« 2010年6月 | トップページ | 2010年8月 »

2010年7月31日 (土)

朝練行ってきました

昨日のプロと同学と三人で朝からバイク練。一ヶ月半サボっていたのと実感させられる。


まずは自分のレベルを知る必要がある、ということで龍井路でタイムトライアル。約2.5キロの登りなのだが、スタートしていきなり心拍数が190をヒットしてしまったので、少しペースを落として、それでも180-183拍でヒルクライム。ここまで心拍数を上げたのは、去年の五月の筑波の8時間耐久以来だわ。


ハズカシながら、これから改心してトレーニングして記録が向上することを期待して、記録を残しておくことにする。仕事でも遊びでも measurable なのは大事、と自分がヘタレなことを正当化。

Time 9:40
HR Max 183
Distance 2.6 km
Average/Max 16.4 / 33.6 km/h
Cad. Ave 74 / 112
Ascent 125 m
Temp 30 degree

その後川沿いの平らな道に移動し、先生から 40km/h で巡航しなさい、とのことなので、最初の 10km くらいまではローテーションに加わっていたのだが、その後千切れる。

ローテーションで休憩しても平均時速40キロを維持できないのだから、40キロを1時間でこなせるようになるのはいつの日か。とほほ。6月のこっちのトライアスロンのバイクパートは6キロの折り返しコースでスピードの上げ下げがあったとしても、1時間9分もかかっているので依然として遅い。

先生は平均時速40キロで走ろうと思って練習しないといつまでたっても実現しない、とおっしゃるのだが...


帰り道ちょっとリラックスした瞬間に撮ってみた

Img_0503


| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年7月30日 (金)

バイク練行ってきました。

お昼に出発して気温36度のなか約1時間。ヘタレているためか暑さのためか、心拍数も登坂でほとんど MAX の 187拍までいってしまったし、ほとんど常に 160オーバーで目的地の平坦路に着くまでに疲れてしまった。

他の人に着いて行くために下肢に頼ったペダリングをしたためか、普段疲れないふくらはぎに疲労感がどっさり。着いて行くのので精一杯なので、途中の写真無し。

お昼間は暑い(当たり前か)ので朝練にしよう、ということで、プロと同学と三人同じ面子で明日の朝また行く予定。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年7月29日 (木)

ツアー・オブ・青海に出てた

選手とひょんなことから昼ご飯を食べることになった。

このあいだ、ツールの記事を読もうとして新聞を買ったら、地元の青海省でのツアー・オブ・青海の記事しか出てなくて、文句を言ってところなのだが。


たぶんゴールシーン

Img_0483


暑假期班の同学と話をしているときに、タダでさえ狭い部屋に二台も自行車を置いているから狭い、という話をしていたら、その人もバイクに乗るらしく、でも美国からこっちには持ってきてなくて、その青海でのレースに出てた人のバイクを借りてる、とか言う話から三人で昼飯を食べることになった。

ここにはあまり書く事が出来ないが、同学がプロに聞くので、ロードレース中のトイレの話とかをご飯を食べながら(!)興味深く聞かせてもらった。

スポンサーシップを受けている選手と言っても、ご近所の学生楼に住んでいる人で、この間の学期は三班で中国語の勉強をしてたとか。学内でオルベアをたまに見かけたし、ディープリムを履かせているときもあるので、タダ者ではないとは思っていたが、プロだとは...

明日のお昼に、同学とプロと三人でバイク練に出掛ける予定。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年7月28日 (水)

会社にアニメキャラが...

だいぶ前になるけど、前の会社の同僚のところに遊びに行った時にビックリした。


会社の中庭がなんとも

Img_0255


悲しいかな私が前に居た会社のビルは、少し前にこちらの不動産会社に買い上げらまして、で、その企業集団の中にアニメ会社もあるらしく、最近ビルに入居してきたらしい。トイレの男女のサインもアニメキャラだし..

そういえばこの間、ニュースでこちらの美少女漫画家(と言われているらしい)人が台湾を訪問して記者会見しているときに、スポンサーの名前に杭州市の名前があった。

杭州がアニメ産業に力を入れていて、毎年アニメフェアをやっているのは知っていたが、上の写真はちょっと悲しい...

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年7月27日 (火)

ブルーベリー風味亀ゼリー

このあいだもストローで飲み込むヤツ買ったけど、今回はブルーベリー風味。


学生装というのがよくわからん

Img_0499


200克 というのが普通より量が多いのかも。で実際食べたら、200g は多かった。秋のロマンの味?


| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年7月26日 (月)

今日の e線金融網(普通話) ポッドキャスト

ゲストが広東語をしゃべってて、主持人も時々広東語に切り替わって全然わからん。主持人はゲストに向かって普通語の放送局なんだから、と一応言っていたが。

今日の午前中は、4週間の夏の学期のうち3週間目に入ったので二人目の老師に交代した。どうも老師の質に差があるのだが、またそれは後日。

午後、補習を2時間やって、宿題をやろうと思って茶館に行ったら、この間偶然あった以前の会社の同事と2時間くらい話していたら、さすがに後の方は、「今日耳日曜」状態になってきて疲れた。朝ひさしぶりにバイク朝練をしたからかも。


朝6時前の西湖

Img_0498_2

そもそもハスの花の季節を知らないんだけど、咲いてました。6月15日以来ロクに乗ってないから、西湖まわりの平地をチンタラ走っていても心拍数が 140拍超えてるし、龍井路を登り始めたらすぐに 165を突破するし。

昨日の晩プールで泳いだ時にチンタラ泳いでも結構心拍数上がってるなあ、と思ってたら、今朝数値をもって実証されました。トホホ...

