« 2011年7月 | トップページ | 2011年9月 »

2011年8月30日 (火)

アヒル

地下鉄公園前のアヒルの店。居留証を更新したのでパスポートの受取りに出かけたときのこと。


今日は水着着てた

Img_3270


| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年8月29日 (月)

ビクトリアハーバー横断レース

維港渡海泳 New World Cross Harbour Race 2011というのが正式名称。


以前、香港のオープンウォーターレースについて調べているときに、どうも毎年10月にビクトリアハーバーを泳いで横断してしまうレースがあるらしいことは知っていた。

昨日なんとなくサイトをのぞいたらエントリーが始まっていた。説明

香港の協会の主催するレースの記録をもって参加資格とするようで、履歴の無い人はプールで 1,500mのタイムトライアルをしなければならない。

九龍のスターフェリーの埠頭から中環までとか結構距離があると思うけど、昔の啓徳空港のむこうにはもっと距離が短いところがあるようだ。カイタック空港で検索したら面白いというか懐かしい良い写真があった。

啓徳空港のアプローチは一度しか経験したことがない。JL であったが、翼端に九龍城のアパートの洗濯物が引っかかるんじゃないか、と思ったくらいぐぃーんと右旋回してたことだけ記憶にある。


とにかく、いまパスポートを居留証の更新のためにこうあん局に預けてあるので、引き取り次第香港に行き 10月の申し込みをしようと思う。


今日は、プールの前に文字通り真ん前にある 400mトラックで軽く20分ジョグ、そのあとバランス系ドリルを中心にスイム 40分。


午後5時前だけど十分暑い

Img_3268


実は広州に来てからトラックを走ったのは初めてだったりする。気温 35℃以上で 5拍、昨日のバイクの疲労で 5拍心拍数がドリフトしていると仮定しても、心拍数を 140以下の落とすのにキロ 6分半から 6分40秒で走らないといけないなんて。以前の感覚だと 110-120拍でジョグしている感じなのに。

鎖骨骨折から2年、継続したトレーニングをしていない関係で、ノミの心臓になってしまったのだろうか。悲しすぎる...

※ 9月1日の記事に書いたけど、香港 ID を持っていないということで申し込みはさせてもらえませんでした。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年8月28日 (日)

帽峰山バイクトレーニング

昨晩バイクに乗れそうなところを探していたら、GZ Cycle という老外のサイトがヒットし、帽峰山を練習コースとして紹介してた。で、今日は、だいたいこの辺りで周回しようと思ってた。


夏休みの宿題は朝涼しいうちにしましょう、と言われてできたことのない私なので、やはり寝坊してしまい、昼間は Going Long のトレーニングメソッドのあたりを読んでモチベーションを上げることにする。午後3時過ぎに自宅を出発。


広従公路G105 を20km ばかり北上すると

Img_3250

交差点があるので右折。だらだらとした傾斜がひたすら続く。どうでの良いが、オートバイで逆走してくるのは止めて頂きたい。

どうでも良いことその2で、とにかく道路がホコリっぽいので、練習から帰るとだいたい白いバーテープが真っ黒になってて、雑巾で拭くのが面倒。ホコリだらけのボトルをつかんで、その手でハンドルバー握るからだろうな。

この貯水池の左岸の道路を走りたかったのだが

Img_3252


事前に調べたこの入り口から進入できず

Img_3255


適当に道を引き返しトレーニングコースを目指す。


ここから帽峰山頂に行けるのだろうか

Img_3258

この時点ですでに午後5時だったので不明。引き返し左岸の有料道路みたいな、整備された、と最初は思われた道路をアップダウンする。


が、しかし

Img_3260

車はいないし走り易い道だなぁと思っていたら、至る所で崩落、道路のひび割れ。一方の車線を塞いでいるだけならいいけど、全面的に道路を土砂が覆っていて、徒歩が自転車でしか通過できないところもある。しょうがないのでそういうところはクリート外して歩いた。面倒くさい。

しっかし、豆腐渣工程もいいとこである。法面なんか全く処置してないので、ちょっと雨が降ったら崩れるに決まっているし、地盤を固めてから舗装してないから、路面はひび割れだらけ。


なぞのレーダー施設発見

Img_3261

この辺が標高高いのかな。ちょっと涼しかったし。ポラールの標高計の校正をしてないんで適当だけど、海抜200m 前後あるのでは。

この施設を過ぎたら崖崩れ箇所が多すぎて、道が通じているのか段々不安になってきたが、徒歩で登ってくる人がいるので、まあどっかで繋がっているだろうと陽がかなり傾いてきたが勝手に楽観視することにする。


