« 飄移とは | トップページ | 屋外50mプール営業開始 »

2010年6月12日 (土)

出来ることをするだけ

トライアスロンのトレーニング本をパラパラめくっていたら、こんな文句が目にとまった。

Do what you can, with what you have, where you are.
- Theodore Roosevelt

どうもこっちに住んで自炊してないと、油っこいものばかり食べることになる。もちろん、日本人の炭水化物、タンパク質、脂肪それぞれの平均的な摂取の割合から淡水化物を減らし脂肪の部分を増やした方がエアロビック能力を向上しロングディスタンストライアスロンをするには良いというのは分かっているが、如何せん料理に使っている油の量が半端でなく多い。

日本に住んでる時は、ファーストフードを食べてトランス脂肪酸を摂るというのはもってのほかだが、ウチにいるときはほとんどオリーブオイルやゴマ油をつかって料理して不飽和脂肪酸を摂って、さらにオメガ6脂肪酸とオメガ3脂肪酸のバランスを取るために魚油のカプセルを摂ったりとかアマニ油をサラダに使っていたりしてた。

こっちに来てからたいしてカラダも動かしてないので、そんなことはすっかり忘れていた。でも、こっちのロングのトライアスロンの大会にもでようかな、と最近考え始めたらちょっと栄養、食物の摂取の仕方も考えだした。脂肪のバランスについては、自炊をしないのであるから料理の入っている油はしょうがないとして、こちらで簡単に手に入るひまわりの種やカボチャの種を食べてオメガ3脂肪酸の摂取に努めよう。

ひまわりの種

Img_0167

かぼちゃの種

Img_0168

こんなこと考えていないでひまわりの種をボリボリ食べてお茶飲んでるこっちの人ってすごい。さすが四千年の歴史か?

トレーニングもそうだけど、日々豚肉とか油をいっぱい摂っちゃって、体内が酸化してしまう、フリーラディカル云々の問題については、何週間か前に朝食を果物のみに戻したし、菜単のなかで考えられる一番アルカリ性はほうれん草のニンニク炒めや、たぶん効きそうな苦瓜の炒め物など食べて改善しようかな、と思う。ほうれん草も苦瓜もこれまで好きで食べてたんだけど、意識して食べてみる。

昨夜はワールドカップの開幕戦をバーで3時間以上立って観戦したため、疲れてしまった。来週の連休と辻褄を合わせるためこの週末も午前中授業があった。その後お昼寝をして回復したものの、トレーニング無し。


|

« 飄移とは | トップページ | 屋外50mプール営業開始 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/41890/48612031

この記事へのトラックバック一覧です: 出来ることをするだけ:

« 飄移とは | トップページ | 屋外50mプール営業開始 »