« 2011年4月 | トップページ | 2011年6月 »

2011年5月31日 (火)

桂林三日目

最終日はレンタサイクルにて観光。


陽朔の街を出てすぐこんな感じ

Img_2667


いきなり道に迷う

Img_2670

先頭を引くガイドが真っ直ぐ行ってしまうし、他のガイドは左に曲がれと言うし...


そして観光客の渋滞を引き起こす

Img_2671


なぜ馬が???


Img_2674


そしてまた道に迷い


Img_2675


二人乗りもあります


Img_2681


昨日は発動機のないホントの筏に乗りたかった

Img_2689


上とは別のところで筏を漕ぐ、セルフサービス

Img_2714


今日の戦闘車両、ジャイアント謹製ママチャリ

Img_2731

シートを目一杯上げて DHポジションを取れば、結構いける。(笑)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年5月30日 (月)

桂林二日目

は、お約束の陽朔での川下り。


こんな乗り場から乗船

Img_2572

竹で組んであるのかと思ったら、塩ビパイプで出来ております。観光の効率化のため発動機も装備。


かなりの混雑

Img_2594


たまに接触します。(苦笑)


20元札の絵柄

Img_2629

は、船着き場からのカットだそうです。


午後は鍾乳洞へ

Img_2632

長蛇の列に並ぶのは、未だに慣れません。


駕篭に似た乗り物

Img_2650

がこの国の観光地にはよくある。駕篭に担がれて鍾乳洞を見ている観光客を二人見かけた。日本だったら脚が悪くなったら、担いでくれる人もいないし、いたとしても気詰まりでそこまでして出かけないだろうな。そういう意味では、この国は観光先進国か。


| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年5月29日 (日)

桂林一日目

大学が企画した桂林の旅行に行ってきた。金曜日午後に出発するのに、旅行のことが知らさせたのは月曜日。この国らしいと言えばそれだけなのだが。


結構ちゃんとしたバス

Img_2553


日程

Img_2554

だいたいこの手のイベントで時間通り出発したことがない。1時間押して出発。

陽朔というところに着いて、西街という繁華街をブラブラしてたら、


コレを発見した

Img_2562

ロシア人が購入してた。意味不明。


結局午後10時すぎに夕食

Img_2556


名物らしい

Img_2557

写真のヤツは食べてなくて、38元の安いヤツを食べた。


つづく...



| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年5月26日 (木)

プールネタの続き

そんなに毎日がんばってトレーニングしているわけではないのだが...


大学の中に屋外プールがあり、5月の始めから営業していたのだが、健康証明なるものを取得しなければならず、しばらくうっちゃっておいた。


ちょっとショボイ学内の病院

Img_2538

にて血液検査。そういえばこの国で病院行ったのも初めてだし、注射の針を刺されるのも初めてだった。どうも肝炎の検査をしている模様。異常なしということで、証明書をもらう。


屋外50mプール、一回5元です

Img_2551

なぜかココのプールは平日は夕方5時20分からしかやってなくて、一番行きたいお昼前後に営業していない。なんたる服務態度。たぶん、5時に晩メシを食べてから営業を始めようという腹なのであろう。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年5月25日 (水)

ウチのプール

と言っても、当然、拙宅専用ではなく、社区の真ん中にあるのだが。


平日の昼間なので誰ももいません

Img_2545


と思ったら、2時半までお昼休み。

Img_2546


こっちの人は結構お昼寝するからな。結局、2時半に出直して行ったら、一人で貸し切りでした。小さいひょうたん型のプールなので、ガシガシ泳ぐわけにもいかないけど、ドリルとか適当にやるにはいいかも。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年5月23日 (月)

豪雨のち漏水、それも派手な

自然現象には文句は言えないとしても、ウチの漏水ネタについてはもう書きたくないと思いつつ、ネタの方が尽きない。


きのうの朝、広東語の学校に行こうと思いマイクロバスに乗ったら、激しい豪雨。


この有様

Img_2533


道路がかなり冠水してた。もともと濡れてもいいような半パンとサンダルで学校に行く。こっちは雨の降り方が結構東南アジアちっくで、ひとしきりザーっと降ったら、あがってしまうことが多い。