しばらくして他の道路とぶつかった

Img_3263

やれやれ。この時道端で売ってる果物でも食っておけばよかった。


かなり陽が傾いてきた

Img_3267

メインディッシュは終わったし、ま、あと平地を1時間ほど漕いで帰るだけだと高を括っていた。しかし、なんとなく平坦な広従公路でなく白雲山の北側の南湖に抜ける大源路を選択してしまい、アップダウンで完全にへばる。道端の商店で缶コーラを補給。

これまでにボトル大と普通の二本分の水を飲みきってた。3、4時間のワークアウトなら今まで別に補給の必要もなかったし。ウチに着いても、とにかく GI の高いものをカラダが欲しているのか、コンビニでコーラをがぶ飲みしたら、食欲なくなちゃった。


最初バイクに跨がった時は、ケツが痛かったが、貯水池の左岸の観光道路のアップダウンをやっつけているうち、大腿四頭筋、大臀筋、中臀筋が気になり始め、そっちの痛みのことは気にならなくなった。と言うか、相対的な問題だから。

昨日はウチの近所に練習できる坂がないと文句を言い、今日は道が悪いだのごちゃごちゃ文句を言ってはいるが、車がほとんど来ない環境でアップダウンのあるコースがとれるので、なかなかいいコースだと思う。早くリハビリ状態を脱しなければ...


本日のトレーニング
バイク 3h30m
気温 30-38℃
HR Ave 141
Distance 73.8 km
Ascend 380 m



| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年8月27日 (土)

12月に向けてかなりヤバい

昨日ローラー台 45分乗って、今日またバイクにまたがったらケツが痛かった。バイク買ったばかりの素人に戻ったようだ。


午後4時ごろウチ出発して、適当に進路を西に取り川沿いにどこか練習コースがないか探索に行く。


午後5時過ぎでもギラギラ

Img_3245

広州市近辺はバイクをやるのに全く適していないんじゃないかと思う。市内を死にものぐるいで抜け、川沿いのわりと交通の少ない道に当たったと思ったら、セメント工場とか川砂をダンプで運んでたりとかで、全くよろしくない。


こんな感じ

Img_3249


どこの工場からともなく臭気が漂ってくるし。世界の工場の中の広東省だからしょうがないのか。


白雲山まわりは、道路は舗装して整備されているものの、全く車両が進入できないので、ヒルクライムっぽいことはできないし。

鉄道の跨線橋があったのでペースを維持して登り、一般市民を抜いて気を抜いていたら、市民に抜き返されてしまった。大したことない跨線橋だったけど、結構心拍上がっちゃってたし。

午後6時ごろ帰宅するも、タンパク質・糖質を含んだ適当な食べ物がなく、数日前にスーパーで買ったパック豆腐に白砂糖をぶっかけて食べる。豆腐花とか何度か食べたし、甘い豆乳も飲んでるので、味には慣れた。機能的はどうか。

今日のバイク練とは関係ないけど、左肩の内部がやっぱり痛いので、夜は近くの推掌へ。うーん、調子悪い。


12月のプーケット 70.3に向けて早くも赤信号!?

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年8月26日 (金)

来週から新学期

らしい。


突貫工事で立てた新しい寮

Img_3237

に新入生が荷物を運び込んでた。

通学できるようなところに住んでいる学生も含めて全員寮生活するのが普通らしい。お金に問題なくて、外に住んでる学生もたまにいるけど、家賃が一桁違うらしい。

今日のトレーニング

引越し風景を眺めたあと、プールに40分ほど浸かる。やっぱり左肩に引っかかりがあるので、最初から最後までウォーミングアップ。スカーリングの動作したら、左肩の中からポキポキ水中を伝わって音が聞こえてきたもの。大丈夫か!?

夕食後、e線金融網のポッドキャストを聞きながら、三本ローラーを 45分回した。前回ローラー台に乗ったのはいつだったか全く記憶にない。ローラー台用のタイヤの空気は抜けきっていたし。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年8月25日 (木)

夏風邪

検索したら去年の九月も風邪をひいてた。進歩がない。


そんなにたいしたことはなく、ピークも過ぎたので夕方はプールへ。1時間浸かる。


夜、自宅の周りを30分ほどジョグ。


風邪の治りかけなので、スイムとか気道が開いて全然気にならないのだが、ランニングは結構な湿度にも関わらず 20分くらい走ったらだんだん喉がかさつくと言うかちょっと痛くなってきたので止めた...

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年8月24日 (水)

珠江新城ー小蛮腰ー体育東路

昼間35℃以上あった気温のなか、またトチ狂ったのか散歩。


APM線

Img_3200


地下鉄と言っても無人で

Img_3201

空港のターミナルを結ぶ車両と変わらん、と言うか全く同じ。座席が少ない...


小蛮腰

Img_3206

昼間は色気ないな。分からない人はググってね。


IFC のエントランスのモニュメント

Img_3207

意味不明。


黒い高層ビルが

Img_3215

IFC だけど、テナントがそんなに入っているとは思えない。フォーシーズンズもまだ営業開始していないみたいだし。そのうち上海浦東のように栄えるのでしょうか...


