2017年7月22日 (土)

ルアンパバン(1)

海の日の連休、日曜日にバンコクで飲み会があって、金曜成田発月曜帰りのチケットは手配していました。

バンコクに早くはいっても、特に観光したいところはないので、後付けでバンコクエアウェイズのルアンパバンまでの往復チケットを買って、むちゃくちゃ興味があったというわけではないのですが、世界遺産に観光に行ってきました。

TGのA380に初めて乗ったものの、前の方のエコノミー席でエンジン音も静かで普通に本を読んで過ごしてしまい、特に写真は無いです。

タニヤあたりも通ったのですが、人は少なく、現地のサラリーマンと思われる方が鳥そば食べてました。。。

Img_5579


タクシー乗って

Img_5580


Le Fenix Sukhumvit 11なるホテルに

Img_5577

Accor に参加しているホテルみたいで、いちおうステータスとボーナスポイントくれるらしいので泊まってみました。ご近所のHoliday Inn Express や Aloft より安い価格帯です。

この日はバンコクで寝るだけで、翌朝のルアンパバン行きのフライトに備えました。


<つづく>

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年7月21日 (金)

『「怒り」のマネジメント術』を読んで

図書館で『<実践>自分の小さな「箱」から脱出する方法』 原題'Leadership and Self-Deception: Getting Out of the Box' を読もうと思って行ったんですが、読み始めて、理屈としては合っている、なんか理屈っぽい、枠を作って売らんかなみたいな感じがしたので、さらーっと読んで


書架に『「怒り」のマネジメント術』 安藤俊介 (2011, 朝日新聞出版)

という本を見つけ手に取ってみました。

と言うのは、海の日の連休に出かけていた時に、自分では自分のことをそんなに怒りっぽいとは思っていないのですが、飛行機の機内やイミグレーションの列に並んでいるときに、他人に対してつい声に出して苛立ちを露わにしてしまい、反省の意味も込めて読んでみました。

だって、小太りの男二人でタイ旅行の奴らが、ただでさえ脇腹とか肘がはみ出してきて鬱陶しいのに、B席の奴がトイレに立って帰ってきて座って1、2分でA席の奴がトイレって、さすがに声に出して「まとめて行っとけや!」と言ってしまった。

最近BKKのイミグレは出国も時間かかるし、やっと前のカップルの順番になったら出国カードは持っているものの記入していなくて、ブースで書き始めて、「そんなもん予め書いとけや!」と声が出てしまった。心が狭いなー。


まあ、特に理由を探さなくても、日常生活でコンビニのとろい客とかエレベーターですぐ「閉」ボタン押さないヤツ、人混みでぶつかって詫びもしないヤツとか、「怒り」の対象になる輩は枚挙にいとまがないから読んでおいて損はないかなと。

=== メモ ===

"マネジメント"とは、怒らなくててもいいことには、怒らない。怒るとしても、表現方法や場所を選ぶ。

あなたを怒らせているのは、本当は「あなた自身」 それをどうとらえるかが問題。
出来事との遭遇 → 出来事の意味づけ → 「怒り」の感情の発生

「怒り」は「アレルギー」に似ている。反応が出る人、出ない人がいる。

心のメガネ = コアビリーフ、自分の常識・ルール、「いい」も「悪い」もない、人生経験による。

怒りを引き出しやすい何かをトリガーと呼び、人によっては学歴であったり、人を待たせるのは良くないとか

対症療法
怒りのレベル分け、0~10、や可愛い毒を吐いてみるとか
自分のコアビリーフに基づき出来事の意味づけをしている時間をどうするか?
  ー 頭を空にする、白い紙を思い浮かべるとか
  ー 別の思考でいっぱいにする、数を数えるとか
気持ちのいい場面を思い出す
それでもダメなら、とりあえず逃げる。自分の理由でタイムアウトを取る。
「我々の」議論はうまくいっていない、とか言うと墓穴を掘る

体質改善
日時、場所、出来事、思ったこと、言動、して欲しかったこと、結果、怒りの強さ、を記録する。
あとから、「思ったこと」の傾向を分析する。解析したパターンから、自分の行動をひとつだけ変えてみる。

