2017年9月23日 (土)

ウラジオストック限定e-visa旅行(9)

ウラジオストック観光2日目、夕方通りやビーチを散歩してみます。

シベリア鉄道の線路のあたり

Img_7774


を歩いたり、

Img_7775


昼ごはんに来た通り

Img_7781


をぶらぶらしたり、


海辺に出まして、

Img_7788


短い夏を楽しんでいるウラジオストック市民を観察しました

Img_7786


涼しいくらいです、気温22.1度?

Img_7787


この方達は大丈夫なんでしょう

Img_7784


さっきの通りに戻り、

Img_7780

チェコのビール150ルーブル、結構美味しかったです

Img_7791


裏のクラフトビール屋さん、

Img_7793

エール0.5L 300ルーブル

Img_7794

ここは結構地元の若者中年のお客さんがいました。


外も暗くなりまして、

Img_7797


宿の近くのピロシキ屋さん、パイとボルシチと紅茶で320ルーブルくらいでした。

Img_7801

ボルシチにはサワークリームを入れる正式(?)なヤツで、クリームの酸味が美味しかったです。


ビールでお腹いっぱいのことろに食べ過ぎました。お店は宿の真ん前だったので帰って寝て帰国に備えます。


<つづく>


| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年9月22日 (金)

ウラジオストック限定e-visa旅行(8)

ホテルでロシアでの初めての夜を過ごしまして、ウラジオストック2日目です。

二日ぶりに陸地で寝る事ができたので、結構寝てしまいました。14,000円も払って朝食の時間を寝倒してしまうという体たらく。

今夜の宿をしばらく検索予約して、12時前にチェックアウトして、

朝食兼昼食でもと思い出かけました。このへんの場所でした。日本語メニューもあると Google Mapsのレビュー欄にありました。


お店の外観

Img_7750

紅茶とクレープで包んだみたいなヤツ、305ルーブル

Img_7752


ひき肉とマッシュルーム、皮がちょっと甘みがあります

Img_7753

ほとんどのお客さんが地元の方でした。甘い中身のものを食べている人が多かったです。

Google Mapsにレビューが載っている関係か数年前からビザ免除で来ることができる半島からの観光客もいました。

今日の宿の場所がGoogle Maps見てもよくわからなくて、カフェで休憩

Img_7757

7/11 Innという名前の物件で、コンビニチェーンとは全く関係なく、地番が7の11 と言うので比較的簡単に見つかるかと思ったら、そうでもなくて、

腰を落ち着け、いろいろ見てみたら、宿への図的なものを発見して、

ホテルらしき看板は何も無いこんな中庭部分に一度はいって、建物の3階にあがり

Img_7762


おどろおどろしいグラフィティのある物件でした

Img_7764


ドミでなくこんなお部屋で3,000ルーブル

Img_7759


バスにも乗りました、21ルーブル

Img_7766

降りる時に払うようでしたが、知らなかったんで前から乗り込んで運ちゃんに払いました。


以下、脈絡のない感想ですが、

缶コーヒーもどっかで買ったら、60ルーブルしました。ロッテです。。

クルマがみんな横断歩道とかで歩行者を見かけると停まってくれるのに感動しました。歩行者優先が徹底している印象でした。


夕方に向けて散歩したりビール飲んだりしたのですが、それはまた書きます。


<つづく>

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ウラジオストック限定e-visa旅行(7)

1日目の夕方、さらに続きです。


鷹ノ巣展望台と潜水艦を観光してから、軍港のあたりを緊張しつつ歩きます。

Img_7730


海沿いは気持ちいです

Img_7729


なんども言っちゃいますが

Img_7732


異国の雰囲気満点

Img_7734


カフェが地下道とか、ちょっとしたところにあって、というかコンビニ的な店は一切ないので、このカフェで二度テイクアウトしました

Img_7735

なぜかこのカフェ、チョコレートをサービスでくれるのですが、ロシア人ってチョコレート好きなんですかね。街中にもチョコレート屋さんを何軒か見かけました。


また坂を登って、船内で知り合った方との待ち合わせのホテルに向かいます。

Img_7736

北のレストランに行く事にしました。

まだ明るいので歩いて行ってみましょう!ということになり、Google Maps見ながら行きました。


この動画のオープニングと、当たり前ですが、同じでした。

Img_7737


看板

Img_7738


こんな雰囲気のお店です

Img_7740


お料理、味は正直たいしたことなかったです。

Img_7742


ビールをジョッキで3杯か飲んで、まだ明るいうちから夜9時過ぎまで店にいたのですが、お歌はなかったです。団体が入ったときだけなのでしょうか。

ということでお歌の写真はありませんので、先ほどの動画の3分57秒あたりからお楽しみください。

あとはおねいさんにタクシーを呼んでもらい、ホテルに戻りました。


<つづく>

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年9月21日 (木)

