたい。入場料5元。どこからともなくお経が聞こえて来た。


ちゃんとしたお寺なので

Img_3053

敬虔にお祈りしている人が多い。いぼ取りのお願いをしている人は他にはいないだろう。金融市場の回復を祈っている人はいるかもしれないけど。それもお願いしたかったけど、今日はイボのみ。仏様も混乱しちゃうと思うから。


光孝寺の近くに

Img_3057

基督教の教堂もあるはずだったのだけれど、修繕中だった。


公園前駅地下のお店で下午茶

Img_3077


甘くないちゃんとしたバンズ

Img_3076

にバターをたっぷり、中華風の豚肉のソテーが挟んである。また食べよっと。


お寺じゃないけど

Img_3088

北京路と中山記念堂にも立寄り。敷地に入るにはお金は必要なくなったけど、建物の内部に入るには 10元払う必要あり。

「天下為公」って大きく書いてあるけど、いまの社会では全く実質が伴っていないと思うんですけど...


革命の父、孫中山先生

Img_3093

にもお願いをする。孫文先生もお困りのことだと思う。今年は革命100年だというのに表立ったイベントがないのを不思議に思っているのは私だけではないはず。


お昼過ぎの出発して、昼食と午後のお茶の時間を除いてずっと5時過ぎまで歩いていたので、4時間くらいは歩いたかな。

カスタムソールを入れたランニングシューズを履いて出かけたので、ソールが土踏まずのアーチにある患部に当たるはずなのだが、4時間歩いても痛みを感じなかったので、イボが完治しなくて今の状態でも結構問題ないことが確認できた。ちょっとうれしい。



|

« かなり久しぶりにジョグ | トップページ | 太古汇 (TaiKoo Hui) »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/41890/52501255

この記事へのトラックバック一覧です: いぼ取り地蔵が近くに無いので:

« かなり久しぶりにジョグ | トップページ | 太古汇 (TaiKoo Hui) »