2017年12月11日 (月)

高橋康典著『マイスターのドイツビール案内』をあとから読んで

ドイツミュンヘンから帰ってから読みました。順序が逆。

ドイツに単身乗り込んで、語学学校から始まってマイスター取得まで、すごいな。

ドイツビールの各種の違い、上面発酵・下面発酵と小麦の含有の有無、それに対するドイツビール純粋令による制限、がよくわかった。

高橋氏は現在どこの醸造所でマイスターとしてビールを作られているのかわかりませんが、ビールに対する愛や真面目な取り組み方が感じられました。一度、氏のビールを飲んでみたいと思いました。


| | コメント (0) | トラックバック (0)

『息子と狩猟に』服部文祥を読んで

以前にサバイバル登山に関する著作を読んでいたので、特にスゴイストーリー展開に驚くとか、そういうことはなかったかも。

このミステリー(?)を通して、氏の生命観を再確認したと言った感じでしょうか。


| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年12月10日 (日)

下仁田ネギが売っていたので

近所の八百屋さんで、5、6本200円(税抜き)でしたので。

Img_1393

ちょっと調べたら、通販で20本2,000円(税抜き)以上でした。

八百屋に行ったのは、ホントはきゅうりを買ってヨーグルトでトルコ風に食べたかったのですが、近所の最安の八百屋でもそんなに安くなかったのでやめて、下仁田ネギにした次第。季節の旬のものを食べるに限りますね。


OKストアでアメリカ産牛肩ロース買って(ドイツビールも大量に買ってますが...)

Img_1391


久しぶりにワタシの勝手にアレンジの魯山人風すき焼き作りました

Img_1394

だし汁は入れないつもりだったので、醤油と酒の他に、味を整える意味で奄美の黒糖を少し入れました。牛肉少しとネギだとあれですので、食べ応えを出すためにエリンギをスライスして少し入れました。不味いはずがなく、さきほどのドイツビールと美味しく頂きました。

美味しんぼやっていたようにかつおダシ使ったり、梅のつけダレとか面倒くさくて作りません(苦笑)

高級な霜降り国産牛で作るより、こういう肉で作る方が美味しいと思います。牛肉は下仁田ネギ(とか深谷ねぎ)を味わうためのダシという位置づけで考えてます。(貧乏人のひがみかも多少含まれてますが...)

卵3個食べてしまったのも含めて、材料費500円くらいかかっているんで不味くなることはないんですが、500円以上の満足感を得ることができました。

下仁田ネギのメインはもちろん白い部分なのですが、緑の部分を捨ててしまうのももったいないなと思い、

ちょっと調べたら、下仁田ネギの緑の部分のぬたというのを発見して、下仁田ネギは緑の部分も少しぬるっとしていて、それも美味しそうだなと思ったんですが、味噌を合わせるのも面倒だなと思い、


炒めてネギ味噌作りました。味噌は赤味噌と信州味噌を適当な割合で合わせ、ごま油で炒めた千切りに酒といっしょにぶっこみました。明日以降豆腐にでものせて食べようかと。

ネギを炒めている時に思いついて、ネギ味噌を少し残しておいて、チリビーンズ的な物を作って余っていた業務スーパーの水煮大豆1kgとからめてみました。

不味いハズもなく、すき焼きでドイツ缶ビールとシークワーサーサワー飲んでたんですが、水煮大豆をつつきながらサワーをもう一杯飲んでしまいました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

心を入れ替えバイク練

11月末の三の酉が終わって腰痛にみまわれましたが、治るまで待っててもしょうがないので、

12月6日から真面目にバイク乗ってトレーニングしてます。

今日、12月9日現在、走行距離149km


昼過ぎ暖かくなってから出発と思って、午後2時ごろ出発して秋ヶ瀬公園とか往復してしまうと、帰りが寒い!

Img_1369

日が落ちるとめちゃくちゃ寒く感じます。


別の日は、午後も日の当たる荒川左岸の中川との間で中洲になっている走りやすい区間を往復したり

Img_1378


やはり太陽の威力は大きいなと

Img_1380

シューズカバーの下に小さい貼るタイプのホカロン使っているのですが、日が当たっていると気温10度でもホカロンいらないかなあと思えるくらい。

開催中はボートレース見たり(笑)

Img_1388

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年12月 9日 (土)

2泊4日ベルリン-プラハ-ミュンヘン(10)

