« これを使って勉強する子供が不憫だ | トップページ | 広州話の学校 »

2011年4月 3日 (日)

漏水だって

こっちのマンションの作りがいい加減なのは来る前から分かっていたが、下の階の住人から文句が来るようになるとは。


昼過ぎに大家さんから、下の階のバアさんが漏水すると言っておる、今から行く、と電話あり。


プライバシー保護のため逆光で(ウソ、ホントは iPhoneの使い方を知らない)

Img_2076


ほどなくして、大家さん、おばあさん、管理会社の人及び修理の人が来て侃々諤々。どうも台所の水道周りから水漏れしてそれが伝って下の階の天井に漏水しているのではないか、という結論。


修理中

Img_2078

背後に写るフライ返しとかネギの切れ端から、ちゃんと料理をしていることをお分かり頂けるであろうか。ま、見た感じ蛇口からの漏水はなくなったのだが、階下の漏水が無くなったかどうかは不明。

以下、その手の不具合に対する愚痴ですので、気を悪くされぬよう。

風呂場(と言っても浴槽はなくシャワーなのだが)のシャワーの蛇口の漏水。それと、そもそもカーテンを設置する設計思想がないと思われ、シャワーを浴びると便器が水浸し。洗面所の扉が木製なので下の方が腐りかけてる。
 → 現在放置中

ベランダのサッシが斜めって閉まらなかった。
 → これは大家さんが力づくで解決。まだ隙間あるけど。

夜、本を読んでいたら、頭上の白熱電灯が焼け落ちて来た。
 → 呆れた。放ったらかし。

入居時は自炊をしていなかったので気がつかなかったが、冷蔵庫が故障。洗濯機も同様。
 → 大家さんは今週持って来ると言っているが、今日とか28度くらいあって冷蔵庫無しはつらい。

ベッドルームの寸法に合わないベッドのため、部屋の中でベッドが斜めっている。

トイレのふたと便座を跳ね上げても、手前に倒れてくる。分かります?ありえない設計。男には不便極まりない。それよりなにより、説明しずらいが、モノを流す部分の構造がサイフォンの原理を使った構造になってないので、通常そこの部分に水が溜まっていなくて、下水周りの排水管と空気が通じていて困る。要は臭いということ。

この国に来る前の知識としては知っていたが、とにかく水回りが弱い、というかいい加減。製品もそうだし施工もそう。たぶん、築7、8年だと思うのだけれど、蛇口とかメッキが剥がれて緑青みたいなの浮いてるし、台所の扉の蝶番とか壊れてるのあるし。台所のシンクの上に使わない食器乾燥機があるのだが、洗い物をする時に頭をぶつけそうになるし。関係ないけど、ステンレスと誇らしげに書いてある包丁も一発で錆びます。

ひとつの例ですべてを論じるのも良くないので、すべての住居がこのようなわけではなく、ウチの大家さんが内装の費用をケチったのではないか、という憶測も書き添えておく。(こっちで言うマンションはコンクリ打ちっぱなしの箱に過ぎず、内装は自分持ちなので)

住居の至る所で使い勝手というか、エルゴノミクスを全く考えられていないというのに閉口する。玄関のドアのカギとか死ぬ程回しにくい。防犯用のドアを含め二枚あるので毎日イラッっとしてしまう。

たぶん細かい人がこの手の住居に入ると耐えきれないと思う。ということで、家賃1万元〜2万元の価格帯のマンションではこの手の気苦労がないのではないかと想像したりする。以上、愚痴でした。

|

« これを使って勉強する子供が不憫だ | トップページ | 広州話の学校 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/41890/51295506

この記事へのトラックバック一覧です: 漏水だって:

« これを使って勉強する子供が不憫だ | トップページ | 広州話の学校 »