ウラジオストック限定e-visa旅行(6)

SIMも買ったし、ウラジオストク観光1日目の続きです。


結構な坂を登りまして、

この橋と港を見渡せる展望台を目指します。

Img_7694_2


途中、怪しげなレストランを発見しました!

Img_7693

ウソです。Google Maps見ながら、わざわざ探しに行きました。

コリョ!とか怒られそうな名前だった気がします。


結構登ったんですが、あとでケーブルカーがあることを発見してショック。

Img_7697


こんな眺めです、みなさん撮影や地鶏をエンジョイされてます

Img_7704

この動画を見てから、行ってみようかなと思っていたのですが、ホント動画の通りいい眺めです。


ウラジオストックが天然の良港だというのがよくわかります。

Img_7699

帰りはケーブルカーに乗りました

Img_7707


子供さん連れ、かわいい

Img_7714


麓の駅

Img_7716


あと見たかったのはこの潜水艦、入場料100ルーブル

Img_7725


さすがに内部は狭いです

Img_7720


魚雷の発射口

Img_7723


現代のものに比べたら古いのは分かっていましたが、中に入ることができるとあって結構感動しました。


<づづく>


| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年9月20日 (水)

ウラジオストック限定e-visa旅行(5)

ウラジオストックに上陸しまして、観光1日目です。

イミグレーションは、なぜか船で下船を待っていた時のポジショニングが良かったのか、前数人目で下船でき、ソッコーで記念すべきロシア入国ができました。

フェリーターミナルでルーブルのゲットと SIMカードの購入をしたかったのですが、ATMではHSBCのカードでは現金が下ろせず、Visaカードでキャシングしました。SIMカードを売っているっぽい店は見つけられませんでした。あと、漢字のサインが目につきました。


丘をえっちら登りまして

Img_7680


Azimut Hotel Vladivostokにチェックイン

Img_7683


内装の写真は撮っていないのですが、Accor の Ibisブランドのようなカジュアルな内装、パブリックエリアのしつらえでした。

帰りの安い航空券が見つかったのでウラジオストックに来たのもありますが、東方経済会議の関係でぜんぜんホテルが見つからず、2日目の宿は取ってません。見つかるのは、10-15ドルのドミトリーばかりで、あと500ドル1000ドル越えの部屋が数室という感じでした。


そうそう、ホテルのWiFi経由ですと、iPhoneのLINE使えなかったです。ローカルのSIMでも画像送れない。どうでもいいですが、LinkedIn も使えませんでした。FBやインスタはオーケー。


再び歩いてウラジオストック駅に戻りまして

Img_7685


空港行きの電車が出る別の窓口を確認して

Img_7690


駅近くに MTCと書いた看板、携帯用品を置いてある店舗を発見したので行ってみます。

MTC?ん? と思ったんですが、よく考えたら、CはSなので、MTSでロシアの携帯事業者です。以前株も所有したことのあります。

最小の1GBプランは売っていなくて、5GBプランで500ルーブルでした。パスポートが必要でした。この時、いつもの旅行とは違い、ロシアなんで、職務質問とか受けたらやばいと思いパスポートを携帯していました。


日本からこんなに近いのに(自分は好き好んで船でめちゃくちゃ時間かけて来ましたが...)、すごいヨーロッパの景色。ちょっとワクワクします。

Img_7691


なんか記念碑

Img_7692


初日は、ウラジオストック港に架かる橋が見える見晴らしのいい展望台(後ろに写り込んでいる)に行きたかったのですが、そのお話はまた次回に。


<つづく>

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年9月19日 (火)

ウラジオストック限定e-visa旅行(4)