Munich Airport Terminal 1 C Gate Atlantic Lounge


Img_1311


結構しょぼい

Img_1312


ミュンヘンのビールとレバペーストが美味しかったかも

Img_1314


帰路のMUC-IST、座席の機内エンターテイメントシステムが最初から日本語メニューになってた。パスポート情報からか。A320にはUSBポートがなかったです。

Img_1315


2時間ちょっとのフライトでもミールが出まして、これまた結構なお味でした。

で、お待ちかねのIST での乗り換えです。

EFES ビール飲んで

Img_1316


ワイン飲んで

Img_1317

ビールにもワインにも、トルコ料理の野菜や豆の煮た料理があいます。ワインを何杯も飲んでしまいました。美味しかったです。


帰りのTK52便、自分で持って来た「釣りバカ日誌」を見たりして過ごしました

Img_1318


無事に成田空港第一ターミナル到着

Img_1319

<おしまい>

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2泊4日ベルリン-プラハ-ミュンヘン(9)

ミュンヘンの空港から出発までの時間、テルメエルディングに行ってみました。


オリンピックなんちゃら駅から、U3, S2と乗り換えてエディングの一つ手前の駅、Altenerdingまで。

Img_1280


S2最後の方は単線となり、田舎の風景

Img_1282


歩いて Therme Erding

Img_1284


S-Barnを降りた他のお仲間がいるので道に迷うこともない。2、3人は最初間違った方向に歩いてしまってました。

Img_1285

自分はGoogle Mapsを見ていたので最短距離で歩いて行けたのですが、ここ数年旅行のしかたがすっかり変わってしまいました。知らない街に行く時は、やはりローカルのSIMを買いたいです。(ローミングでもいいんですが、懐具合による)

Img_1286


中はこんなん

Img_1293


Img_1290


カードで入場料を払いましたが、

Img_1303

カード払い3ユーロ増し、なんという暴利。手持ちがなかったので、カードで合計38ユーロ。高い!


ゲートを通って番号で指定されたロッカーエリアへ。

Img_1292


前回アーヘンでカルルステルメにはいった時、男女でロッカーエリアが同じなのは学習しましたが、

カギのかかる更衣室が別にあるにしても、男女一緒だとちょっと緊張します。


水着エリアめちゃくちゃ混んでる。プールの中も、食事をするテーブルのあるエリアもめちゃくちゃ人がいて、全然落ち着きません。事前にGoogle先生に聞いても週末は混んでいるという口コミはあったのですが、事実そうでした。


外に風呂があったり、サウナの別棟があるようなエリアを歩きましたが、プールを出た後めちゃくちゃ寒い。水温が30度台の真ん中くらいだと思いので。


とりあえず施設を見て回っただけと言う感じで、着替えをして、ゲートでお会計しました。

サウナエリアの追加料金なかったなと思ったら、入場する時にすでに取られてました。

泉質自体はあまり温泉を感じられない感じ。カルルステルメとぜんぜん違いました。

ただ、ミュンヘンの空港から近いし、バスでも来ることができるので、平日に来る機会があったらまた来てみたいと思います。


テルメから空港までの行き方ですが、

Img_1287


まず570番のバスで Erdingの駅まで行けることが分かりました。

Img_1295


Erdingのきれいな街並み、古い街道の雰囲気?

Img_1298


エルディングの駅で空港行きのバスに乗り継ごうと思ったら、

Img_1305


土日はバスが少ない。1時間の待ち合わせ。

Img_1299


家でGoogle mapsで調べてた時は、出発時間はいろいろ条件を変えるけど、土日は考慮してなかった。反省。
この間の5月の旅行の前は、ドイツなんて来る機会がなくて、日曜の公共サービスのレベルがぐっと下がるのを忘れてました。


ただエルディングの一つ手前の駅には何も店がなかったのですが、エルディングの方は駅前にピザ屋とかあって、バーも見つけることができました。

Img_1302


風呂上がりにへレスビール、4ユーロをタップから

Img_1300

バーのおじさんに、ヘレスビールでいいか?とたぶんドイツ語で聞かれたんですが、ヘレスというのはブランドではなく、南ドイツでダークでない淡い色のピルスナーを指すんですね。あとで知りました。


前の晩飲んだ淡い色の Bierも、Chiemseer Hellesとありました。

奥で誰かがひたすらスロットを回している、昨日の晩のような店。市の中心部でなく、人が住むところにある地元の人のバーはみんなこんななんでしょうね。

タバコが吸いたくなるとお客は外に出て吸うので、ビールを美味しく飲めました。また、ドイツで使う 500MLのグラスの形状もビールの香りを楽しむことができる形状なんだなと思いました。


