« ここ最近のニュース | トップページ | 初泳ぎ »

2011年1月11日 (火)

可怕的朋友

たいして試験勉強もトレーニングもしていないのに、またマッサージをしてもらっていたところ、友人から電話が。

バングラデシュのダッカインデックスが激下げしてるが大丈夫か?と電話だった。

確かに日曜に DSI は10% (ちなみにイスラム教の国ですので日曜も営業日)下げ、月曜朝いきなりパニック売り&全面取引停止になって、計20%くらい下げていたのはそうなのだが、そんなことブログに書いても面白くないので、ま、しばらくほっときゃ上がるだろうと思って放っておいた。

結果、今日インデックスで 15%上げたところで、友人から電話がかかってきた次第。最近のお友達はコモディティを炒作していると思ったら、そこまでご存知だったとは。びっくり。

ちなみに株、不動産、先物等の投機的取引に対する動詞は、は「炒める」ことになっている。炒股(炒作股票)、炒房(炒作房子)などと言う。中華鍋を振っている動作を連想させて好きな動詞のひとつだ。(笑)

|

« ここ最近のニュース | トップページ | 初泳ぎ »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/41890/50560559

この記事へのトラックバック一覧です: 可怕的朋友:

« ここ最近のニュース | トップページ | 初泳ぎ »