2018年11月19日 (月)

『最速で身につく 最新ミッドフットランメソッド 』を読んで

これも図書館から。

前半は金城さんという方が書いていて、後半は以前読んだ『ゼロベースランニング』の著者のハダシストの高岡さんという方。

なんか流行りもんかどうかわからないのですが(ドラマを見ていないので)、それぞれ解説されている末端の現象は正しい走りをしているとそうかもしれない。ただそれを実現するために末端意識では実現できないと思う。ある程度走れる人、カラダの後ろ側を使って走れる人は読む必要ないかなと。


Img_5308


Img_5309

遊脚を引きつけて足を重心の真下に置く意識だとQファクターの関係で外足部から着地するけれど、そこから踵拇指球に抜けるのは結果であって、それを意識してもしょうがないと思うんですがね。


| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年11月18日 (日)

『極限力-Beyond Self』を読んで

なんか図書館の蔵書を検索したら引っかかったので。


Img_5285

そういえば、NHKオンデマンドでフランス領のレユニオン島での山岳レースやってて見ました。

長い距離のレースって、疲労もそうですが睡魔との戦いが大変そう。

そうそう、NHKでこの間やっていた、日本海から太平洋まで縦断するレースに4連勝して、今年は無補給で完走された消防士さんの望月さんの話も出ていました。

ただ人数が多すぎて、それぞれのストーリーが似ていたり掘り下げが足りないように思えたり。

最後に日本のトレランレースの年表みたいな記述があるので興味のある人にはいいかもしれない。



| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年11月12日 (月)

Brooks Launch4購入

まあ、例に漏れず Amazon を徘徊していて買ってしまいました。ゴースト 10&11 でゆるい練習用には十分満足していのですが、レビューを見てみるとローンチはショック吸収性があるのにスピード練習にも使えそうな、詳細なレビューがあったのも理由です。


Brooks Launch4 Width D 26.0cm, 259g、Ghostだと26.0cmがちょうどよかったので

Img_3254


屈曲、前の方、結構硬い

Img_3255


アウトソール

Img_3257


インソール

Img_3261


結構厚め

Img_3262


26.0cmにするか、26.5cmにするか買う時迷ったのですが、前後は5mm程度の余裕でタイトで良くても、もともと細身なラストなのと母趾球のまわりがタイトなので(ニット素材というものあるかもしれない)、

裸足で履くと横はちょうどいい感じでしたので。


ちなみに、本人の足のサイズは実測で、

右 L=253mm、W=112 (周囲は235~240mmくらい)
左 L=254mm、W=112 (周囲は235~240mmくらい)

です。人差し指が長い「ギリシャ型」です。


以前に買った薄い100均のインソールをカットして入れてみました。

Img_3263

足の甲から前の方のフィット感、ばっちり。普通の厚みのソックスで。

踵回りや他の部分のラグジュアリーなフィット感は、もうブルックスでは標準。


とはいいつつも、またもや、適正サイズを探す旅に出てしまい、

26.5cm D を購入。

Img_5263


普通にぴったりな感じ。足の指も動かせる。

こちらの赤黒は、グレーのニット素材とアッパーが違うのでもしかしたら、26.0cmでも自分の足にタイトめで合うかもしれない。

アマゾンのレビューにあった文言をリフレーズしてみると、「ワイズDでもゆったりしてるブルックスのシューズの中でローンチ4は少し小さめなので、他のメーカーで2E常用の方は1サイズ大きめでも良いかも。」というところか。


26.5cmで実測25.5cmくらいの足に合うので、早速1.5km、キロ4分のインターバルを3本やってみました。

これまではクッション性とか屈曲点、安定感でゴースト10&11をとても気に入っていましたが、

ローンチ4だと左右の安定感がちょっと違う感じがするけど、ぜんぜん気になる程度ではない。インソールが厚めで中央に突起があるような形状だからかもしれない。

ショック吸収性があるけど、ぜんぜんスピードを出して走りたくなる感じのシューズと感じました。シザース動作を意識してスピードを出して、遊脚を引き込み股関節のQファクターの関係で足の外側から接地していく感じがいい。

自分の練習環境だと、600mまではタータンでインターバルできるのですが、アスファルトの舗装でインターバルやるとソールの薄いシューズだとちょっと心配だなと思っていたら、いいシューズを見つけることができました。20kmペース走とか着地衝撃を気にせず、しかも気持ちよくやれそう。しかも安いし(笑)

今のところ、グレーのニットのアッパー26.0cmに100均インナーをハーフなど練習レース用に、赤黒の26.5cmをアスファルトでの普段のインターバルやペース走に使おうかと思っています。