〜すべき、レッテル貼り、大げさに言わない/正確さを持って批判なら批判する

日本語の「なんで」 ≠ Why
責めるニュアンスがある
『私』を主語に

=== メモおしまい ===


以下、短い感想
怒っている人に対して「かわいそうな人」という枠組みを使ってこれまでは自分の気持ちをおさめたりしていたが、どうしても自分を上に置いて事態を処理しているという感じは否めない。(筆者の言う所の対症療法)違う心のメガネを持った人も世の中にはいると考え、自分と他人の怒りのメカニズムを考えた方が応用が利く。



| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年7月20日 (木)

『今夜も木枯らし』 風間一輝を読んで

2008年に青森まで自転車で行った話を書いたんですが、きっかけは風間一輝氏の『男達は北へ』を読んだことでした。

手元にある作品を読み返そうかと思ったのですが、例によって図書館蔵書を検索かけました


たまたま未完の遺作『今夜も月は血の色』

Img_5499

の方を先に読んでしまったのですが、こっちの方に主人公がなぜ旧版の百科事典を売り歩くことになったのか書いてあります。


続きの『今夜も木枯らし』 、群馬県からジャパゆきさんを救出する話。

Img_5527


旧版の百科事典を売り歩くコミッションベースのセールスマンの背景を繰り返し説明するところ、逃走劇のあっちゃこっちゃを追いかけていると途中で飛ばしたい気分になってしまうところを除いて、面白いプロットで楽しめました。


| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年7月19日 (水)

「嫌われ松子の一生』を観て

ちょっと前にアマゾンプライムで『下妻物語』を2度目観て、オススメされたのでダウンロードして飛行機に中で。

歳を重ねると、コミカルタッチ、面白いところ、ミュージカルちっくなところ以外に、含んでいるテーマが深すぎる。
自転車の練習で行っている荒川の描写がいい。
もっと含まれているテーマはいっぱいあるのだけれど、上手く書けないなあ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年7月18日 (火)

『神様が降りてくる』白川道を読んで

故白川道さんのハードボイルドの話は前に書いたのですが、出かけるのに昔の作品を読み返そうと思ったのですが、引越しの時に段ボールに入れてどこにあるのか分からないので、図書館の蔵書を検索かけてみました。


『神様が降りてくる』 (2015年)を読んでみました。結果として氏の遺作となってしまったようです。舞台は沖縄。

馳星周氏のみるくゆーも読んでいるので、占領下のゴタゴタには少しは下敷きがあり、久しぶりに白川節を楽しませてもらいました。

感想:「やはり最後には殺しちゃうんですね、限りない絶望、ハッピーエンドは有り得ないと」


| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年7月17日 (月)

Holiday Inn Expressと烤魚

ちょっと前までひとり火鍋ブームだったのですが、新たな予感。

SPGプラチナチャレンジもやってしまったので、ポイントを使って Holiday Inn Expressに泊まりました。

Img_5502


思っていたより落ち着いている

Img_5505


IHG10,000ポイントで宿泊

Img_5503


仕事で使いやすいであろう机

Img_5504


冷蔵庫がないのを除き(1階にビール等自販機がある)過不足ない感じ。
そういえば、IHG会員ということで、チェックイン時にビール1缶もらいました。ちょっと嬉しい。


Appを見ながらホテル近くの店を物色

Img_5510


ウケ狙いで

Img_5507


ロボットレストランも考えましたが、やめにして

Img_5508


万州烤魚

Img_5509


美味しい!

Img_5513

注文する時に何味にするか聞かれ、麻辣味で中辣にしてとお願いした。
一度焼いてから麻辣味で煮る。美味しかったので店主にどんな魚か聞いたら、黒魚と言われる。???

ホテルに帰って百度先生に聞いたら、雷魚でした。蛇魚とか書いてあれば分かりやすかったけど。タイで唐揚げやカレーで食べているので、道理で美味しいハズです。


そういえば、以前に行った新疆の羊串屋でも

Img_3171


烤魚のメニューありました、しっかりライギョも載ってる

Img_3172


このカラーのメニューの店だと一斤あたり42元だけど、

Img_5518

今回のレシートでは、38元だった、ちょっと安い。

見た目が悪い魚ほど美味しい。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年7月16日 (日)

SPGプラチナチャレンジのホテル(後編)

つづき、5月のGWから活動再開でが、3泊したのみ。


(10) シェラトン上海虹口ホテル CNY868.44 ¥14,008
プラチナチャレンジ始めたとたん、虹口ではまったくジュニアスイートとかにはアップグレードされなくて、上海明珠塔の見える方向の部屋もまったくアサインされなくなったなー。