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年7月25日 (日)

週末の読書

週刊誌とか新聞を読むのを読書とは言わないのかもしれないが。

週末ウチにいるときはキャンパス内にある新聞雑誌のスタンドから三、四種類の新聞雑誌を買ってきて読んだりしてた。これまでは適当に単語を拾って記事を見てるだけだったけど、7月の1ヶ月のクラスに2週間出席して、口語ではなく書面語の課文に接しているせいで新聞がこのところだいぶ読めるようになってきた。(気がするだけ?)

気が向いた記事を適当に読むだけなのだが、最近の週刊誌のネタとしては、相変わらず富士康、不動産ネタ、医療改革、大連の石油漏れ、新能源・BYD、農行・光大IPOなどなどあり。

富士康については、系列会社で 13人目が飛び降りたとか読んでたらキリがないので、ザザッと見てたら、現在の従業員数は 90万人で 2010年の売り上げのうち三分の一が Apple からになりそうなので、単純に考えて 30万人(!)が Apple 製品に携わっている、などなどの記述があった。


全球最大的房地産公司

Img_0494_2

万科が7月に空前の 600人を雇うとか。落札したこれまでの Tier 1に比べて利益率の高い Tier 2&3 の城市のプロジェクトに人員を投入するとか等等。


秘密戦線らしい

Img_0490_4


鉄電池(リチウムリン酸鉄電池)生産の新工場が思うように進んでない、新能源のパネル用のソーラーグレードの多結晶シリコンにしても、BYDが採用している"物理法" (? 日本語で対応する製造法分からず) は "西門子法" (シーメンスですな)に比べてよろしくない、ただ軌道に乗れば美国の住宅市場に投入する経路は確保してある(もともと股神巴菲特率いるバ社の下にソーラーの会社ありますから)等等の内容だと思う。

で、テレビのチャンネルをスキャンしてたら、広東の電視台でたまたま BYD のタクシーが写ってた。


Img_0492


経済観察報によると、今年これまで納めた F3DM は20台前後で、そのうち 6月の12台は深圳市に売ったそうな。計画によると深圳のタクシー会社から 40人の5つ星運転手を選出して、40台の F3DM を投入するとか。月給 6000元。前述の富士康が深圳から内陸にどんどん移動しているので、深圳市政府としても BYD に肩入れしたいとか、の段落あり。


| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年7月24日 (土)

普通語の財経 Podcast

だいたい欠かさず見ているテレビ番組といえば、毎日 20:30 からの 凤凰卫视(鳳凰衛視)资讯台の股市风向标を見ているのだが、主持人の简福疆氏の話すスピードが強力に早いのと、A股の内容がほとんど H股は 5分くらい、肝心のH股を説明する香港の証券会社の人が強烈に広東語なまりの普通語なので、番組は見てるんだけど、ぜんぜん分かるようにならないなあ、と思ってた。

で、ポッドキャストで普通語のなんかいいニュースとかないか、と思い検索してたら、大陸発のものは予想通り引っかからなくて、香港電台 RTHK に広東語に埋もれて普通語の内容のポッドキャストがあった。

いろいろダウンロードしたなかで、e線金融網(普通話)がグッド。

(2010-07-23)の内容は、途中から美国の銀行改革についてで、美国のなんかの教授と電話をつないで放送してた。大恐慌後に成立したグラス・スティーガル法との違いについて言及するときは、流石に訳語がないのか美国の教授だからか英語でそのまま言ってた。CDS も。(苦笑)

ガチガチの中央の電視台の財経の番組と違って、パーセンテージはたまーに「百分之什么什么」と面倒くさいのか言わなくて、"percent" と発音してたりして、親しみが持てる。(笑)

1時間の番組なので、後ろの方に聴取者からの質問コーナーがあって、香港のオバさんが広東語で(おそらく)この持ち株はどうしましょう、みたいな質問をしてて、主持人が普通語で答えているのがちょっと笑える。

23日のポッドキャストはバックグラウンドが分かるからか、テレビでなくてラジオということでゆっくりしゃべっているのか比較的(比較的ですよ)分かりやすかった。これくらいの内容がしゃべれると、こっちの人とお茶飲みに行っても少しは間が持つかも。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年7月23日 (金)

食べ過ぎ

昨日は上海に用事があって、その後広東料理をたらふく食べて、今日の昼は同学と韓国料理、夜は食堂で野菜でも食べようと思ったら、太極拳の老師と出くわしてまた食べてしまった。


タクシーから西湖

Img_0482


昼間に公安局にパスポートの引き取りに行った時にタクシーの運ちゃんと話をしてたら、今日は空気もきれいで結構見通せる、とか行ってた。夏は空気中の水分のためそんなに見渡せないかと思ったけど、黄砂が飛んでこないおかげで景色がいいんですかね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年7月22日 (木)

前の会社の同僚とばったり、二回目

昨日茶館で宿題やってるときに、こっちの人に話しかけられて、話しているうちにナント私が前に勤めてた会社にも勤めてた人だった。

キャンパス内の茶館に行ったのも久しぶりだし、前の会社が全世界で何万人も雇用している会社なら別だけど、一番景気の良い頃で高々数千人の会社で、既に同じクラスに元同僚のアメリカ人がいるし、今度は地元の人でほんとに奇遇でびっくり。

その人はその杭州の会社に勤める前に日系に会社に勤めていたらしく、日本の話とかいろいろしているうちに、1時間半もその人とお話してしまった。向こうの言っていることの 7,80% しか分かりませんが...

