« カナダからの手紙、でなくて | トップページ | 日本語の教科書購入 »

2010年6月 1日 (火)

果物の王と女王を食す

先週、ホテルで三ヶ月ぶりに体重を計ったら、3、4キロ増えてたので、これはヤバいと思い、以前のパレオダイエット的な食生活に戻すために、朝は果物だけ食べるように戻した。

こっちの果物屋さんは夜の11時くらいまでやっているのだけれど、最近よく食べているマンゴスチンを買いに行ったら、ドリアンも売っていたので買ってみた。

やる気のない写真で申し訳ない

Img_0037

マンゴスチン、ドリアン、マンゴー、バナナで 34元。ドリアン分が 22元なのでかなりの高級品。果物屋さんのおばさんは、さすがに中国では穫れないと言ってた。他は、マンゴスチン 7個、マンゴー 1個、バナナ 3本で 12元=170円弱だから安い。マンゴスチンは以前から好きで南の国に行くと結構食べていたのだが、中国で食べられるとは。

ドリアンを明日の朝まで部屋に置いておくわけにはいかず(汗)、自分の部屋で食べると空気が汚染されるので、ロビーで食した。一房(というのか?)分食べたら、結構たくさんあった。ドリアンの種類にもよるのだろうけど、これまで食べてきたのはゴルフボールなみに大きい種があってその周りに少し果肉があるヤツだったのだが、今日のヤツは種が小さく果肉がこれでもかって言うくらいいっぱいあったので、お腹いっぱい。すでにガスが発生し始めていて、ゲップが...


スーパー大辞林より抜粋

ドリアン
果肉はクリーム状で、濃厚な甘みと酸味少々と独特の香りがあり美味で、果物の王といわれる。

マンゴスチン
果肉は香りがよく、甘みと水分に富み美味。果物の女王といわれる。


|

« カナダからの手紙、でなくて | トップページ | 日本語の教科書購入 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/41890/48519001

この記事へのトラックバック一覧です: 果物の王と女王を食す:

« カナダからの手紙、でなくて | トップページ | 日本語の教科書購入 »