昼過ぎにせっかく晴れたと思ったら、家の中で雨が降ってた。笑えない。


トイレの便器と壁から出ている水道管をつなぐ管が壊れて

Img_2535

周りが水浸し。この手の管を使っている箇所は、これですべて自分で修理したことになる。これまでに修理したのは、電気湯沸かし器周りとシャワーの蛇口周り。あまり言いたくないけど、大家さんが安普請で内装をしたのか、この手の部品の信頼性が低いのか、ホント頭が痛い。

たいしたことではないのですが、あと他のお悩みは、現在ケーブルテレビで中央電視台1チャンネルと、広州のチャンネルが1チャンネル写るだけで、他がなぜか見られない。明日、ケーブル会社に電話するか...

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年5月20日 (金)

課外活動みたいなもの?

に一昨日行ってた。荔枝湾行って観光して、文化公園にて粤劇を鑑賞。


ホントはここに行きたかったレストラン

Img_2486

予約を取らないらしいので却下された。


こんな川が流れていて、というか流している

Img_2488


観光船あったり

Img_2492


お歌を歌っていたり

Img_2495


書道のおじさんが居たりする。

Img_2499


川沿いをしばらくブラブラした後

Img_2508


観劇の前の腹ごしらえ、蛇です

Img_2514

事前に注文を入れておき、お粥にして頂きました。味は特に。以前、唐揚げチックなものを食べたときは、わりとイケルと思ったのだけれど。


金辺とはプノンペンだが

Img_2516

まあ、そういう名前の水蛇でカンボジアから持って来たわけではないだろう、という意見で一致。


こんな劇を

Img_2518


を見たのだけれど、

Img_2524


観客はほとんど老人でした。

Img_2519

われわれが会場に入ると老人の一人が、物語の内容を説明してくれた。若い人が粤劇に興味を持つのは良いことだ、のようなことを言っていたのだろう。7時15分に始まって10時になっても終わらないので、我々は途中で切り上げてバスで帰りました。劇中の言葉は現在の広東語とも違うし(たぶん)、内容が分からないので、3時間見続けるのはかなり辛い。やはり年を取って時間が有り余るようになってから嗜む種類のものなのだろう。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年5月16日 (月)

鳳爪あげいん

鶏の足の料理は以前作ったのだけれど、土曜に飲茶に行って食べて美味しかったので、プロの味を忘れないうちにもう一度作ってみた。

前回からの改善点としては:

お店で食べたものには結構香辛料が使ってあったので五角粉を用意。
プロのものはコラーゲンがふわふわだったので、前回サボったが下ゆでのあと油で揚げる手順も追加。
鍋で煮るのでなく蒸し上げるので、片栗粉を購入したが使うのを忘れた。


豆豉(納豆のような発酵食品?)も購入 2.5元

Img_2473


下ゆで後醤油で下味をつけて油で揚げるときに、やはりとんでもないことになって、中華鍋の油が大爆発して、腕に名誉の負傷を負った。二の腕に紫色の点々の火傷の跡が。そのうち水ぶくれになるかも。台所周りも油だらけになった。


そのような多大な犠牲を払って作られた鳳爪の豆豉味がコレ

Img_2474

上のような理由で油で揚げる時間が短かったので、プロのようにふわふわにはならなかったが、豆豉を入れることによりコクが出たし、自分が食べる分には味的に満足できる仕上がりになった。

しかし、下ゆで、下味付け、揚げ、大蒜葱生姜を炒めて調味料と鶏足をからめて、ここまで1時間。蒸しで4-50分蒸したので、合計2時間も使ってとっても時間がかかってしまった。

材料費も鶏の足 12個で今回 12.5元だった。日本だったら需要が少ない部位だからもっと安いと思うのだが。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年5月15日 (日)

広州の飲茶に

はじめて行ってきました。


陶陶居というお店

Img_2442


あまり美味しそうに撮れてないけど

Img_2446

美味しいです。鳳爪をはじめこんなものを食べました。覚えている限りでは、シュウマイの類、エビの入った皮が透明な餃子みたいな形したヤツ、ダイコン餅、豚の蜂の巣を煮たようなもの、雪見大福チックな餅、チマキ、カスタードの饅頭、ドリアン入りのお菓子等々をお茶を飲みながら食べた。