そうそう、Revelも同じように4千円台で買えるのですが、軽快さから言ったらローンチ4の方がおすすめ。25gくらい軽いし。安定性でもゴースト10の方がいいな(もとの定価は違いますけど同じような値段で買えれば)、なんかRevel はもっさりしている感じ。



| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年11月11日 (日)

『金哲彦のマラソンメンタル強化メソッド (PERFECT LESSON BOOK) 』を読んで

図書館で検索かけて引っかかったので読んでみました。

Img_5262

が、ある程度経験を積んだランナーは読まなくてもいいかなと。


経験を積むと苦しい時期に適切に対処できるとか、ポジティブに考えるとか、14/28/42km で分割とか、セロトニン云々とか目新しいことはありません。

このグーグルの中の人の本以外にも、マインドフルネスの本でも読んだ方がよほど役に立つと思います。



| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年11月 8日 (木)

『14歳からの生命論』長沼毅著を読んで

どうして借りる気になったのか思い出せないのですが、とにかく読みました。


Img_5118

ビッグバンから始まって、メンデレーエフの周期表の水兵リーベ僕の船。。。のH、He、Li, Beのあたりが最初のビッグバン、次が恒星ができるときに、下の方はまた次の段階の恒星といった具合にできていたのとは。このへん。

そこから水 H2Oという奇跡の溶媒、Hの角度が120度で凍るとなぜか体積が増えるという、

このへんまでは面白かったが、マンガ?アニメ?のたとえがよくわからないて、生命の誕生からヒトとかそのへんはあまり楽しめなかった。



| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年11月 4日 (日)

11月度2kmTT実施

なんか久しぶりに2km TTを計測しました。

いちおう計測したんですが、前日に10km LT走をやっていて調子がどうだかわからないので、4分程度のペースではいってしばらく考えてからペースを上げてみました。

あとそんなに白目を剥いて走らないように Ghost 11を履いて行ったのもタイムの要因かなと。走り始めると前日の疲れがあっても思ったよりカラダが動いた感じがします。平均心拍が低いのでペースを上げて行くペースが遅かったので、前半時間をかけて心拍を上げた結果かもしれない。


== 結果 ==

11月1日 7分54秒/平均171拍、MAX189拍

20181103_115701


8月2日 7分48秒/平均180拍、MAX190拍、最初つっこみ過ぎたか
7月19日 7分48秒/平均180拍、MAX192拍
6月7日 7分42秒/平均179拍、スタートして下り基調であるものの、瞬間3分20秒ペースは突っ込み過ぎ
4月5日 7分52秒/平均178拍、土曜の大山トレランから水曜までダルダルでやっと動けるようになったくらい
3月15日 8分5秒/平均169拍、気温は2月からだいぶ上がってた、前日のバイクの疲れが残る
2月1日 8分14秒/平均181拍くらい、TT区間でラップ止めてなかった<


| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年10月31日 (水)

10月練習ふりかえりとタートルマラソンハーフ

10月は1kmインターバルとかやってスピードを上げていく目論見であったが、結果として達成できてないっぽい。

総括 (まだ10月は終わっていないが)
VO2Max、LTを刺激するポイント練を8回できるはずであったが、VO2Max系 3回、LT系 3回にどどまる。
糸魚川のバイクの疲労(TSS300超え)が長引いた。

右の足底、長母趾屈筋からの痛みは、LLLT治療やヘラで筋膜を攻めることにより良い状況に向かっていると思う。ラン後に凍らせたペットボトルを転がすのも続けている。


ポイント練うちわけ

VO2Max系
1kmインターバル
4'02(152)-3'59"(163)-3'54(169)

ヘタレインターバル
1,200m@4'02"(167)-600@3'51"(165)-400@3'36"(167)-200@3'36"(165)

600mインバル
2'07@3'44'-2'09"@3'33"-2'07"@3'32"-2'09"@3'33"-2'10"@3'38"


LT系
30分間走(最初の10分控えめで残りはがんばる感じでLT速度心拍測定)
6.9km@4'21", 20min ave 166bpm

ハーフで練習
21km 1時間40分09秒(172)

10km LT走
44分30秒(158)


<土曜ポイント練後のBack-to-Back練>
2時間走Eペース
20.69 km 2時間07分

太平山でトレラン1回
15km 2時間25分

その他ジョグ5~16kmくらい11回、合計220.5km


距離を走ればいいというものではないですが、7月から9月までがそれぞれ、106km, 159km, 155kmときて、10月は220km走ることができ、気になる所をラン後アイシングしたり家にいる時レーザーで治療しながらコンディションが少しずつはよくなったということかな。

あとインターバルやった実質の距離を足しても10キロにも満たないから、今月の走行距離だと倍くらいやってもいい感じ、というかやらないと。1km5本とか計5kmになるポイント練習を週1回やっていれば、1ヶ月の合計20キロになるはずなのだが、まあサボっていたということなんでしょう。