場所変わって、正佳広場

Img_3218

外観はちょっとショボイが

Img_3226

内部は結構広く、吹き抜け多くて面白い。入っているブランドは、H&M 以外は外国人にはまったく... というものだが、施設が面白いし、地下には女性向けの小物を売る店が死ぬほどあるので地元の人には人気があるんだろうな。


スケート場があったり

Img_3224


最上階には

Img_3227


お化け屋敷みたいな施設もある

Img_3230

吉野家(深圳)では、テーブルにショウガ

Img_3221

が置いてあってちょっとうれしい。少なくとも7月に上海の吉野家では無かったもんな。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年8月23日 (火)

加藤嘉一氏広州に来たる、

しかし、会場の書店には人が多過ぎ断念。氏の人気を表すものであろう。


花園ホテルの東にある書店(唐宁书店华乐路店)の二階での講演会

Img_3190

Img_3191


ひと

Img_3192


ヒト

Img_3193


白いシャツ着てネクタイしている

Img_3194

のが加藤嘉一氏であるが、遠くからでは声は聞こえないし、姿は見えない、前回香港で講演は聞いているので、聴講は断念して、店内をぶらぶらすることにした。

建築・デザイン関係の本をぱらぱらめくったり

Img_3196

小物を見たりするのも面白い。最近、広東語で道を聞かれることもあるので、余裕をカマしていたら、「日本の方ですか?」と声をかけられた。日本企業にお勤めの地元の方々と立ち話をしばらくした後、一階のカフェに移動してしばらくおしゃべりをさせてもらった。

最近ひきこもりがちだったので言いたいことが口から出てくるのかと最初心配したが、自分が球を拾える範囲の話題だといらんことまでベラベラ喋るので少し安心。全員が広州人と言うわけではないので、普通語6割日本語4割くらいで喋ったような気がするけど、日本企業にお勤めの人に日本語で話してもらって聞き手に回るよう持っていくべきだった、とちょっと反省。


なかなかオシャレな書店&カフェなので。混んでない時にまた来ようと思う。



| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年8月22日 (月)

パン

こっちで買っても美味しくないし、パンを食べる習慣も無いのだが、たまたま買ったパンからネタを発見してしまった。


コンビニで買った全粒粉のパン

Img_3178

食べてみたときは、味が甘くないと言う時点でとりあえず合格。


7月28日製造だろうか

Img_3179

特に意図は無かったのだけれど、二切れ残ってしまった。怠け者なので放っておいたら、


今日は8月22日だけど

Img_3180

まったくカビが生えてない。素晴らしい!

においを嗅ぐとちょっと酸っぱいニオイがするけど、食べられそう。捨てましたが...

二切れ残して食べてしまった。日本ではとある製パン会社の食パンとか食べないようにしていたけど、こっちのパンも食べられないか。



| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年8月21日 (日)

痛っ!

最近理由があってプールに行ってない。


4日前の 拔火罐 をやって

Img_3105


今日になっても痛々しく黒々とした跡が残っているから。背中にカップの跡つけて泳いでいる人はいるけれど、私の場合はグロすぎる...

2年前の鎖骨を骨折した側の肩まわりが今年の始めからどうも調子悪い。スイムの練習のし過ぎで、スイムショルダーと言うわけではないと思う...

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年8月20日 (土)

まだウォーキングでリハビリ

先日12月のプーケットの Ironman 70.3 にエントリーをした。いきなりトレーニングらしきことをするとカラダに毒なので、ここ数日気が向いたら長時間のウォーキングをするようにしている。


維多利広場

Img_3133

Victory Plaza と名前のわりには結構ショボイ。


天河城広場

Img_3134

地下にジャスコがあったり、最上階には all-you-can-eat のレストラン、KFC、Pizza Hutとお決まりのフランチャイズ、結構でかいゲームコーナーがあったりする。二三線のブランドが多く、地元の人でごった返してた。


星加坡炒粉

Img_3137

激混みの天河城広場から撤退し、広州東駅あたりの店でシンガポーリアンフライドヌードル(カタカナで書くと長いな)。自宅で三食続けてハトムギのカレーを食べていたので、違うものをと思って外出したら、またカレー味のものを注文してしまった。


凍奶茶だが

Img_3136

これまで二回この店に来た時、アイスミルクティーは普通にグラスに氷をぶち込んでサーブされていた。今日行ったら、紅茶が薄くならないように容器の外から氷で冷やすようにしていた。マンダリンオリエンタル並のサービスレベルを感じる。これまで二回は平日にお茶しに行ったのだが、今日は週末だから特別に外部冷却式?安いセットメニュー無かったし。

で、広州動物園

Img_3143


パンダが二頭居るので行ってみた

Img_3144

がしかし、彼らは居住区に引き蘢っていて見学することができなかった。他の動物園とは違い、住居を見られるようにはなっていない。プライベート重視か?


