« 普通語の財経 Podcast | トップページ | 今日の e線金融網(普通話) ポッドキャスト »

2010年7月25日 (日)

週末の読書

週刊誌とか新聞を読むのを読書とは言わないのかもしれないが。

週末ウチにいるときはキャンパス内にある新聞雑誌のスタンドから三、四種類の新聞雑誌を買ってきて読んだりしてた。これまでは適当に単語を拾って記事を見てるだけだったけど、7月の1ヶ月のクラスに2週間出席して、口語ではなく書面語の課文に接しているせいで新聞がこのところだいぶ読めるようになってきた。(気がするだけ?)

気が向いた記事を適当に読むだけなのだが、最近の週刊誌のネタとしては、相変わらず富士康、不動産ネタ、医療改革、大連の石油漏れ、新能源・BYD、農行・光大IPOなどなどあり。

富士康については、系列会社で 13人目が飛び降りたとか読んでたらキリがないので、ザザッと見てたら、現在の従業員数は 90万人で 2010年の売り上げのうち三分の一が Apple からになりそうなので、単純に考えて 30万人(!)が Apple 製品に携わっている、などなどの記述があった。


全球最大的房地産公司

Img_0494_2

万科が7月に空前の 600人を雇うとか。落札したこれまでの Tier 1に比べて利益率の高い Tier 2&3 の城市のプロジェクトに人員を投入するとか等等。


秘密戦線らしい

Img_0490_4


鉄電池(リチウムリン酸鉄電池)生産の新工場が思うように進んでない、新能源のパネル用のソーラーグレードの多結晶シリコンにしても、BYDが採用している"物理法" (? 日本語で対応する製造法分からず) は "西門子法" (シーメンスですな)に比べてよろしくない、ただ軌道に乗れば美国の住宅市場に投入する経路は確保してある(もともと股神巴菲特率いるバ社の下にソーラーの会社ありますから)等等の内容だと思う。

で、テレビのチャンネルをスキャンしてたら、広東の電視台でたまたま BYD のタクシーが写ってた。


Img_0492


経済観察報によると、今年これまで納めた F3DM は20台前後で、そのうち 6月の12台は深圳市に売ったそうな。計画によると深圳のタクシー会社から 40人の5つ星運転手を選出して、40台の F3DM を投入するとか。月給 6000元。前述の富士康が深圳から内陸にどんどん移動しているので、深圳市政府としても BYD に肩入れしたいとか、の段落あり。


|

« 普通語の財経 Podcast | トップページ | 今日の e線金融網(普通話) ポッドキャスト »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/41890/48976677

この記事へのトラックバック一覧です: 週末の読書:

« 普通語の財経 Podcast | トップページ | 今日の e線金融網(普通話) ポッドキャスト »