今日は午前中3時間授業、午後2時間補習、1時間半おしゃべりで、計6時間半もとにかく聞いているか話している状態。

年齢的にも近いし電話番号も交換したのでまた連絡取って、お茶でも飲みながらお話できるといいなあ。口語の練習とかそういう実利的なことは別にして。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年7月21日 (水)

浙江商人列伝

キャンパス内の茶館でたまたま面白い本を発見した。

浙江商人というか浙江省出身の成功者列伝

Img_0469


「可怕的浙江人」とあるので恐るべき浙江人というところか。パラパラめくっていたら、いつも泳ぎに行っている包玉刚游泳池の名前が、浙江省寧波出身で香港返還以前に李嘉誠と並び称される海運王包玉剛にちなんだものだと発見した。

Img_0468


1980年前後のワーフ争奪戦の話はどっかで読んだ気がするけど、全然忘れていた。全くもって勉強不足。web を見てたら、包玉剛の娘の一人がコーンズの社長と結婚しているようで、ウチの近くのプールの名前から日本まで繋がっている縁にビックリ。


浙江籍といえば、当然アリババ(1688)の 马云 (馬雲)に関する記述もあり、ピンぼけですが。前に勤めてた会社についてもちょこっと本で触れられてた。

Img_0470


自分の知らない名前の人でも、温州の 100円ライター王の話とかいろいろ載っているので、また今度茶館に言った時に読んでみよっと。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年7月20日 (火)

お勉強の話なぞ

馬虎のなんちゃって学生ではありますが、最近の話などを。

7月の初めに期末試験が終わって、1週間の休みを挟んで4週間の暑假期のクラス通ってます。週5日午前中の授業で一冊の教科書を終えるので、スピードはかなり早い。

今日の昼は以前の同学と新しいカナダ人の同学と昼ご飯。加拿大人のご両親はイラン出身のようで、高校はイスラエルのムスリムの学校に行って、最近までは美国で弁護士をしてたそうな。どうりで聡明だと思ったわ。

いつまでこっちにいるの?と聞いたら、自分で新聞が読めるようになるまでと言ってたので、自分の持ってた新聞を渡した。


経済観察報

Img_0460

自分で読んで比較的読みやすかった記事を渡したのだけれど、ご本人曰く、おっ結構読める、と言うことだったので、じゃあもう勉強する必要ないじゃん、とお昼ご飯の一同で(笑)
ちなみに会話は全部英語です。(苦笑)

あとは、ビザの代わりになる居留許可証が 8月20日で切れるので、先日パスポートを持って公安に行ってきた。一週間で出来上がる予定。次の有効期限は来年の 2月20日まで。(って、まだこっちに居るのか!?)

そういえば、この間旅行に行った時にパスポートの残りページが3ページしかなくて、へんなところにハンコが押されないかヒヤヒヤものだった。


で、この先ですが、さすがにこの狭いドミにまた半年居るのもなんなので、現在物件を物色中。大学の門の前の高層マンションが短期のレントに出てた。

"四室一厅二卫二阳台一厨房" というと、4LDK なんだろうけど、web には一間あたりの料金が書いてあって、どうやって一室賃貸するのか不明...明日聞いてみよっ。


| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年7月19日 (月)

iPhone、iPhoto に関するお悩み

香港で iPhone 3GS を5月に買ってからずーっと悩んでいたことが。

iPhone で撮った動画を MAC 側の iPhoto で吸い上げられなくて困ってた。逆は問題ない。iPodVideo Converter なるソフトで DVD 等から作った MPEG4 を iTunes に転がしておけば勝手に同期してくれる。

iTunes の設定も含めてずーっといじっていたのだがわからず、PC では iPhone はデジカメとして認識されるようで、動画を母艦にコピーしたい時は Windows 7機を立ち上げてた。このあいだ旅行してた時は、iPhone、USB ケーブル、USB メモリを持ってホテルのビジネスセンターで動画のファイルコピーしてた。

その後もどっかに設定があるのだろう、と思い iTunes をいじっていたがダメで、ネットで検索しても良いお答えが見つからず。

で、最近またネットを検索してみたら、なんと、私の iPhoto 4 (つまり2004年ですな、古っ)では動画を吸い上げることができない、いまの iPhoto 9 なら問題なくできる、でも iPhoto 9 はウチの PowerPC G4 の PowerBook では動かんらしい。我的天。

ウチでは Motorola 68k から AIM(Apple, IBM & Motorola)連合の PowerPC まではフォローしたが、Intel ベースの機械はまだ持ってない。つまり、System 6 から始まって OS 10.4 までで自分の進化が止まってる、最近のソフトがだんだん使えなくなってきてる、ということを再認識させられた。

確かに 2004年当時の iPod にはまだビデオを見る機能がなかったからな。つい最近まで HDD 搭載の iPod Mini (古いっ)を使ってたので、iTunes 4 の機能制限には気がつかなかったわけだ。

iPhoto 9 は iLife 9 を買えばその一部として含まれているらしいが、iLife 8 を探さねば。うーん、面倒。週末に電脳城に行ってみるか...

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年7月18日 (日)

ツール・ド・フランスの記事を読もうと

思って、英字新聞を買った。スポーツ欄を見ると、自転車のゴールシーンがあるので、よしよしと思って読むと、こっちの地元のレースの記事だった。ショック。


China Daily 1.5 RMB

Img_0459


どうも Tour de Qinghai Lake (环青海湖国际公路自行车赛) というレースらしい。今年の4月地震があった玉樹の所属する省。

ランス・アームストロングが遅れたときはチャイナデイリーで記事を読んだ気がするのに...