パンダが見たかったのだが、

Img_3149

まったく馬鹿を見た。


午後5時のお茶

Img_3156

この地でサンドイッチを注文するなどというチャレンジングなことをしているが、この店は紅茶を葉っぱから煮出すのでそんな変なものは出さないだろうと思い、このあいだ他の人が食べているのを見たら自分も食べたくなったので挑戦。中身はスパムと目玉焼き。目玉焼きは食在広東なのでちゃんと半熟、こっちの人は冷たいもの食べないのでパンも焼いてある。


万菱広場玩具精品卸売中心

Img_3163

午後1時くらいから歩き始めて6時前の何気なく予備知識無しでココに入ったのだが、結構面白い。


こまごましたモノから家具装飾品まで

Img_3158


6時になると店を閉め始めるみたいで、人出はこんなもん

Img_3159


これなんか結構日本のヤフオクで売れない?

Img_3160

ス***スキー使ってるって書いてあったけど、ウソつけ。ミニマムオーダーがどのくらいか聞いてないけど。


ぬいぐるみもあるでよ

Img_3162


外にはこんなものも売っていたが、

Img_3164

ワシントン条約的に日本に持ってくのは難しいかもしれない。


今日は珠江まで

Img_3170


歩いてしまった

Img_3175

天河あたりから一回広州東駅に北上して、そこからひたすら夜7時まで歩いた。たぶん、6時間くらい歩いてると思う。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年8月19日 (金)

広州の地下鉄の駅にはトイレがない

不便だ、と言う話は新聞とかネットに載っていた。最近地下鉄の駅に誇らしげにトイレのある駅のリストが掲示してある。


Img_3106


てっきり改札内だと思ったら外だった。上海の地下鉄だとホームの先頭か後方に行くとトイレがあるのに。まったく不便だ。記事では、排水の関係とかで後からホームの端にトイレを作るのは技術的に問題がある云々を読んだことがあるけど。


Img_3107


2号線と3号線の乗換え駅で、まったくここはどこ?と言った感じで何も無い。

中心部の駅だと駅に接続する商城に駆け込んで探す、というのがあるけれど。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年8月18日 (木)

太古汇 (TaiKoo Hui)

南方都市報を読んでいたら、昨日商城の地下に華潤創業のハイソな(死語)スーパー OLE がオープンしたと知り、今日行ってみた。


商城自体はまだ

Img_3111


仮営業

Img_3113


まだ工事中のテナントの方が多い

Img_3109

だいたいこっちの商城と呼ばれる所に行っても欲しいと思うものがない。この間の広州万達広場にしても、361°だの PEAK だのコッチのスポーツウエアか、海外のブランドは Levi's、Adidas、Nike 等々のテナントがダブって入居しているだけで外国人としては全くもって魅力なし。

さすがに太古地産は Swire Groupとあって、シャネル、LV(るいゔぃとんとは当地では言わないようです)から始まって Guessとかがあった。Guess とか違うけど考えつくすべてのラグジュアリーなブランドは入居するようだ。工事中だったけど Patek Philippe も入るようだし。景気が悪いので買えるものはあんまりないけど(涙)、 買いたいと思うものがあるこっちの商業施設をブラブラするほうがいいな。

調べたらここの LVの店舗面積は2フロア分合わせて国内最大だとか。しっかし、ここに買い物に来る現地の人はいったいいくら稼いでいるんでしょうか!? 先の LV の店なんか、そこらへんの通りでシャツめくって腹だいしているようなおっさんが3人入店してた。


で、地下に高級スーパーの OLE はありました

Img_3114


天河に住んでてお金に不自由しないなら毎日買い物したい。パン、ハム・ソーセージ類、寿司とか刺身とかあるし。 サンドイッチとかその手のコッチだと普通マズくて手を出さない総菜も、とっても美味しそう。系列会社とあって雪花ビールは一番目につく高さに陳列してあった。


スーパーでは久しぶりに普通おユーロ圏の客に遭遇。フランス語しゃべってたから。なんとなくハイソ(死語)。ウチの近所なんかアフリカ大陸、ロシア、ウクライナ、韓国くらいだもの。


太古汇の飲食店はまだ完成していないので、道を挟んで反対側にある商城にお昼ご飯を食べに。


万菱汇

Img_3124

こっちは ZARAとかあまりコッチで見かけない New Balanceのショップ等々海外ブランドが数店あり、のこりは地元系の服装関係とか香港系の食料品店が入ってて、反対側の超高級商城といいバランス。


牛腩咖喱飯 + 凍奶茶 = 36元

Img_3119

昼にカレーを食べたのはいいのだけれど、帰宅してからまた夕食の材料を買いに行くのが面倒になり、ハトムギとナスのカレーを作って食べたのは失敗。



| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年8月17日 (水)

