« つながらない | トップページ | 国慶節快楽! »

2010年9月27日 (月)

最も有名な日本人とラジオ

人に薦められて機内で読んだのだけれど、鳳凰衛視とか各種メディアでご活躍らしい。


伊豆と北京が並列というのが引っかかりましたが

Img_1042

ご本人の説明があって、静岡県と名乗っても通じない、川端康成の影響で伊豆は知名度があるので、伊豆出身と名乗っている、とのこと。

拙い感想文はまたの機会にして、ご本人の初期の語学の学習法について同感なところもあるので、記憶に残っている書いてみる。会話については北大内のアイスクリームか何かを売っているオバサンを捕まえて毎日話をする、保安から人民日報をもらって読む・辞書をいちいち引かない・内容についてヒマな保安と話す、リスニングについてはテレビでなくラジオを活用。

会話については、とにかくたくさんしゃべらないと始まらないというところは私の考え方と同じだが、如何せん杭州でそこら辺のおじさんおばさんと話をすると普通話の発音が南方訛りがあるので分かりにくかったりして、とりあえず初学者の私はお金で老師を雇うことで解決している。

わりと早い時期から新聞・雑誌を読むのは私もやってた。他の国の人に比べて、漢字が分かることを最大限利用しない手はない、と思ったから。さすがに人民日報は読んだこと無いけど。筆者によると、人民日報は最も正式な新聞であるから多くの校正を経ているので文法的な間違いは無いだろう、との理由付けだった。新聞の種類はともかく、新聞、雑誌、本は読むことにしている。

ラジオについてというか、テレビについては私が最近疑問に思っていたことがそのまま本に書いてあった。どういうことかというと、日本人は漢字が分かる分どうしても字幕に頼ってしまって、番組が終わった後に内容は聞いて分かったつもりでいるのだが、実は字幕に頼っていてリスニング能力の向上にはあまり役に立たない、漢字をあまり知らないレベルの西洋人にはテレビは逆に有用ではないか、と言っていた。自分のリスニング能力がイケていないのも、自分なりに上記のような理由ではないかと思い、せっかく本を読んだところなので、今日のお昼間ラジオを買いに行った。

近くの電脳城に行ったのだが、予想通り今どきラジオを買う人はいなくてなかなか売っているお店を見つけられなかったのだが、電子辞書とか学習用用品を売っているお店で聞いたら、売っていた。


いかにも普通のラジオ

Img_1043_2


追加

日本語の記事があった。

http://business.nikkeibp.co.jp/article/world/20101005/216501/?P=1

|

« つながらない | トップページ | 国慶節快楽! »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/41890/49572316

この記事へのトラックバック一覧です: 最も有名な日本人とラジオ:

« つながらない | トップページ | 国慶節快楽! »