DBSフェリー3日目、ウラジオストック入港です。

バーというかカフェでハンバーガー5,000ウォンを食べて遅めの朝食、

Img_7636

事前情報通りパンが冷たい。タレが甘い。まあ久しぶりに野菜レタスを食べられたからいいか。朝からバーでビール飲んでたロシア人女性がいた。

最終日の午前中はほとんどバーのテーブルで過ごす。みんなほとんどツアーで来るのか、バウチャーで食事する人がほとんど。

10時ごろ陸地が見えてからも長いな。


Img_7640


水先案内人を乗せて入港

Img_7645


橋梁

Img_7652


軍艦

Img_7653


「駐車スペース」がせまいからか、タグボートに押してもらい

Img_7656


Владивосток!!!

Img_7668


<つづく>

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年9月18日 (月)

ウラジオストック限定e-visa旅行(3)

DBSフェリーで過ごす2日目です。

Img_7613


朝起きて7時半でこのへん航行

Img_7602

ヒマなんで電波が拾えるようになってからローミング申し込んでネットしてました。

あと、朝ごはんはインスタントじゃないコーヒー3,000ウォン、缶コーヒーや野菜ジュース1000ウォン飲んだりしてました。


船の上で迎える2日目、お天気は良かったです

Img_7604


きもち悪い絵のつづき(苦笑)

Img_7605


そんなこんなで東海の港に到着

Img_7610


船内に残ることもできますが、とりあえず入国

Img_7615


ターミナルを出てすぐミニストップはあるけど、それ以外駅前まで行かないと何もない。相変わらず半島の東は静かというか寂れているなあと思う。前に束草(ソクチョ)まで行って五色温泉に行ったのを思い出す。

船内で知り合った日本人の方と東海駅の方に来てみましたが、めぼしい店が何もない。

Img_7616


この国の「中華料理」と呼ばれるものが美味しくないのは知ってましたが、他の店がことごとく営業開始していなくて、

駅前の韓国風中華料理で他の3人とビール飲んで昼食。


とりあえずビール

Img_7617

ご飯や麺類食べたくなかったので、鶏肉料理だということだけ従業員の説明でわかった、自分のたのんだ料理

鶏肉料理頼んだら唐揚げのタバスコあんかけみたいな料理、9000ウォン。残念なお味と言わざるを得ない。

Img_7618


出航の2時間前に帰って来いと言われていたのでターミナルに戻ると、チケッティングのブースで乗船券に変えてもらえと言われる、面倒

Img_7621

しかし、ここから客層がガラッと変わって、ロシアに行くんだなという実感が湧いてくる、おそロシア


駅前のセブンでベルギービール2本とつまみ買ったので、東海の港からの出港前にデッキで飲む

Img_7623


出航、液体物ががんがん持ち込めるのがいいです、船旅は(笑)

Img_7628


なんかお見送りをしていました、なんと書いてあるかわかりませんが

Img_7630


あとは、お風呂にはいったりして時間をつぶしたり、たっぷんたっぷん揺れてちょっとしかお湯がないんですが、、、

Img_7635

船内ではシャワーとお風呂の設備使ってみた。使用する人の民度と設計の悪さから、足元がべちゃべちゃで気持ち悪い。すのこか何か敷きゃいいのに。檜風呂はカビだらけとどっかのブログに書いてあった気もしますが、タイルに張り替えられていたのでそれはなかったです。


その日の夕食は、薄皮クリームパン3個食って缶コーヒー飲んで早々に寝ようと思ったんですが、

東海から席替えというか部屋替えがあって、ロシア人男4、5人と前出のドイツ人と同室に。体感温度の違いからかパンツ一丁で寝ているし、なんとなく部屋の中が汗臭くなったし、それにうるさい。えーかげんにせーよ!