タートルハーフの反省ですが

前日に18km長めにジョグして前日の晩もそんな糖質をぶっこまずにフルマラソン後半を意識した練習にしようと思っていた。
それでも、4分30秒で余裕をもって入って、後半4分20秒くらいに上げていくイメージでいましたが、当日の気温のせいか、9月と同じ反省になってしまいますが、自分の走力があがっていないのか、


20181027_103732

タートルハーフのラップ
L1 4:46 159
L2 4:35 173
L3 4:30 168  このへんとか心拍基準でペースおさえてた
L4 4:28 172 心拍上がってくると160後半に下げようとしたり
L5 4:35 171
L6 4:35 172
L7 4:48: 171
L8 4;42 171
L9 4:33 173
L10 4:34 171
L11 4:28 175
L12 4:38 177
L13 4:45 173
L14 4:36 173
L15 4:56 173  もうやる気なくって給水で止ってみた
L16 4:50 161  ここで10キロレースと合流、前が詰まってた
L17 4:49 173
L18 4:49 175
L19 4:57 175
L20 5:15 172
L21 4:59 175
L22 0:51 178


| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年10月27日 (土)

カラダが肉を欲していたのか、今週は肉ウィークだった

月曜日 馬肉

馬肉居酒屋
Img_5128

店内、ほんのりハロウィン気分
Img_5129

モツ煮、あっさり
Img_5130

1個10円の馬カラ
Img_5131

カラシレンコン、名物料理でいつもたのんでしまうが、鼻にカラシが抜けるたびに後悔する
Img_5132

馬刺し
Img_5133

馬メンチ
Img_5134

昼はそういえば霧島黒豚カレー炒めだった、肉といえば肉
Img_5127


火曜日 焼きとん

POP1
Img_5138

POP2
Img_5139

店内
Img_5140

レバー焼きとホルモン焼き
Img_5142

ハラミ、色々たのみすぎた
Img_5147

昼はハンバーグだった、肉といえば肉
Img_5136


水曜日 焼き鳥

レバ刺し(とネギマ)
Img_5153


木曜日 焼きとん

酢モツと軟骨バラ焼き
Img_5159

レバフライ、量多すぎ
Img_5160

昼は鶏肉だった、肉といえば肉
Img_5155


金曜日 やきとん屋に視察には行ったが閉店時間で地元の中華へ

サービスのピーナッツ、ナッツじゃない、もちろん肉でもない
Img_5172

干豆腐、肉じゃない
Img_5170

鶏の黒酢、ケチャップの酢豚風でなく久しぶりの黒酢風で良かった
Img_5173

上海風やきそば、肉じゃないけど
Img_5174

目論見としては、羊肉のクミン炒めなどを食べるつもりでいたのだが、店に入ると店員さんがかわってるし、瓶ビールの銘柄がアサヒからキリンにかわっていて、メニューの構成も全く違う。でも店内のWiFi のSSIDとパスワードが同一で接続できちゃったりするんで、同じ経営でも厨師と店員がかわったのかなと思っていたら、

今日が新規開店だと言われました。前の老板の日本人が頼まなさそうなメニュー構成が良かったんだけどな。新しい経営者だと、口水鶏はあるけど水煮牛肉がなかったり、東北人だと言うのだけれど羊肉料理がまったくなかったり。

話をさらに聞くと、日本人受けする中華料理を出したい、味道はどうだと聞かれてたしかにそういう方向性だということは感じました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年10月21日 (日)

Brooks Ghost11購入

Amazon でついに20%オフになって、さらに期間限定の15%オフセールの対象だったので。

っていうか、11買うんだったら2足目の10買うなよ(苦笑)


13,500円税込が9,215円くらい、26.0cm D幅

Img_5124


計測、266g、Ghost10が270gだったのでそんなに変わらないか、履いた感じすごく軽く感じるのですが

Img_5119


結構硬い、いつもと同じくらいの力で押しても曲がらない

Img_5121


アウトソール、試しばきの時も感じたけどゴースト10よりグリップしそう

Img_5122


本当はイベントの試しばきで履いたオレンジがよかったのですが、安さには代えられない、、、


=== 追記 ===

ジョグで1時間ほど走ってみましたが、試しばきの時感じたショックは柔らかく吸収するのだけれど前に進むといった印象は、ここ最近ずっとゴースト10で練習していたので、薄れたかもしれません。ただ10より軽く感じる、前の方が硬く10より反発がある感覚は変わらず。10から正常進化しているという印象。濡れた路面でのグリップがないのは9とか10から向上しているものの、そんなにない。
アマゾンでの売価を考えると10をコスパで選ぶのが正解か。どちらを買っても後悔はないと思う。