« ホントにもう乗りたくない | トップページ | トレーニングルーム完成? »

2011年2月25日 (金)

クラス分けテストと手続き諸々

そういえばブログのタイトル変えていませんが、3月から広東外語外貿大学というところに半年お世話になります。

1年こっちでプラプラしててまたか、と言われそうですが。口語をもうちょっと上達させて、片言の広東語もついでに、というアマアマな目論みです。


で、今日は、昨晩宮崎学氏の文庫本を2冊読んで、朝起きられなかったのだが、なんとか午前中にクラス分けの試験というかインタビューに。

老師に今までどんな勉強してたのか聞かれ、いつもこのつかみを使っているのだが、日本にいるときは、仕事帰ってきてからビール飲みながら NHK の教育テレビ見てただけなので、何もやっていないに等しい、とカマし、とりあえず失笑を買い、その後、杭州の浙江大学で2学期勉強して、HSKは云々を言う話をした。1年で8級とは大したものだわね、とお世辞を言わるも、いや日本人の常で口語がダメなんです、などとお話をする。

どうもこの大学は AからHまで 8段階にクラスを分けているようで、それぞれのレベルの課文を音読させられている間、どこに放り込まれるのかなあ、と考えていたら、老師が口語を上達させたかったら「文化班」なんかいいんじゃないの、ほら美国から来ているなんとかさんもいるし、討論できるんじゃい、等々老師同士話が盛り上がって、「文化班」に入れられることになった。


早速、教科書を購入、全部で 236元也。

Img_1859

閲読とリスニング&スピーキング。高級の文字が十分ビビらせてくれます。


国情と伝統文化&現代生活かぁ

Img_1860

先生に、もともと理系なのでこの国の文化への理解度低いんですけど、と言ったら、じゃなおさら勉強してもらわないといけないわね、とあっさりかわされる。国情の教科書の方は、パラパラっと見たら、地域別の産業やら、第何次産業の現状云々という記述があったような気がする。ま、この手のネタを仕込んでから、討論できるようなクラスであれば効果は高いのではないか、と思ったりもする。


古代の歴史と作文

Img_1861

歴史はちょっとつらいかも。わたくし、高校時代共通一次は(いくつだよオマエ)地理で行くと決めていたので、世界史の時間はほとんど居眠りしておりまして、まったくダメです。作文は、うーん、よく分からない。教科書云々より、クラスにどれだけ人数が居て、学生に書かせる頻度と教師がどれだけ添削のサイクルを回してくれるかに依るでしょうね。

総括すると、中級の教材より更に字が小さくなった。それゆえたくさん読まなければならない。当たり前か。


大学前の飲食店の並びに、1月に何回か行った「拉腸」の連鎖店があったので

Img_1858


エビを米粉で包んだものと、モツ粥を昼食に

Img_1863

広州に来てから食べ物がなんでも美味しく感じられ、チェーン店でも全然味に満足してしまう人なんだけど、今日は、気温が 25℃くらいあった(当社比)ので、さすがにお粥は食べるのがキツかった。


なまじ引越しなんかするものだから、いまの住居でまだネットに繋げないので、電信の直営店に行って、開通の申し込みをする。今日から24時間以内にお宅に伺う、週末でも来る、とおっしゃる。ホントかしら。

銀行もコッチだと省を跨いだ送金、現金引き出しで手数料を毎回取られるので、すでに上海と杭州で持っている招商銀行のカードを作りに行く。杭州と違って広州はもっと人口が多いので、窓口で小一時間待たされたが、カードに名前が入らないので、その場で ATM カードをくれるのがありがたい。

招商銀行って、深センが始まりで、広州にもいっぱい支店があるかと思いきや、自分トコの近所に無くてバス乗って支店に行かなきゃいけないので面倒。でもせっかく網上銀行の使い方になれたので、他の銀行行くのも面倒。


|

« ホントにもう乗りたくない | トップページ | トレーニングルーム完成? »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/41890/50966981

この記事へのトラックバック一覧です: クラス分けテストと手続き諸々:

« ホントにもう乗りたくない | トップページ | トレーニングルーム完成? »