近くの広州酒家には

Img_2448


食は広州にあり

Img_2449

と日本語で書いてある。写真を撮って、ウチに帰って6年前に広州に旅行に来たときの画像を見ていたら、同じ場所で同じ文句の写真を撮ってた。同じ構図で撮ったことを忘れているし、まったく進歩がない。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年5月14日 (土)

王菲のコンサートに

昨晩行ってきました。


広州国際体育演芸中心

Img_2426

市内から遠い!地下鉄5号線の終点まで行き路線バスで行く予定だったが、いつまで待ってもバスが来ないので、タクシーを拾った。メーターを倒してくれなくて、会場まで50元。こちらの人はたくましいので、演芸中心まで行くのか?と声をかけてタクシーを相乗りしてた。


2011大陸ツアーと言ったところなんですかね

Img_2428


ポーズを取っての記念写真は基本です

Img_2431


1280元でこの位置、高いっ!

Img_2432


デジカメその他で撮り放題

Img_2438

開演するとS席の方に写真撮りに降りて行く人でごった返すは、私の隣の人はコンサート中電話してるし、後ろのおじさんは大きな声で歌ってくれちゃうし、予想していた展開とはいえ疲れるなあ。

最近のお歌は全然知らないので、曲名が分かるのが二曲あって、聞いたことあるかな、というのが一曲あった。「夢中人」をちょこっと歌ってくれただけで私的には満足です。


帰りはバスにて

Img_2439

22時半頃終了したのだが、場所が開発区の真ん中で地下鉄も近くに通っていない。途中の天河までこのバスで行き、その後は地下鉄がすでになくなっていたので、タクシーにて帰宅。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年5月11日 (水)

学生寮潜入!?

金曜日にある王菲(Faye Wong)のコンサートのチケットを譲りたいという人がいたので、それを受け取りに男子学生寮まで出かけて行った。


大雨のあとで虹が出ていたので、ムサい男子学生がそろって携帯を片手に空を見上げていた。

Img_2409


そんなに珍しいものでもないだろ、

Img_2408

と男子学生に聞いたら、いや結構珍しいものです、と言われてしまったから、そうなのだろう。


6人部屋でエアコンなし

Img_2405

天井に二台扇風機があったけど。すでに日中の気温は 30度を越えているので、これからが辛そう。例に漏れず、PCでゲームに熱中されておられました。想像していたよりは、内部は広いと思った。(もっと劣悪なのを想像していたので)


二段ベッドで蚊帳を吊って

Img_2406

うちの社区の住民も結構蚊帳を使っているみたいで、私自身がエアコンをつけて寝るのが好きでないので、ん十年ぶりに蚊帳を買って使ってみようかな。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年5月 8日 (日)

食在広東?

うーん、と思わず唸ってしまうニュース2件。


数年前の SARS の時に、こっちで野生動物を食べちゃうとか、ハクビシンが問題になったのを思い出した。


国家二級の保護を受けている鳥類だが

Img_2374_2


スープにしたり鍋にすると美味しいらしい

Img_2373

胎盤も

Img_2387


1時間ちょっと煮るといいらしい

Img_2379


| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年5月 7日 (土)

口福な一日

以前にも作った清蒸鱸魚に改善を加えまた作り、果物屋にドリアンとマンゴスチンが出回りだしたのでそれも頂く。

以前にも作った清蒸鱸魚

Img_2357

に対して香りを出すために、蒸し上げて器に盛ってからかける油をピーナッツ油にした。味的にかなりバージョンアップしたと思う。


使用後

Img_2358

美味しく頂きました。この国ではブラックバスとか養殖してないのかな。清蒸にしてみるとかなり美味しいと思うんだけど。


最近くだもの屋さんにはドリアン

Img_2363

を路上とか果物屋でたくさん売っているのと、昨日頂き物でドリアンの飴を食べたので、無性に食べたくなった。日記をひっくり返して見ると、去年の6月に杭州でドリアン食べてた。