脈絡のない全体的な感想ですが、出発前に予想していたより寒くなかったです。もちろん都内よりは寒いですが。


512番バス空港行きが来まして、

Img_1307


田舎の街の風景や、空港近くのなにもないところを通ります。

Img_1308


空港近くのHIEXも通りますので、そこに泊まってポイントを貯めて、テルメエルディングに行ってもいいかもしれません(苦笑)


ミュンヘン空港着きました

Img_1309


早く着いたのでTKのチェックインカウンターも空いてました

Img_1310

つづく

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年12月 8日 (金)

2泊4日ベルリン-プラハ-ミュンヘン(8)

25年ぶりくらいで、BMW博物館に行ってみることにしました。


その前に朝食会場へ

Img_1239


新しい物件なんで

Img_1238


クリーンな感じ

Img_1241


相変わらず野菜はきゅうりとトマトのみ。塩味のパン、クロワッサンと大きすぎて食べすぎ。

Img_1242


朝食もたらふく食べましたので、BMW博物館に行ってみます。

最寄りの駅であるオリンピックなんとか駅

Img_1251


で降りようとしたら、身分証明証のようなものを見せられて検札(だとドイツ語で言われたのでしょう)。係員が検札に回って来たら降りようとしたから、怪しいやつだと思われたかも。


テレビ塔側のこの施設は昔なかったかも。

Img_1253


博物館、到着

Img_1279

入場料10ユーロでした。

もともとそうだったのか、最近の時節柄エコなのか、ガソリンを無駄に消費してやるレースの類いのクルマの展示が少なかったです。ハイブリッドカーのドライブトレインを見ても萌えなかったです。


気が向いて iPhoneで撮った画像を貼っていきます。


初期の

Img_1256


バイク

Img_1257


オン・オフレース車

Img_1258


最近、K1とかそうでもないですが、のバイクはこのように展示

Img_1259


四輪のレース車展示

Img_1262


3.0csl

Img_1261


最近の

Img_1263


635csi と M1

Img_1265


イセッタ

Img_1267


2002

Img_1268


M1

Img_1270


見下ろすとこんなん

Img_1273


プレスリーが乗ってたのをレストアしたらしい

Img_1275


相変わらず寒空で

Img_1277


このあと夜のフライトの前に行ってみたい温泉があったので、見学は早々に切り上げました。


つづく

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2泊4日ベルリン-プラハ-ミュンヘン(7)

プラハ駅ではサンドイッチ、バーガー、ソーセージの店などで食べてみたかったのですが、手持ち資金が不安で、というか、足りず、1,000円を追加で両替しまして、

チーズ、サラミ、パン2種類、ビール2種類を買いました。

Img_1144

時間があったので、他の国や都市に行く列車をホームで眺めたり

Img_1146


時間になって、列車に乗り込んでみると、

Img_1147

思い込みのはげしい私は号車番号をひとつ間違えてコンパートメントに居た青年にそこはオレの席だ!と言ってしまったりしましたが、

Img_1148


正しい号車にたどり着いても、お父さんと子供さんが私の席に座っていました。座席指定の紙を見せて席をかわってもらいました。

Img_1153

朝のチケットブースのおばさんは、窓際進行方向を取ってくれていたようです。

しばらくして、茶色の方のビールを空け、

Img_1158

ピルスナーの本場、ピルセンの駅に着いてからコレを空けました。

Img_1191


国境のあたりの田舎の風景

Img_1202


ドイツにはいってひと駅目過ぎて検札が来ました。ドイツで都合2度進行方向が変わりました。


ミュンヘン駅到着

Img_1220


どこかの駅で長時間停車した際に、機関車交換したようです

Img_1224

25年ほど前に、ボローニャかどっかから夜行列車で着いたことがあるのですが、駅の感じとかあまり覚えていなかったです。当時は、朝5時か6時にスタンドでプレッツェル食べてビール飲んで、市内に観光に出かけた記憶があります。


Holiday Inn Express Munich West

Img_1227

Img_1237


Img_1228


Img_1229


Img_1230

昨晩の Ibis と同じで、部屋には本当に何もない。ティッシュが増えたのがポイント。2種類大小のタオルも。テレビのチャンネルもちょっと多いかも。ま、言葉が分からないので、CNNかBBCしか見ないんですが。


HIEXから歩いて7,8分の

Img_1232


ハンバーガー屋さんというかバー

Img_1233

チーズバーガーとビールで税込11.10ユーロでした。

ハズレかと思ったけど、本当はハズレなんだろうけど、最初店員さんはつっけんとんなのかと思ったけど、本当に英語が苦手なのかもしれない、トルコ系かもしれない。この店に来る途中、シャーシャを吸わせる店もあったし。何度も食べ物とかビールはオーケー?と確認しに来たし、彼女は彼女なりにわけの分かっていない外国人に気を使ってくれたのでしょう。