<つづく>


| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年9月17日 (日)

ウラジオストック限定e-visa旅行(2)

境港駅は外国人だらけ! クルーズ船も来るらしいです。

Img_7563

15:14に境港駅に着いて、しばらくスーパー「まるごう」で晩ごはんの買い出しをして、

Img_7561


境港駅から国際ターミナルまで、「DBSフェリーを利用する人」のための免費のシャトルバスがあります。

Img_7564

クルーズ船に乗ってきたと思われる隣国の人たちとか、君たちのクルーズ船の方には行かないし、大人の事情で鳥取県がこのバスのお金出してるんだから、もう降りて。運転手さんも拙い英語で説明してるんだからさ。


この橋とか、このへんの景色とかスゴイなといつも思います。(境港なんども来てます)

Img_7565


16:05のバスで国際ターミナルに来たけれども、

Img_7566


発券開始が17:00でヒマ

Img_7568


売店のおじさんにフェリーのパンフレットとお手製の東海の地図をもらう。150円でチューブわさび買った。

Img_7570

折角おじさんのご好意で頂いた地図ですが、翌日オススメの焼肉屋とか見つけられず(そもそも店がそんなない)、

東海で入国したときに海鮮でも食べるかなとチューブわさびを買ってみたのですが、このあとドイツ人と飲むのに、彼がお菓子にべったりつけて食べたくらいで、まったく有効活用しませんでした。


17時を少しすぎたあたりからチケットを売り始め

Img_7578_2


出国手続き開始、なんか自転車押している人を結構見かけました。金曜土曜で大山のあたりでもサイクリングしたのでしょうか。

Img_7581


DBSフェリーはこんな船、日本語情報は、
鳥取県のサイトの方が詳しいです。

Img_7582


強国様その他を乗せた豪華客船の方が先に出航していきました

Img_7590


定刻の19時に出航

Img_7585


さっそく売店でサンミゲル3,000ウォン

Img_7598


自販機でアサヒ350円、安くない、免税じゃない。

Img_7599


屋外のバー?カフェ? 結局営業しているのを見かけませんでした

Img_7587


ところどころに

Img_7592


きもち悪い絵が描いてありました

Img_7595


船の一番上の層には車座になって宴会のできるスペースがありましたが、

Img_7600

日本人は私を含め5名、ぷらすドイツ人1名でささやかな宴会をデッキでして、

あとはシャワー浴びたりして、8人部屋を4人の日本人で使っていたので特に何もなく寝まして、この日は終わりました。


<づづく>

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年9月16日 (土)

ウラジオストック限定e-visa旅行(1)

ウラジオストック限定のロシアのE-Visaを取った話は以前書きました。遂に実行に移しまして、フェリーに乗るため境港まで移動するお話です。


まあ港に出航日に港に行けば乗れるだろうと思っていましたが、フェリー出港土曜日の2日前にいちおうDBSフェリーに電話したら、結構混んでいるようなことを言われました。

でも話していると、8人部屋のセカンドクラスのベッドのいくつかが空いている模様。e-visa取って船に乗れないと洒落にならないので、パスポートの画像をメールで送っていちおう予約してみた。ほどなくしてタチアナさん(笑)から確認のメールが来ました。境港からウラジオストックまでディスカウントしてもらって24,000円でした。


境港まで陸路移動するんですが、まずは名古屋まで。あ、青春18きっぷです。


途中ロシア語のお勉強をしました。

Img_7531

フレーズは結局ぜんぜん頭に入りませんでしたが、教科書を見ながら録音を繰り返し聞いたら、キリル文字の読み方がなんとなく分かりました。Cがロシア語ではSとか、PがR、ΠがP、ΓがG、BがV。逆に、Bの発音を示す文字はБとか。


インドネシアから帰ってきてずっと調子が悪く、風邪ひいて何日目だろ、久しぶりにビール飲んでみたけど味が違う。

ただ台湾ラーメンのニンニクを全部食べたら、翌日しつこい風邪が治ったような気がします。

Img_7533


翌日、京都まで移動。なぜ京都かと言いますと、IHGのQ4アクセラレーター修行で1泊するのにクラウンプラザが安かったのと、二条から山陰線の朝早いのに乗れば境港に行けるからでした。

で、大垣で乗り換え

Img_7535


京都で乗り換えて二条まで

Img_7536


このあいだ行ったばかりのネシアな方がいました(笑)

Img_7537


世界遺産好きなんで(嘘爆)、二条城を観光

Img_7544


いろんな国の観光客がいました

Img_7542


大政奉還150年だそうです

Img_7547


ANA Crown Plaza Kyoto、です

Img_7546

昔からの日本の古いホテル。着物のオネーサンがお出迎え。


なんかツインしか取れなかった、それよりもベッドが微妙に低く、テーブルとか使いにくい、ネットも劇おそ

Img_7540

ミネラルウォーターのボトルが見当たらないと思ったら、冷蔵庫の中に2本ありました。今回7,600円で予約したけど、1万円以上とかあんま出したくないかも。コンセントをベッドサイドに後付けしたり、それなりに気を使っているのだろうけど、調度品が古いしベッド低いし、ちょっと勘弁してほしい。


あとは夕方、尾張の出身者として見ておかねばと思い、本能寺跡を見に行きました。コレしかありませんでした。地味...