いぼ取り地蔵が近くに無いので

お寺を巡っていぼが取れるようお願いをしてきた。トレーニングを兼ねて午後約4時間ウォーキング。


外部からの処置と内部からの体質改善に加えて、「お参り」も脳内物質が出てご利益があるとのことなので、広州の有名どころのお寺に。


まず六榕寺

Img_3030

建物とか仏像とか結構最近の8、90年代のものが多い。


蘇東坡命名のお寺

Img_3033

蘇軾の発明した東坡肉は杭州に居たときには、ご飯のお伴に好きだったけど、一塊食べると皮の部分の脂肪で一気に満腹感が来るので、他の料理を食べられなくなって諸刃の剣である。

お寺自体は入場料5元取られるとあって、なかは静かで落ち着ける。


参道のまわりには

Img_3028


中古の電化製品を売っている店がたくさんあってそれなりに楽しめる

Img_3027

このの店じゃないけど、電脳商城にはパチもんの iPhone 5がすでに売ってたりする。


次は光孝寺

Img_3055

禅宗のお寺みたい。入場料5元。どこからともなくお経が聞こえて来た。


ちゃんとしたお寺なので

Img_3053

敬虔にお祈りしている人が多い。いぼ取りのお願いをしている人は他にはいないだろう。金融市場の回復を祈っている人はいるかもしれないけど。それもお願いしたかったけど、今日はイボのみ。仏様も混乱しちゃうと思うから。


光孝寺の近くに

Img_3057

基督教の教堂もあるはずだったのだけれど、修繕中だった。


公園前駅地下のお店で下午茶

Img_3077


甘くないちゃんとしたバンズ

Img_3076

にバターをたっぷり、中華風の豚肉のソテーが挟んである。また食べよっと。


お寺じゃないけど

Img_3088

北京路と中山記念堂にも立寄り。敷地に入るにはお金は必要なくなったけど、建物の内部に入るには 10元払う必要あり。

「天下為公」って大きく書いてあるけど、いまの社会では全く実質が伴っていないと思うんですけど...


革命の父、孫中山先生

Img_3093

にもお願いをする。孫文先生もお困りのことだと思う。今年は革命100年だというのに表立ったイベントがないのを不思議に思っているのは私だけではないはず。


お昼過ぎの出発して、昼食と午後のお茶の時間を除いてずっと5時過ぎまで歩いていたので、4時間くらいは歩いたかな。

カスタムソールを入れたランニングシューズを履いて出かけたので、ソールが土踏まずのアーチにある患部に当たるはずなのだが、4時間歩いても痛みを感じなかったので、イボが完治しなくて今の状態でも結構問題ないことが確認できた。ちょっとうれしい。



| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年8月16日 (火)

かなり久しぶりにジョグ

前回いつランニングシューズを履いたのか分からない。すくなくとも6月16日に近所の足裏マッサージに通い始め、足裏のいぼを弄くりまわして走れなくなったので、二ヶ月以上のブランクか。


サリチル酸の塗布をやめてナスのへたを貼るようにしてから、患部の硬い部分が小さくなってきたような気がして、夕方プールから帰ってから走ってみた。


こんなところ、社区の中をぐるぐる

Img_3022

ウチの近所というか広州全般全くもって空気が悪いので、出かける気にもならず、マンションの敷地の外周を何周か回って、25分くらいジョグ。ポラールのボタン電池が無くなってきているのか、心肺機能がへたれているのか、心拍系が常に160以上だった。前者であること希望。

土踏まずのイボは治ったわけではないけど、小さくなってきて、着地の時もそんなに気にならないと言うか痛みは無いので良かった。ここ数日気温が死ぬほど高いというわけではないというのもあるけど、まず走る気になった、気分がポジティブになってきたことで良しとしよう。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年8月15日 (月)

ナスの逆襲

ここ2、3日茄子を食べ続けている。昨日今日のメニューは、昼はナスのペペロンチーネ、夜はナスの味噌炒めで固定。


今日の夕食後強烈のお腹が痛くなり血便が出た。昨日今日、大量にナスを食べた他に、パスタにも味噌炒めにも大量の唐辛子を入れてたからか!?

小さいころは「秋茄子は嫁に食わすな」を二重の意味で誤解してたことになる。まず、秋茄子ではなく焼き茄子だと思ってた。焼き茄子が美味しいから意地悪で嫁に食べさせるのがもったいない、という意味だと思ってた。

よくよく調べたら、ナスを大量に食べると下痢になる、ナスは身体を冷やす食品である、産婦人科的によろしくない、とのこと。お嫁さんを気遣ってのことだったんですね、強烈な腹痛をもって理解いたしました。


こっちの普通の茄子は長い

Img_3020

昨日の市場とは違うところに行ったので、小さい茄子が見つからず。ネギをオマケしてもらったけど、二本で 2.8元。昨日に比べ、へた一個あたりのコストが大幅にアップ、2円→14円。今日の晩はこれを一本食べたら腹痛になった。


ナスはこんなふうに貼り付けていた

Img_3019

のだが、患部の近くにふたつばかり白い点々が。ナスから出た水分でイボがまわりに転移したかもしれない。さらに悪化させてしまったかもしれない、憂鬱...


