« 広州起義烈士陵園 | トップページ | バスについて »

2011年6月 9日 (木)

ナマズ料理

日本語だと「鯰」だけど、こっちでは「鮎魚」と言うらしい。ナマズがどこから日本でアユに変わったのか不明。


イメージよりなんか縦に平べったい

Img_2769

この隣にフナがいて、その隣に雷魚が売ってた。雷魚も機会を見つけて挑戦せねば。ナマズはちっちゃいのを一尾購入して、7.8元。


使用前

Img_2772

あまり美しくないので、出来上がりの写真は撮らなかった... 包丁で切れ込みは入れたけど、蒸すと鱗のない皮がはち切れてしまったので。清蒸なら、予め魚屋でぶつ切りにしてもらって、ネギ、ショウガを散らして蒸すのがよろしいかと。

味と食感はフグ(河豚)系、と言ったら褒め過ぎか。プリン体を含むのか分からないけど、サイトには痛風の人は食べないように、とあった。肉が煮くずれなさそうなので、東南アジアでよく食べたナマズのカレーにするのが良さそう。次回試してみよっ♪

|

« 広州起義烈士陵園 | トップページ | バスについて »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/41890/51898906

この記事へのトラックバック一覧です: ナマズ料理:

« 広州起義烈士陵園 | トップページ | バスについて »