あとは、久しぶりに三本ローラーに乗った。普通の人はローラー台踏むときはテンポの合う音楽聞くかレースの録画でも見ながらやるのでしょうが、ウチはコレです。


キクタン 初中級編 アルク

Img_0467

音楽のリズムに乗せて語彙を学ぶ、というものなのだが、「チャンツ」というやる気を削がれるリズムなので、トレーニングの効率を追求する人にはおすすめしません。(笑) 内容の方は、web によると中検3級レベルがだいたい HSK 5級くらいらしいので、まぁ現状に合っていると言ったところでしょう。


改めて Tangerine! というソフトでその録音の BPM を計ってみたら、120 BPM に揃えてありました。ケイデンス 60 rpm で踏むと丁度いいのかもしれないけど、それでは遅すぎるので。

"Books & Spoken" というジャンルで iTune に登録されていると、 Tangerine! は BPM を計測してくれないので、違うジャンルに変更しておく必要あり。

もともとそのソフトを何年か前に買ったのは、ランのトレーニング時にピッチを上げるため。160 BPM 前後の曲を自分のライブラリーの中からプレイリストを作って、それを聞きながら走れば自然とピッチも上がるかな、と思って。

でもソフトが分析した BPM ではどうも実際に聞いた感じと合わなくて、自分で曲を聞きながらマウスをクリックして BPM を手動で分析する機能もあるけど、面倒くさくなって使わなくなってしまった。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年7月17日 (土)

シイタケ栽培じゃないんだから

一週間ぶりくらいに晴れたので、久しぶりにプールに行ってみた。で、唖然。


包玉刚游泳场

Img_0461


屋外 50m プールの大部分を椎茸栽培時に日光を遮るような黒い網状の物が覆ってます。こちらの婦女子が日焼けに気を使っているのは十分承知してますが、なにもここまでやらなくても、と思ったりします。日焼けを気になさるむきには、室内 25mプールもあるわけですし。


電動自転車用のこんな傘も

Img_0466


日本でもそうだけど、夏休みの週末のお昼間に行ったのでは全く気持ちよく泳げない。当然のことながらコース分けなどしてないし、子供とか抱き合っているカップルとかいるし...


| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年7月16日 (金)

6月20日 HSK結果

が数日前から web で確認できて、昨日証書がやってきた。


こっちは成績単

Img_0457


初等の A で 5級ということで、良いのか悪いのか分からないが、補習の老師には 3月にこっちに来て 5級なら非常に良いとお褒めの言葉を頂きました。

日本人なら良くて当然の閲読だけなら 8級なのだが... それ以外がもう少し頑張れば、6級もイケたのでは、とナメたことを思ったりする。(笑)



| | コメント (1) | トラックバック (0)

2010年7月15日 (木)

そういえば全然バイク乗ってない

6月15日の端午節にあったバイクイベントで臀部を強打してから、期末試験もあったりして、全然バイク乗ってない。


こんな写真が出てきた

100615_260k


こんな風景のところをこいでました。このころからフィットネスレベル下がりまくりで、体重も増えてます。7月の夏休みの一ヶ月クラスの進行がかなりタイトで、

一日で教科書の一課をやるので予習復習に時間を取られる → 自虐的に週4日も補習を入れてしまった → 就寝が遅くなる → 朝起きない → トレーニングしない → 血液が回らない → さらに日々の疲労が溜まる

と言った悪循環にはまってます。ワールドカップの視聴の影響もあった。週末には生活サイクルを戻したい、希望的には...

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年7月14日 (水)

農業股と五行説

このあいだ香港で飛行機の乗換のときに買った雑誌 iMONEY を昨日パラパラめくっていたら、興味深い記事を発見。


農業股蓄勢 待冬天而発

Img_0456


玄学の専門家によると、農業には水が必要であり、五行説によると春は「木」夏は「火」秋は「金」冬は「水」である。

冬は農暦の10月から始まるので、そのころには農業株は上昇するであろう、今は買い集める時期である、とある。

うーーん、奥が深い。四千年の歴史を感じさせる記事だわ。


| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年7月13日 (火)

ダッカ最終日 - 4日目

ダッカ滞在最終日、朝ご飯を近くの食堂で食べて、交差点にある屋台でお茶を飲みながら行き交う人々を撮ってみた。


店の外では

Img_0436


頼んだものが来るまでじろじろ見られる

Img_0432


食べかけで申し訳ない

Img_0433

食べた(る)ものの写真を撮る習慣がないので。マトン、ビーフのカレーと、ナン3枚、ミネラルウォーター、付け合わせの玉ねぎ、で計 120タカ。店員に勧められるままにオーダーしたら、結構豪勢な食事になってしまった、向こうの物価からすると。朝ご飯で、野菜のカレーとナン2枚、ショウガの暖かい飲み物で、計 30タカだったから。

ちなみに、ホテルのルームサービスでビーフカレーを頼んだら、確か 850タカくらいだった。12ドルくらい?結構する。


サモサ

Img_0367

もさもさ食べた。これも食べかけで失礼。お昼間であるいているときに、ちょくちょく食べた。

日本のカレー屋でビールのつまみに食べるのもサモサ。現地で食べてる人見たこと無いし、タンドリチキンとかなんかブルジョアな感じがして。


食堂には手洗い場があるので、だいたい右手で食べてました。ご飯は頼まなかったので。この国の米の生産高は結構あると思うのだけれど、それ以上に人口が多いせいで米の輸入国になっている、とどっかで読んだ。それでまわりの人はみんなナンを食べていたのだと思う。