英語の wart でググったら、バナナの皮、Apple Cider Vinegar で治る!というのがヒットした。ホントかしら。



| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年8月14日 (日)

茄子、続き

こっちで一般的に売っている茄子は、全長が 30cm くらいあって食べるのが大変。へただけ欲しいのに...


昨日ナスを貼った患部は、いぼに血液を送っている隆起した血管が黒っぽい茶色になっていて、なんか組織を刺激してそう。下部で局所免疫反応が進んで欲しいものだ。


市場でコレを見つけた

Img_3017


一斤(500g)あたり 8角で5個買ったので、へた一個あたり約 2円の出費か。

ちゃんと下の部分も食べましたよ、晩は味噌炒めにして。昼はナスのパスタだったし...

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年8月13日 (土)

茄子で撃退?

またまた続きで足の裏のいぼの話。夕方晩ご飯の材料を市場に買いに行ったとき、そういえば茄子のへたを患部に貼付けるという民間療法があったよな、と思い一本購入。


昼間に2、3度 Dr. Scholl を塗って患部を削って、さて根っこを根絶するにはどうしようかと考えていた。ドライヤーであぶるにしても、お灸もしくは線香で焼くにしてもかなり苦痛が伴うはずで、それなら民間療法のナスを貼付ける方法をやってみようと思った。

患部はすでに血管が見えるところまで削り込んであるので、十分ナスの成分を吸収してくれる筈。へたの部分をセロテープで足裏に貼付けたら、野菜に似合わず結構患部に刺激があるし、その辺の血管がドクドクする感じあり。試しに茄子のへたを剥がすと、ドクドク感というか刺激はなくなっちゃうので、患部への何らかの刺激があるのだろう。異物があることを認識してくれて、局所免疫機能を発動してくれること希望。

どうも茄子には植物性アルカロイドがあり結構毒性というか効果がありそう。抗がん作用もあるようだし。



| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年8月12日 (金)

漢方薬の市場

ウィルス性いぼ(尋常性ゆうぜい)続き。はと麦そのものかお茶を昨日購入できなかったので、今日リベンジ。


地下鉄2号線と1号線を乗り継ぎ、黄沙駅下車。地上に出てみると、7年前に広州に観光で来たときブラブラした沙面の最寄り駅だった。


漢方薬に使える材料を売ってる店がズラリ

Img_3010


調べたところ清平路に店がたくさんような記述があったが、駅から清平路の途中ですでにこれだけあるので、さっさとこの辺で購入することにする。


このような所からさらに奥に入り

Img_3011

いかにも漢方薬っぽいものだけでなく、海産物系もあり。


雑穀系を置いてそうな店2、3軒に聞いて回り

Img_3009


お目当てのはと麦を発見。

Img_3008

4斤(2 kg)で 36元だった。薏苡仁 と言うらしいのだが、お店の人は 薏米 と言っていた。先の正式名称から日本ではヨクイニンと言っているのだろう。


はと麦自体はこんな感じ。

Img_3016


帰って早速、お米6に対してハトムギ4を混ぜて炊き、昨日の残りのカレーをかけていただく。検索結果によると、はと麦の方が煮えにくいので、別に炊いて準備して置くこと、と書いてあったが、そんなに気にならない。白米と玄米を混ぜて炊いたときの食感の違いより全然違和感がない。もちもちしてエスニックな感じでカレーによろしい。

喜んでカレーを食べ終わってしばらくしたら、お腹がグルグルしてきて、早速ググってみたら、はと麦は消化が悪いとのこと。早く言って欲しい。だから、お粥にすることが多いそうだ。先ほど紅豆(小豆ですな)を買ったので、紅芋も放り込んでお粥を作ろう。


昨日からイボ対策の方針としては、サリチル酸液をとにかく塗って患部を壊死させ削る、これを一日数回繰り返す、はと麦からヨクイニンの摂取&とにかく治すという気力による免疫向上をねらう。

これまでは、薬を続けてとにかく塗布していれば効果のある物質が患部に浸透するかなと思い、1日放っておいて気がついたときにピンセットでザクザクほじくる、というやり方だったのだが、これだと患部がフジツボ状になるだけで、イボの全高が全然低くならなかった。パッチ使用時とか足ツボマッサージで治療中は患部の外側の健康な皮膚にまで薬剤が付着して皮膚が脱落してしまうため、阿蘇山のようなカルデラ式の様相を呈してしまったことも。