プール、夜だと暗くて少し泳ぎにくい、でもまだ5月の初旬とか泳ぐ人が少なくてプール空いてた
Img_3796

Img_3643

(11) フォーポイントバイシェラトン上海,大寧 CNY623.09 ¥10,050
朝ごはんは、地下鉄の駅入り口にある、クレープ的な巻物を食べてたな。すごく愛想のいい人で印象に残っている。
Img_3634

FP大寧のプール、小さくてなんか塩素きついかも。でも、更衣室やサウナエリアは清潔で使いやすい。
Img_3817

(12) シェラトン・フランクフルトエアポート・ホテル&コンファレンスセンター EUR111.2 ¥13,477
GW上海でのストップオーバーのあとドイツに行った時一泊目に泊まった。ある程度リーズナブル、100ユーロ台の前半、なら泊まって数を稼ぎたかったのだが、デュッセルドルフドルフとか400ユーロ超えで、唯一フランクフルト空港のシェラトンに泊まったのみ。逆にヨーロッパを旅行するなら Accor Hotels が便利だなと実感
Img_3833
ターミナルの真ん前、鉄道の真上で使いやすいは使いやすい。飛行機の騒音も全く問題ない。プールあるのか探検せず不明。

(13) フォーポイントバイシェラトン上海,浦東
CNY717.79 ¥11,578
ここから6月、最後の月で追い込みをかけます。ジェットスタージャパンで浦東空港着いて夜中の2時ごろチェックインしたのだけれど、マネージャー直々「古い物件で済みません」的なグリーティングと名刺もらった。
普段泊まらないプドンエリアで面白い屋台を発見したので良かった。FP浦東の隣にシェラトン物件があるし、また食べに行きたい。
Img_4780

(14) ウェスティンホテル仙台 ¥13,538
岩手にハーフマラソンに行って帰りに泊まるつもりだったが、ハーフはDNS。仙台の街を自分の足で時間をかけて歩くのは初めてで、住みよい街だと思ったし、シブい昭和の飲屋街も発見できて良かった。そうそう、仙台ウェスティンのジムにはプールありません!

(15) フォーポイントバイシェラトン上海,大寧 CNY640.25 ¥10,327
6月最後の追い込み、FP大寧とシェラトン外高橋のヘビーローテション(笑) プールが改修中でお休みだった。
微妙なウェルカムプレート、マシュマロ。結局、朝食に食べましたが。
Img_5013

2週連続でジェットスターで行ったのでホテル着が深夜の2時すぎとかで、こんなところで飲んでました。
Img_5002


(16) シェラトン上海外高橋ホテル CNY511.86 ¥8,256
この時は高橋鎮で小龍蝦(ザリガニ)食べた。

プール
Img_5055
修行を始めた4月にくらべ日差しが強くなって、泳ぐ人も増えてきた。

(17) フォーポイントバイシェラトン上海,大寧 CNY640.25 ¥10,327
ジェットスター3週目、つらい。先週も同じところで夜中飲んだ
Img_5109

前の週はプールの屋根が修繕中だったのだが、この週は泳ぐことができた。
Img_5120

(18) シェラトン上海外高橋ホテル CNY511.86 ¥8,256
18泊目最後の滞在は外高橋。広東料理(客家)の猪肚鶏の店を発見することができた。広州時代好きだった胡椒鍋を食べられてうれいしい。

以上、なるべく底値を拾って予約を入れたつもりですが、だいぶ散財してしまいました。

合計¥197,338 1泊あたり¥10,963.21 航空券代除く(笑)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年7月15日 (土)

SPGプラチナチャレンジのホテル(前編)

4月から6月の3ヶ月で18泊するというSPGプラチナチャレンジにチャレンジ。やり方はこのへん(英語)参照

以下はその18泊の内訳なんですが、18泊すれば良く同じホテルに連泊しても良いんですが、ついいつもの調子で18「ステイ」してしまいました。

(1) シェラトン上海外高橋ホテル CNY499 ¥8,166
Img_3104
今回のチャレンジにあたり初の宿泊。上海地下鉄6号線の終点から2番目、フリートレードゾーンに位置。そういう立地なんで、従業員の人と話したらツアーの使用が多いとのこと。クラブフロアではないが、もれなくアップグレードしてくれた。