自分の泊まっているホテルも、 HIEXの中でも安い部類を選んだし、周りには鉄道の車庫があったり、自動車修理の工場があったり、危険だとは思いませんでしたがそういったエリアであり、都営住宅的なものではないかと勝手に想像している集合住宅があったりして、移民が住むエリアなんじゃないかなと思ったりしていました。メルケルさんが極右からも極左からも攻撃されてる、移民問題についてちょっと考えました。クリアカットな答えなんかどこにもないのにね。

つづく

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年12月 7日 (木)

2泊4日ベルリン-プラハ-ミュンヘン(6)

プラハからミュンヘンまで「世界の車窓から」編


Ibis Hotel Old Townをチェックアウトしまして、プラハ駅までは歩けるんですが路面電車乗っときました

Img_1114

バスでプラハからミュンヘンまで、20ユーロ前後だし鉄道だと遠回りになるんですが、

世界の車窓的なのを体験したくて鉄道に。

朝出かけたときに、駅まで歩いて予めチケットと座席指定を済ませておきました。
Google Mapsを見ながら歩いたら、最初に着いた駅舎は古い駅舎だそうで、なかなか雰囲気があり、


Img_1119


近代的な駅施設の前にこちらから入れてよかったです。


自分の列車まで時間があったので

Img_1126


他の列車を見て回ったり、


なんか旧社会主義国っぽいプレートとか

Img_1127


銅像

Img_1128


Praha Station

Img_1133


チェコのホッケーチームの塗装とか

Img_1134


グラフィティが痛いですが、近郊型?

Img_1130


気動車

Img_1136


なんか長い客車を引っ張ってた電気機関車

Img_1137

エセ撮り鉄の写真はとりあえずここまで。


つづく

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年12月 6日 (水)

2泊4日ベルリン-プラハ-ミュンヘン(5)

朝からプラハ観光です。

時差の関係からか、疲れているのに朝5時ごろ起きてしまい、朝6時半からまだ暗いなかを散歩しました。

Img_0985


この日の日の出は7時半で、まだあたりは真っ暗でした。

Img_0988


ミッションインポッシブルの水槽のあるレストランがあった広場

Img_0991


有名な橋に向かって歩きます

Img_1002


着きました

Img_1005


こんな感じで向こう岸にお城か寺院が見えたなと

Img_1008


白鳥さんもいる公園で

Img_1027


カメラを構えている方がいまして

Img_1047


自分も構図を真似して撮ってみました、ちょうど日の出の7時半ごろ

Img_1042


トム・クルーズもジムを探して駆け上った階段からの眺め

Img_1063

20年前だか、英語の教材として Mission Impossible のセリフを書き下した本と字幕スーパーの無いVHSビビデオを買って何度も見ていてたため、たまたまこの階段に下から出くわした時にすぐ分かりました。


ということで、夜明け前から日の出まで Charles Bridge で過ごして満足しました。


Google Mapsを見ながら、今日の午後ミュンヘンに移動するためのチケットを

Img_1080


プラハ駅に買いに来ました

Img_1082


たまたま地上の目印をあてにして歩いて来た関係で、旧駅舎のあるレベルに到着しました

Img_1085


下の階には近代的な空間が広がっていまして

Img_1086


チケット売り場

Img_1087


ミュンヘンまで運賃1,472クローナ、座席指定料金79クローナでした

Img_1111


DBのアプリからも買えたのですが、この値段よりも高かった気がします。手数料も取られるし。

一度ホテルに戻りましたが、Ibisの朝食が11ユーロと高くてつけていなかったので、

Img_1090

近くのアートカフェ

Img_1093


朝食

Img_1091


結構気に入ってしまい、路面電車を眺めながら

Img_1099


カプチーノ2杯、エスプレッソ1杯を飲みながら朝食食べました

Img_1092


ホテルに戻ってからも、Accor Hotelsのシルバー特典でもらったウェルカムドリンク券で、チェックアウト前にカプチーノ、おなかタプタプ

Img_1112


18時間前後の短い滞在でしたが、無理矢理にでもプラハに来てみて良かったと思います。

世界の車窓から的なのは、次の記事で。


つづく

| | コメント (0) | トラックバック (0)

«2泊4日ベルリン-プラハ-ミュンヘン(4)