あとまわりの人は蛇口のお水を飲んでいらしたのですが、流石にその勇気はなく、ボトルに入った水かコーラ飲んでました... その点は修行が足りません。


最後に


結構賑やかというか騒がしい。


| | コメント (1) | トラックバック (0)

2010年7月12日 (月)

ダッカで観光 その3 - 3日目

あまり観光するところがないので、船着き場で日がな一日ぶらぶらしててもよかったのだが、オールドダッカをまじめに観光することにした。

ここで立ち話

Img_0392


貸し携帯電話屋さんの隣の雑貨屋でおしゃべりをしてると、片言の英語を話す人がボートに乗って観光しないか、と言ってきた。おしゃべりしている時に仲間内でカモが来た、と通報を入れたのかもしれない。(苦笑)

そういう人に目くじらを立てる年齢でもないので、素直に先方のオファーをお聞きして、ボート遊びは転覆して新聞に載るのがイヤなのでご遠慮して、価格交渉の末オールドダッカを案内してもらうことにする。


この人ガイド

Img_0400

人の後を着いて行くのでなければ、この辺の路地とか絶対入って行かなかったと思う。ムスリム寺院、ヒンズー寺院、キリスト教の墓地などを案内してもらうが、どれもイマイチなので画像は割愛。


仏像とは言わないか、ヒンズー教だと

Img_0398

何か買わされるんじゃないか、と少し身構えたが、そもそも旅行者が来ないので売るものもないわけで、もう少しゆっくり見させてもらえばよかった。

で、その人の後に着いて路地を歩いていると、ドブの泥をさらっている人がいる。その人曰く、金、黄金ですな、をさらっている、とのこと。


金曜で休みだったけど、金製品のお店がいっぱい

Img_0403

最初はえらくシュールな光景を見ちゃったなぁ、と思ったけど、金製品のお店がら屑が出る、という理由を知り、一応は納得。画像は自粛。

寺院とか全くもってイマイチなので写真は割愛して、市場の人々。


肉屋さん

Img_0404


魚屋さん

Img_0405

こっちを歩くと強烈にじろじろ見られるのだが、インドのそれと違って優しさがあるような。(気のせい?) 日本から来たのか、そうかそうか、日本はいい国だ、写真を撮って行け、などと言われたりするし。

インドに行ったことのある人であれば、こっちの人からの見られ方はインドに比べてマイルドだと思うかもしれない。何れにしても、他の人にサイトに書いてあったのだが、この国で見るものはリクシャーと人しかない、とあったが、今になって激しく同意。

最後にオールドダッカで一番観光っぽいところに行っておしまい。


Img_0420


Img_0423


| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年7月11日 (日)

バングラデシュでのサッカー熱

ダッカに着いて街をブラブラし始めて、すぐに気がついたのが建物の屋根とかに他国の国旗が結構立ててあることである。


ラールバーグフォートから

Img_0350

この写真なんか拡大して頂くと、ドイツ、スペイン、ブラジル、アルゼンチンの国旗が発見できたりする。

不思議に思って聞いてみたら、バングラデシュでは 50%がブラジルファン、40%がアルゼンチン、10%がその他とか言ってた。


ブラジルとアルゼンチン

Img_0406


なんと熱心な

Img_0409

ふたたびブラジル

Img_0427


ドイツ

Img_0428


日本は惜しかったな、本田はすばらしい、などと言う話を当地でするとは思ってもいなかった。

ブラジル、アルゼンチンの選手は引退したらバングラデシュで暮らすのはどうでしょうか。名誉国民くらいにはしてくれるかも。って、誰も行かないって...


| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年7月10日 (土)

ダッカで観光 その2 - 3日目

ショドルガットなるところに行ってきた。

船着き場

Img_0379


よくニュースで沈んだとか出てきません?

Img_0386


子供は泳いでます

Img_0391


「今治ー瀬戸」が泣かせます

Img_0383



この渡し船ですが、私を知っている人は乗ったんじゃないかと思われるでしょうが、自粛して乗りませんでした。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年7月 9日 (金)

ダッカ観光 その1 - 3日目

金曜は休日とあってやることもないし、いちおう観光することにした。

そもそも(たぶん)日本語で唯一のガイドブックも実家に送ってしまったし、ホテルでググるととにかく観光するところが無い、ということが分かった。ラールバーグフォートというところとショドルガットという船着き場だけ行ってみることにする。

そもそもガイドブックも持ってきてない時点でやる気ないのだが、朝もお日様が高く登ってから出かける。流石にホテルの前で日がな一日過ごしている運転手を雇うのも癪なので、少し歩いてお茶でも飲んでからオートリクシャーと交渉。


いい顔してます

Img_0345

この人のオートリクシャーに乗せてもらって、ラールバーグフォートというところへ。特に見るものはありません。リサーチのとおりアベック(死語)が多いというのは確認できました。


下調べによるとダッカで一番きれいなところ、納得
(ゴミがないという意味で)

Img_0347


水を満たしてあれば観光地としていいのかもしれないけど

Img_0357

外国人は入場料 100タカ取られますから、結構マメに清掃してます。水があって噴水でも稼働してれば、アルハンブラ宮殿みたいでいいかも。そこまではいかないか。アルハンブラは気に入って二日連続でぼーっとしに行ってしまったが、この国の暑さでは...