放っておいても、薬剤の到達しないところでは、ウィルスに DNA を破壊された細胞がどんどん再生してしまうわけで(要はガンと同じメカニズムで、抗がん剤をウィルス性いぼに注射する治療法もありますからね)、塗って削るのサイクルを徹底しようと思った。ニチャンの根性焼きに関するところなどを読んで、カッターナイフで薄く少しずつ削るようにしたら、昨晩と今日一日でだいぶ高さが低くなって靴を履いて歩く時もそんなに痛くなくなってきた。薬の説明書にはピンセットかハサミと書いてあった気がするが、カッターが一番スライスし易い。サリチル酸で白く若干硬くなった患部を鰹節よろしく削る。攻めすぎて神経に当たると結構シビレル。


はと麦にしても効くかどうか分からないけど、プラシーボ効果でも良いから信じることがどうも重要らしい。脳から何やら免疫系を活性化する物質が出るらしい。全国にあるイボ取り地蔵にお参りに行くのもバカに出来ないそうだ。寝る前に爪の両側揉んで副交感神経を優位にして免疫力を発揮できるようにして寝よう。


| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年8月11日 (木)

ウィルス性いぼ

が昨年末に土踏まずにできてから悩まされている。それを言い訳にこの2、3ヶ月はバイクとランのトレーニングを全然していない。


ブツは右足の土踏まずにあるのだが、もともとランの時に右足の外側に体重が乗ってしまう癖があるので、痛いイボを意識していると、アンダープロネーションとはいかないまでも、足裏が痛いのに走ってもしょうがないだろう、というもっともらしいエクスキューズもあったりする。


思い起こせば、と言うか、自分のブログを検索してみたら、12月に帰国したときに空港で魚の目パッドを購入して、12月23日に治療開始していた。

思い起こせば、これが間違いのもとだったかも。患部を見た感じ、芯はなく魚の目ではないようだったが、とりあえずパッドから始めた。あとで他の人のブログとか 2chとか見ると、これでイボを大きくしてしまったようだ。


パッドでは治りそうな気がしなかったし、貼っている時は足裏が痛いので、今年1月中には断念して、日記によると、帰国して2月10日にレーザー治療してた。

今思い出しても死ぬほど痛かった。(レーザーで削る前の足裏への麻酔が) でも結局、大枚をはたいて激痛にも耐えたにもかかわらず、目出たく再発してしまった。その後、治療意欲を無くしてしまい、しばらく放置。


6月、近くに足裏マッサージが開店してから、治療再開。6月16日のことだった。色からして、たぶん、日本で言うところの紫雲膏みたいなものではないかと推測。

この修脚店に週一回くらい通って、患部を削ったり薬を取り替えたりしていたのだが、結果としてまた患部を拡大させてしまった模様。なぜなら、2月のレーザー自費治療の時は直径 5mmだったのに(レーザー治療の費用は直径をもとに計算するのでノギスで測られた)、いまは 10mmくらいあるから。


修脚店での進歩のなさに嫌気がさし手元にあったイボコロリ液を1本消費。少し白い膜が張って固まると患部をいじくりまわし、患部を拡大させてしまう。今日に至るまでは、先日日帰りで香港に行った時に Dr. Scholl の液体タイプを購入して継続使用。


サリチル酸 11.25%

Img_3007

イボコロリ液より1.25%だけ多い。


さすがにここまで苦節9ヶ月、自分のやっていることに疑問を感じ始め、昨晩、2チャンの過去ログを読んでみた。イボを病気であると体に認識させること、イボを外科的に取り除く以外に、免疫力強化もやはり重要だと悟る。はと麦茶とか、はと麦から抽出したヨクイニンの摂取も免疫力向上に効果があるかもしれない、ということで今日ジャスコに買い物に行ってみた。


残念ながらはと麦茶は発見できず、ジャスコでそば茶、好又多で涼茶を購入。

Img_3002

Bitter Buckwheat とあるのでたぶん、韃靼蕎麦茶ではないか。飲んでみたが、日本のそば屋チェーン店で出される蕎麦茶と変わらん。茶を出すような蕎麦屋は邪道だから、そのような店は他に選択肢がないときに行く。

涼茶の方は、成分表を見たところ鳩麦らしきものを含んではいないのだが、デキモノを落として美顔に効く、と書いてあるので免疫向上に少しは効くのではないだろうか。砂糖が大量に入っていてあまり飲みたくないのだが、はと麦茶を入手するまで飲んでみるか。折角漢方薬の本場に住んでいるのだから中医にでも行って処方してもらえばいいのだろうけど、恐ろしくてまだ行ったことが無い。


| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年8月 8日 (月)

明思克航母世界

先週金曜、深センにある旧ソ連航空母艦ミンスクを見学してきた。ちょっと前まで空母ネタで盛り上がっていたし。


入り口

Img_2990

というか、海岸からかなり離れたところにある門。深セン駅からバスで塩田区の役所前で降りて、少し戻るとある。行きには気が付かなくて、帰りに発見した。


入場料 130元

Img_2936

思ったより高い。


空母自体は

Img_2930

思ったよりデカかった。面倒くさがりなので、全景が撮れるところまでバックしないのです。


戦闘機と深センのマンション...