Img_7549


ホテルのレストランの割引券をもらったので屋上のビアガーデンでもと思ったのですが、やはり王将で小さいニラレバと餃子2人前、もちろん生ビール

Img_7552


本場の餃子

Img_7554

を食べて寝ました。


で、翌朝また青春18

二条駅から、朝6:46の福知山行きに乗ればよかったのですが、早く着いたんで6:30の亀岡行きに。6:30まで駅のセブンがやっていなくて、やることなかったので。

Img_7556


亀岡駅構内のセブンでパンとコーヒー買って後続の福知山行き乗ったら満員。6両編成の前2両だけ福知山に行くとあってさらに。この後2両編成ばかりで、一度は1両に押し込められ、終始車窓を楽しむという感じではなかったです。

JR西日本のベンチって酔っ払いホーム転落対策でこういう向きなんですね

Img_7557


余部、写真はこれだけ

Img_7558

窓のある席に座っていなくて、でも首を回して見てみたら、余部鉄橋からの景色はすごくきれいでした。悲しい事故がありましたが。

鳥取での乗り換えでちょっとパン買って食べて、米子ではセブンでフランク。

米子駅からの境線はめっちゃ水木しげるオシ

Img_7560


Img_7559

そんなこんなで境港駅に着きました。

<づづく>


| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年9月15日 (金)

ユーザー車検に行ってきました

ユーザー車検行ってきましたなんて記事から2年経ちましたので、また行ってきました。デューク2の方ではなくて、R1150RS の方です。

いつ行こうかグズグズしていたのですが、敬老の日に気づいてしまい、これは三連休前に行かないとと思い、前日に予約取って品川の陸運局に行ってきました。

どうもリアブレーキが鳴くので、そろそろリアのパッドがないかと思って、いちおうイギリスの通販サイト、MOTO Binsから部品は仕入れておきました。パッドが35.50ポンド、送料が6ポンドでした。

普通郵便(Royal 1st Class Mail)で注文してから7日で到着したので、結構使えるなと思いました。

Img_8016


車載工具のトルクスでキャリパー外してみたらパッドはまだ残っていたので、交換してもいいくらいは減っていたのですが、セコいんでもう少し使ってから交換することにします。


不合格になってから行ってもいいかなーとも思ったんですが、車検場の前にあるいつものテスター屋さんに10時ごろ到着し、光軸調整してもらいました、2160円。

Img_8017


2ラウンド目、10:15から受付、の最後の1台を予約したんですが、ラインは結構空いてました。

Img_8018_2


係員の人に付き添いは必要か聞かれたんですが、2年前と1年前にライン通しているので、わかるだろうと思い、大丈夫ですと言っちゃいました。

でも、やはりラインに前輪のっけてわからなくなって、後ろに並んでいたバイク屋さんの好青年に付き添ってもらい、無事全項目通しました。その節はありがとうございました。

ラインさえ通してしまえば、事務所に戻って書類を渡すと、30秒くらいで車検証出てきました。
そうそう、車検証、自賠責、納税証明の他に、ハンコを持って行くのを忘れたんですが、使用者本人が持ち込み検査をするのであればハンコは要らないようです。

車検は通したものの、さすがに15年経って、フォークのシールが抜けちゃってオイル漏れてるし、、、BMWのテレレバーはテレスコピックのフォークのように減速時の応力を受けないといえども、オイルがしたたってくるとあまり気分もよろしくない。抜けてるのが左側で、フレームナンバーをチェックする右側でなくてよかった。。。

あと、ハンドル周りの配線を束ねているビニールテープというかチューブがボロボロになってきて、これも放置するとそのうち漏電とか短絡とかの原因になってしまうから、キレイにしたいんだけどどうしたものか。


| | コメント (0) | トラックバック (0)

«ジャワ島なんちゃって横断旅行(16)