フォートのまわりをしばらく歩いて、またお茶。

Img_0372

レシピを記しますと、デミタスカップにまず砂糖を小さじに山盛り、やかんに直接煮出してある紅茶を入れる、練乳を小さじ1、そのあと激しくかき混ぜる、そのあと再び練乳を小さじ少々。再び、激しくかき混ぜる、そして出来上がり。

今日一日で5、6杯飲んだのだが、ほとんどの人が練乳二度入れの作法を頑に守っていることを発見した。バングラデシュでのこだわりのひとつなのであろう。「練乳二段仕込み」と言ったところか。

お茶飲んでた所で、他のベンガル人(と言ってもベンガル人しかいないのだが)に聞いて、人力の方のリクシャーの相場を聞いておいたのと、一緒だった人に手伝ってもらったので、問題なく初のリクシャーを雇うことができた。


ショドルガットまでこの人にお願いした

他の人なんかうしろに4人とか乗せてる人もいて、気の毒なくらい。こちらは一人しか乗ってないので、ベルを鳴らして抜いて行きます。我ながらいい人を選んだと思う。


ショドルガットに近づいてきて、オールドダッカと呼ばれる地域に入ると人もリクシャーも多くなってきた。よくぶつからないものだ。

ここまでのこの国に対する印象はそんなに悪くない、と言うか、もとより期待値が低かったので、観光するところが無いところを除けば、結構いいところかも。こっちのカレーも好きだし。

つづく...

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年7月 8日 (木)

ダッカ到着 - 2日目

地球の歩き方の出版されていない国、バングラデシュに到着。半年ぶりくらいに自動小銃持った人が空港にいる国に着ました。(汗)


昨日の機内の変な日本語ネタから

Img_0312


スワンナブーム空港の Cゲートの TG ラウンジ前の椅子

Img_0314

はっきり言ってラウンジの中より快適そう。


ファイナルコール

Img_0315

機材はなんと 777で、思ったより乗客がいてびっくり

Img_0316


アラビック表示もあり、ダッカ国際空港

Img_0317

どうしても日航機ハイジャック事件を思ってしまう。→ 指摘がありましたが、市街地に近い方の空港だったようです。


空港建物は思ったより悪くない

Img_0318

この後、International な乗客に不慣れなイミグレ検査官に当たってしまい、15分以上かかって入国。しまいには、パスポートの生年月日を見て若く見えるね、と言われ、いちゃもんがついて入国させてもらえないのかと思った。(汗)


道路、思ったより悪くない

Img_0324


オートリクシャーの車窓(?)から

Img_0326

金曜土曜はお休みなので、トラベルエージェントのあとオートリクシャーを雇って銀行へ。急いでいたので、相手の言い値の 200タカで空港近辺から街の中心部まで乗車。

銀行

Img_0328

木曜は半ドンで午後2時で終わりと知らされていたので焦ったが、午後の業務はネクタイを外したりして、そのあたりの戒律を回避していると思われる。イミグレ・カスタム関係の書類も両親の名前とか書かされたりするし。よく考えたら、初めてのイスラム教の国に来たんだった。マレーシアは何度か行ったけど、ここまで意識させられない。


ホテル

Img_0332

敷地内のオフィス棟には unicef あります。車はピカピカ。

Img_0329

警備の人はライフル持ってます。侵入してくる車の下を鏡で爆発物がないか確認するのもデフォルト。ホテルのドアには金属探知器。この辺の国はそうだなんだわ、とだんだん普通に思えるようになってきた。


日本からの中古車にバンパー装着がデフォルト

Img_0330


コカコーラありましぇん

Img_0336

シェラトンのミニバーにはあったけど。バージンコーラのライセンス生産モノと野菜のサモサの親戚のような揚げ物とで、40タカ。55円くらい?


夕方のラッシュ

Img_0337


リクシャーリクシャーリクシャー

Img_0338


市場

Img_0339

肉塊、カーカスもぶら下がってましたが、グロなので自粛。


最後に、たぶんグラミンフォン

Img_0341

うまく写ってませんが、台に携帯がヒモで括り付けてあって、座っている人にお金を払う方式。グラミンフォンのネットワーク自体を使っていないかもしれないけど、街中で見られるとは思っていなかったので、「グラミンフォンという奇跡」を読んだ者としてはちょっと感動。


| | コメント (1) | トラックバック (0)

2010年7月 7日 (水)

いちおう旅行です - 1日目

期末試験も終わったのと、以前取得したビザが切れてしまうので、今日からバングラデシュに出発。

あまりにも旅行らしからぬ目的地なので、まわりの人には面倒くさいから仕事と言ってある。(苦笑)

その前に香港で乗り継ぎ。現金を下ろす予定があったので一度出国した。上海航空からタイ国際航空へのトランジットなのだが、TG のチェックインカウンターが見つからず、インフォメーションデスクで聞いたら、第2ターミナルですよ、と言われる。知らなかった。


HKIA Express をはさんで反対側

Img_0304


第2ターミナルの面子は...

Img_0306

AirAsia、Kingfisher、Philippines Air には乗ったことがあるぞ。淙々たるメンバーだ。LCC のなかに放り込まれてる TGと PR って...