Img_2947

甲板では機関銃を担いだ4人の水兵さんがショーをするのだが、空砲を撃つわけでもなくかなりショボイ。動画を撮ったが消そうと思う。


それらしい構図

Img_2948


魚雷が展示してあったり

Img_2944


小朋友は弾頭がお気に入り

Img_2970


こんな服も売ってたりする

Img_2983


| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年8月 5日 (金)

実名制

6月に動車・高鉄のチケット購入にあたって身分証の提示が義務づけられてから初めて広深動車に乗った。


行きの広州東駅

Img_2925


は、身分証、台湾・香港・マカオの身分証、その他のブースに分かれていたので、その他の外国人用ブースは2、3人しか並んでいなくて、問題なくチケットを購入できた。パスポートを見せても名前はタイプせずに、番号の部分だけ端末に入力して発券している模様。


帰りの深セン駅は激混み

Img_2992

身分証を持っている人は自動販売機で購入できるのだが、そういう人はかなり少数派で普通に窓口に並んでる。身分証の種類によってブースが分けられていないので、20分くらいならんでやっと購入。フッ。最近の身分証の当地の人はカードリーダーで読み取りをするだけなのだけれど、読み込めないと身分証番号を手打ちしているので一人当たりの処理時間が長くなる。


列車自体も20分遅れで

Img_2998


深セン広州間なんて1時間ちょっとなのに、セキュリティチェックとチケット購入に30分以上費やして、待合室で30分以上待って、長時間の夜行列車ならいいけど、動車・高鉄に乗るためにこんなに時間を費やさなければいけないなんて全くナンセンス。鉄道部門は乗客の利便性を考えているのか、と愚痴りたくなる。

ちなみに、この実名制で外国人は街中の汽車票売り場で動車・高鉄のチケットを買えなくて、駅で買うよりなくなってしまった。ま、街の切符売り場の人に各国のパスポートを判読させるのも無理があるのは分かるのだが。実名制の利点なんて先日の温州の事故のような場合しか考えられない。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年8月 4日 (木)

露天商

がウチの周りはいっぱい。夕方になると雨後のタケノコのようにどこからともなく湧いてくる。


いろんなものが

Img_2917


売ってます

Img_2924

もちろん完全に合法と言うわけではないだろうから、城管という役人が見回りに来るとクモの子を散らしたように露天商はいなくなってしまう。杭州にいる時とか他の一線の都市では、食べ物か何か商品かに関わらずほとんど露天商を見かけなかった。


金魚もあったりする

Img_2915


あまり買い物はしないけど、まあ便利と言えば便利かも。先日は iPhone4 のカバーを 18元にて購入した。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年8月 3日 (水)

広深港高鉄

の広州-深圳北区間は、今日の南方都市報によると 8月10-12日に開通する(かも)とのこと。

どうしても8月12日からの深センでのユニバーシアード大会に間に合わせるつもりなのだろうか。この期に及んで、開通日、ダイヤ、料金がまったく正式発表されていないのがスゴイ。


料金はたぶん 90元

Img_2919


国内最長の海面下のトンネル、獅子湾隧道の工事の遅れによるものだそうだ。もともとの開通予定日を知らないのだが、26日から試運転はしている模様。

キロあたりの料金が他の高鉄に比べて倍近いとか書いてあるけど、まあどうでも良いことで、2015年に香港まで開通したら全行程200元くらいになるんでないの、と書いてあった。現在、広州九龍間の特快直通車が 160元だがら個人的には全然問題無し。


| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年8月 1日 (月)

檸檬

ウチのあたりは歩道橋とか道端でいろんなものを売っているのだけれど、今日はレモンを売っている人がいた。


1個1元、高いのか安いのか

Img_2911


日ごろ香港で飲むレモンティーや Vitasoy のレモンティーは、なんか独特の味がするなーと思っていた。どうもこっちのレモンは輸入のサンキストレモンと違って全然黄色でない。かなり皮の部分が肉厚だし。

早速ウチに帰ってアイスレモンティーを作ってみる。安いティーバックを二つと砂糖をドバドバ入れ、氷を入れて出来上がり。

果たして舌に覚えのある東南アジア風のレモンティーの出来上がり。ミルクティーは練乳を使うとすぐに東南アジア風になるのだが、レモンティーについてはレモンの種類の違いであったか。。。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2011年7月 | トップページ | 2011年9月 »