でもマンゴスチンが

Img_2364

いちばん好きかも。マンゴスチンはさすがに道端で売ってないし、すべての果物屋にあるわけではないようだ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年5月 5日 (木)

早くも卒業式のシーズン

まだ5月の第一週なのですが。


人がいっぱい

Img_2340


商魂たくましい

Img_2341


借り物だそうです

Img_2332


| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年5月 3日 (火)

昨日の続き、香港空港→広州バス

HKIA に夜の 11時前に着いて広州までのバスに乗れるのか、乗れなければタクるのか、という問題があった。

広州から香港国際空港のバスや、九龍から広州へのバスについては前に書いたのだけれど、今回は空港から広州。しかもフライトの香港到着予定が 22:50と結構キツイ。

CTS のパンフレットによると、香港国際機場→広州の最終バスは 21:50。土曜にもらった広交会期間中の最終バスは22:50 と書いてあったが、係員にマジックで消された。結局、広交会のあるなしに関わらず、最終は 21:50ということか。

昨晩は、マジックで消された 22:50 の便が実は存在していないかな、と期待して11時前に到着階にあるCTS のカウンターに行ってみた。服務員に聞いたところ、無線で誰かと話して、まだ便があるからアッチに行けと言われる。SkyLimo と書いてある、深セン空港行きのバス・リモを扱っているちょっと離れたカウンターへ。すぐ出発するから、と言われ、あっさりチケット購入。HKD250


8人乗りのバン

Img_2313

に 7人の客を詰め込み出発。香港側のイミグレーションは車から降りずに出境。ドライバーがすべての乗客のバスポートをイミグレ職員に渡し、バンのスライドドアを開け、職員がブースから車の中を覗き込みパスポートと本人を照合する、というもの。車に乗ったまま国境(ホントは国境じゃないけど)を越える、というのは面白い体験だった。


通寳バス?環島旅運?とかいうところが運行しているみたい

Img_2315

英語のレシートを見ると、Trans-Island Limousine Service Limited とある。どれが社名なのかよく分からん。深セン側のイミグレを抜けたあとは、広州行きの大型バスが待っており、それに乗る。夜中の12時過ぎに乗車したけど、なかなか出発しなくて、結局出発したのが 1時前。バスを満席にしてから出発するつもりなのだろう。で、結局、広州の家についたのが、3時ちょい前。疲れたなあ。


| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年5月 2日 (月)

帰国三日目

朝から新幹線で移動。前の会社の同僚の人達と昼ご飯を食べ、ビックカメラで炊飯器はあきらめモバイルプリンタを買おうと思ったら意中のモノがなくて、たいした買い物もせず成田まで来てしまった。

丸の内のオアゾの丸善で書籍を購入したあと、成田エクスプレスに乗ろうとして、JRの職員に聞いたら午後3時台の列車が無いでないの。なんでも震災以降間引いているとのこと。日暮里に移動して京成のスカイライナーに乗ろうとしたらこれも45分くらい待たないと次の列車がない。


普通の特急

Img_2309

しょうがないので、以前よく乗っていた特急にて空港まで。特急料金払わなくていいのはいいんだけどね。

関係ないけど、日本のネットワークから QQとかやっていると機能が制限されるんだな。かの地から Facebook や Twitter が出来ないことの逆のことがあるとは思わなかった。


香港成田から UA が撤退して久しいが、米系で他の選択肢は DL しか無い。久しぶりに「北ウイング♪」からチェックイン。写真を撮ったところ以外、カウンターが開いていなくて、そもそも北ウイングを使っていた航空会社がフライトを休止したのか、かなり寂しい雰囲気だった。

Img_2311

香港着が午後11時前で、その時間直通バスとか無くなっているので、広州までどうやって行くか今のところ未定。(汗)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年5月 1日 (日)

帰国二日目

一日中ウチにいてテレビ見てた。予想してたよりかなりこの国のセンチメントが悪い。


名古屋でもたかじんやってた


1304254331557.jpg

向こうにいる時は、youtube で見てたけど、東京では放映できない内容だろうな。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2011年4月 | トップページ | 2011年6月 »