新しいし清潔感あるんだけど、ちょっとわびしい

Img_0310

HSBC なんか、第1ターミナルにはプレミアデスクがあって、第2は普通の支店だもの。第2のフードコートと言うか飲食店街は第1に比べてなんかカジュアルな感じで、旅行者よりも空港従事者が目につく。


Aviation Discovery Centre 航空探知館 なるものを発見

Img_0307

これから第2ターミナルを使う機会もそんなにないと思うので、行ってみることに。

懐かしい啓徳空港の写真もあったりする

Img_0311

あとは、航空機の座席とかパネルとかありきたりなもの。入場料はありません。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年7月 6日 (火)

卒業の季節らしい

こちらでもこんな衣装を着るようです。蛇足ながら自分の期末試験も今日終わりました。

暑いので下は普通の格好

Img_0285

日本の卒業式では着ないですよね。私は二回スーツでした。美国ではスーツの上にこんな服を着て四角い帽子被りましたが。


ここ数日暑くて、40度オーバーの都市もあり、冷房の効いた本屋はたくさんの人でいっぱい。

Img_0300


| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年7月 5日 (月)

亀ゼリー

昔食べました、香港で。90年代、海草石鹸が流行っていた頃に...

ストローで吸えると書いてある

Img_0280

薬草とかいろいろ入っていてはいるが、「亀」は雰囲気だけで実際には入っていないと今まで理解してましたが...

亀 としっかり

Img_0281


| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年7月 4日 (日)

茶館

こっちの茶館なるものに初めて行った。昨シーズンの NHK教育テレビで茶館のシーンがあって、どういうシステムかは知っていたのだが、実際に行ってみると結構驚いたりする。

そろそろ昼ご飯でも食べようかと思っていた11時半頃知り合いから電話がかかってきて、どこそこの茶館に居るから昼飯食べにこない、と誘いを受けてノコノコ行ってきた。

バフェみたいに果物とか鶏の足とか鴨の舌とかの点心が置いてあって自由に取って良いのだが、それだけでなく、出来立てのお汁粉みたいなものや、揚げ物、串ものを服務員が持ってきてくれる。

果物をはじめ点心が食べ放題

Img_0296

緑のシャワーの先っぽみたいな果物は、水が出てきそうなあたりに身があるのだが、食べてみても甘みもないし、あんまり美味しくもなかった。まわりのお客さんを見てみたら、誰も手をつけてなかった。(汗)

こっちのお茶の道具を使ってみたかったのだが、龍井茶を頼んだらカップできてしまった。知り合いは福建の岩茶を飲んでた。お茶自体のお値段は、80元から100元オーバーまでいろいろ。お茶の葉も途中で足してくれる。例に漏れずフリーの WiFi があり、ラップトップを持ち込む人、おしゃべりする人、うたた寝する人、ひとそれぞれである。

我々は 11時半から3時半ごろまで4時間居たのだが、我々より長いしてた人もいた。4時間もいると全くもってネイティブの話していることが分からず、1時間くらい経って自分の絡める話題が無くなるとかなり辛い展開に。


Img_0512


話の途中で四大名著の話になり、<三国志>、<西遊記>、<紅楼夢>、<水滸伝>の四つは最近の授業でも取り上げられ、<紅楼夢>が一番君たち知らないでしょ、と言いつつ老師が内容を説明してくれたにもかかわらず、自分が振った一夫多妻制に関連して相手が<紅楼夢>の話題を返してきたところでついて行けず、全く不好意思である。一層の努力が必要と言ったところか。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年7月 3日 (土)

人民元決済開始

こちらの ANA サイトにて人民元決済が7月1日から始まったのを知ったので、昨日、日本行のチケットを購入しようとしたら、これがまた苦労が多いというか、話のネタになるというか。以下、体験談というかほとんど駄文ですのであしからず。

きのう ANA サイトにて最安値のチケットが買える日程で予約を入れると、(これまでと同様の日本円決済の)クレジットカードか人民元決済かどちらかを選択させられる。人民元決済を選択したところで、予約は Mac から入れたので、弥生の会計とこっちでのオンラインバンキングのために購入した Windows 7機を起動して ANAの人民元決済画面をクリックすると、Chinapay (银联电子支付)のサイトに飛ばされる。ここで支払う銀行を選択するのだが、ふだんお金の置いてある私の外銀は選択肢になく、支払いに使うことができる招商銀行の口座には航空券が買えるほどお金が置いてないので、この日は支払いを断念。

招商銀行のオンラインバンキング個人銀行専業版 (个人银行专业版) 自体は、ソフトをダウンロードして、Windows で Internet Explorer を使えば使える。Google Crome はだめ。ロケール全体でなくて、Uni-code に対応してないプログラムのデコードを簡体字に云々という変更が必要だったかも。どうでも良いことだが、こっちの web サイトを 苹果(Apple)の Safari でブラウズするとレイアウトがガタガタになるサイトが結構ある。iPhone を使ってる人は見かけるけど、本体は超マイナーである。

ネットで支払いできるようにセッティングだけしておこうと思ってオンラインで申請を試みるも、身分証明書・パスワード以外の理由で蹴られる。それではと言うことで、招商銀行の口座にネットバンキングで先に資金を移そうとしたが、なぜか別の銀行のオンラインバンキングでは私の口座のある虹橋なんちゃら支店が画面に選択肢として出てこなくて、資金の移動も断念。

二日目の土曜の午前9時に、まず外銀の ATM に行ってキャッシュを下ろして、でも1日あたり2,000元までしか引き出せないので、また隣にある外銀へ。ここの ATM でも日本の口座から 2,000元分引き出す。現金を持って 50m程離れた招商銀行の窓口へ。

最近他の銀行でも土日営業しているところがあるが、ここも土日も営業してて、今使っている上海で作った口座なぞは今年の1月1日に開設したものだったりする。上海の窓口でもこっちの窓口でもいつも行員さんは親切にしてくれるので、株主として結構好きだったりする。その割には最近、股票を利食ってしまったので申し訳ない。Peter Lynch でも、竹田和平さんでも、澤上篤人さんでもないが、身近で応援したい企業の株を持っているのも悪くない。

