« 引越し、一回目 | トップページ | やはりこの人たちには敵わないのか »

2011年2月16日 (水)

引越し、二回目

昨夜10時過ぎに杭州に戻って、今日また朝8時のフライトでお運びさん。


今日は sarfas の bike case 入りのバイク、ホイールバッグ入りのホイール2本、旅行カバン2個、バックパック1。sarfas のケースは 10kg 近くあったような気がしたけど、計量では全部で 18.6kg だった。


今日も全部で 70kg くらいか

Img_1760


sarfas はもともと、海外にでも行く時に使うかと思って買ったのだけれど(X線検査機にギリギリ通るサイズになっている or UPS でギリギリ受け付けてくれるサイズと言われたことがある)日本にいるときはほとんど宅配便利用専用の箱だった。

箱の短辺に2個キャスターが付いて反対側に取っ手というかヒモが付いているだけなので、空港等で引きずり回すとかなり疲れる。垂直の移動は当然として、水平の移動も約 20kg の箱を斜め 45°にして手で持ち上げていないといけないので、100m も引きずっただけで結構握力無くなる。

一度目は石垣島に自分で持って行ったときで、まず箱崎までタクシーで行き、羽田行きもバスに乗って行った。二度目は都内のホテルから羽田までタクってしまった。

ので、前述の下の4つキャスターが付いている SCICON を大枚はたいて買ってしまった。前後のホイールを外すだけで、ハンドル周りは分解しなくても良いので引きずり回すのは、全くもって没問題。どうしてもハンドル周りがかさばるので、タクシーの後部座席に押し込むときに小さい車だと少し苦労するけど、問題不大。


昨日、SCICON をチェックインしたときは、大きすぎるので服務員を呼んで運ばせていたのだが、今日の sarfas はなまじ X線を通ってしまうので、チェックインカウンターの裏の自動でバゲッジが流れるところにホイールバッグ共々流されて、広州でちゃんと出てくるかちょっと不安。一応、頑丈な素材で出来ているので問題ないと思うのだが...


|

« 引越し、一回目 | トップページ | やはりこの人たちには敵わないのか »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/41890/50885226

この記事へのトラックバック一覧です: 引越し、二回目:

« 引越し、一回目 | トップページ | やはりこの人たちには敵わないのか »