で、チケットが買える分だけ預金をしようと思い銀行の建物に入るとガードマンに、どんな御用か聞かれるが、発音が悪くて「存款」の cun2 kuan3 の c の発音が通じない。(汗)キャッシュを見せて身振り手振りで説明して、現金での預金専用の快速窓口に行けと言われる。

行員さんに ATM カードと現金を渡すも、カードが読み取れず、なんと磁気ストライプの部分に傷が入っていた。ショック。

Img_0290

入金はできるしネットでの支払いもできるけど、カード使えないよ、杭州で上海の口座に対する新しいカードを発行するには手数料が 200元かかる、上海行くついでがあれば上海で手続きすれば、と言われそうすることにする。

同じ招商銀行でも上海のカードを杭州の ATM で使うと手数料を取られるので、これを機に杭州のカードを作ることにした。パスポートのコピーをとって申請書に記入をし、ものの10分で新しいカードを渡してくれる。日本の銀行のようになんちゃらデータセンターでプロセスしてから、名前の刻印の入ったカードを書留で送ってくれて、だいたい自宅に不在なので郵便局に取りに行ったり職場に届けてもらったりして、すったもんだして1週間も2週間もかけてカードを入手するのと大違い。カード上に刻印がないほうがセキュリティ上好ましいかも。

Img_0287

日本の銀行の口座のオンラインバンキングだと乱数表使ったり、他の外国の銀行だと番号を発生するセキュリティデバイスを持たされたりするけど、招商銀行はこんなデバイスを持たされる。1コのデバイスに対して複数の口座をぶら下げることができるようで、すでに持っているデバイスに対して杭州の口座もぶら下げてもらった。オンラインバンキングにログインすると、二つの口座の内容が見られる。

行員さんに手続きをしてもらっているときに、オンラインでの支払い(支付)手続きの申請ができないことを告げると、別のPCを立ち上げて、登録を手伝ってくれた。土曜の午前中で窓口が空いていたこともあるが、親切にも 30分くらい付き合ってくれた。この手の話をこっちの人にすると、そりゃあなたが外国人だから親切にしてくれてるのよ、と一笑に付されるのであるが。(苦笑)

ウチに帰り、ANA のサイトに行き昨日作った予約から決済を試みるが、銀聯側の有効期限切れのためか(ANAに対してはまだ支払い期限内)支払いができない。ANA のサイトにてまず予約を落とそうとしたが、web からはできないようで(なぜ?)、国内トールフリーに何度も電話するも繋がらず、だめもとで同じ日程で予約作ったらできてしまったので、新しい予約記録に対して人民元決済を試みる。(web上で dupe の警告は出ます)

昨日と同じように、ANA -> Chinapay -> 招商銀行のサイトと飛んで、銀行サイトでは、パスワードを使った決済か、USB セキュリティデバイスを使った決済を選択する。パスワード式を選択したら、却下され USB を使うようにメッセージが出たでので、そのようにすると、今度はアドオンプラグインがインストールされてないとの警告が出るのでインストール。その後、前と同じように三社のサイトを経由すると招商銀行のタブで ATM での引き出し時とは違う支付のためのパスワードを要求されるのが、入力するとあっさり決済処理は済んだ。

Img_0294

商品購入時に異常に桁数の多い番号を知らされるので、銀行サイトでそれを自分で使って支払いを出来るのかと思ったら、そうではないみたい。(<日本の公共料金・税金の支払いイメージ) 間を開けずに ANA のサイトに戻って、予約を見てみると決済済みになっていた。その辺の連携はちゃんとしているみたい。

余談だが、昨日ネットで、香港発ダッカ往復の航空券を香港ドル決済のカードで買った時、香港のサイトに連れて行かれ、カード裏のセキュリティ番号はもとより、氏名、生年月日、パスポート番号を入力させられた。氏名、有効期限、セキュリティ番号での認証に慣れてしまっているので、今回のこの体験も新鮮。

これを苦を思うか、パズルを解くように楽しみを見出すかどうかはその人次第。カード会社に「支払う」悪い為替レート分を気にしなければ、日本人なら人民元決済なんかしなくてもやっていけるのだが。これで淘宝网でモノが買える。(笑)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年7月 2日 (金)

交差点の水没の続き

物好きなので、夜中に破裂した導水管を直している現場に行ってきた。

Img_0279

Img_0278


翌日には穴は埋められてた

Img_0284

散水で道路はきれいに。浸水したお宅がどうなったのかは分かりませんが...

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年7月 1日 (木)

ABC は知ってても♪

それだけ〜じゃ困りますぅ〜♪という CM が昔ありましたが。

こちらで ABC と言えば、农行(農業銀行)。

Img_0267

IPO の知らせのメールが昨日来た。

Hong Kong Initial Public Offering (HKIPO)

Company Agricultural Bank of China Limited (01288)
Offer Price: HKD 2.88 - 3.48
Apply Deadline: 9:30 a.m. July 6, 2010 (Tuesday)
Date of Refund: July 15, 2010 (Thursday)
1st Trading Date: July 16, 2010 (Friday)

申し込まないけど、どのくらいの規模になるんですかね。


♪ABCDEFG アルファベットのその次は〜♪

旺文社 LL教室の CM ソングだったと思う。なんでそんな歌覚えてるんだろう。


| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2010年6月 | トップページ | 2010年8月 »