プール、イルカさんがいます

Img_3117

こんな機会でもないと、黄浦江と長江に囲まれた中洲なんて探索しないと思い、歩いてみたら資料館もあり結構面白かった。
Img_3139

なんかちょっとだけイイ感じの街並み
Img_3144

(2) フォーポイントバイシェラトン上海,大寧 ¥10,735(チェックアウト時現地通貨にするか聞かれなかった。)
ダイナミック・カレンシー・コンバージョンというタームは知らなかったが、カード決済時に現地で日本円に確定させるとクレジットカード会社のレートより悪いだろうなと素人目に思っていて、これまで聞かれた際は現地通貨で決済するようにしていた。6月の滞在までFP大寧では客にオプションを提示せず日本円決済していたようだ。

DCCが割高な点はこのへんも参照(英文)

今年1月から3月の間にも泊まっていたのだけれど、外高橋のシェラトンにずーっといることは耐えられないだろうと思い、二泊目から大寧商場の中にあるフォーポイントに。
Img_3180

商場の中にあるので食べる場所には困らないが、週末中華リア充に囲まれて一人ランチをするのも憚られ、大家楽とか行ってしまうと日本よりお金がかかってしまうので、だんだん行かなくなった。ここは毎回ウェルカムドリンクのチケットをくれる。バーで生ビールでも飲みたいのだが、夜はいなかったりして、だいたいチェックアウト前にコーヒー1杯飲むことが多かった。

Img_3184

(3) シェラトン・ソウル・パレス江南ホテル KRW166678 ¥16,310
ちょっと前まで違う名前のホテルだったと思う。
Img_3274

夜ソウルに着いて友人と飲んで早朝チェックアウトしたのでプール見てない。ここ数年はソウルに友人と飲むためには行くのだけれど、味が単調な気がして食事自体に興味が薄れてきた。

(4) アロフト東莞ダイナミックタウン ¥6,190(チェックアウト時現地通貨にするか聞かれなかった)
前に書いた商場の中にある
Img_3304

ウェルカムドリンクコーラ2本持ってきてくれた、ちゃんと冷たいのを。世の中の評価は分からないけど、アロフトのスタッフのフレンドリーさとか、インテリアとか嫌いじゃない。規格で決まっているのだろうが、ちゃんとPCとか使いやすい机や椅子だし。あ、そうそう、舞浜のシェラトンは丸いテーブルで仕事ができるという体勢ではなかった、腰が痛くなりそう。だれも舞浜の物件で仕事しないよ、って(笑)

照明の色が微妙で他の人が泳いでいるとちゃぷちゃぷして泳ぎにくいプールだったが、アロフトブランドでまともな距離のプールがあるだけ有難い。
Img_3356

(5) シェラトン中山ホテル
CNY598.16 ¥9,649
Img_3419
アップグレードしてくれたし、部屋ではこんなふうに HDMIケーブルでテレビとつなぎ動画見てた。

川沿いの街で夕涼みしたり、広東語メインの店で食べ物の注文聞かれたり、涼茶屋でおばちゃんと話したり、広州と違って面白かったなあ。ホテルの隣にクラブがあって夜うるさいけど、また行きたい。

4月で水は冷たかったけど、屋外プールが気持ち良かった。
Img_3471

(6) シェラトン成都麗都ホテル
CNY552.75 ¥8,916
夜中にチェックインして早朝チェックアウトしたので、成都の街はよく分からなかったけれど、想像していたより大都市で、道やビルがすごい。夜中に閉めようとしていた火鍋屋に滑り込み、四川火鍋を食べた。材料がトレイで出てくるのではなく、冷蔵ディスプレイにある串を自分で取ってくる方式。美味しかった。そういった旅程だったので、プールの視察はできなかった。


(7) フォーポイントバイシェラトン上海,大寧 ¥12,956(チェックアウト時現地通貨にするか聞かれなかった)
あとのジェットスターフライトではないにしても、国航で夜遅く地下鉄のない時間に着いて面倒だった話。

こんな商場の中のホテル
Img_3637

(8) シェラトン上海虹口ホテル CNY757.67 ¥12,247
プール
Img_3680

(9) シェラトン・グランデ・トーキョーベイ・ホテル
¥12,350
隣のヒルトンのコンビニにビールや朝食を買いに行ったり、夕食昼食を舞浜駅のサイゼリヤに食べに行ったりと貧乏くさかったな。ネズミランドに行く人だけでなく、普通の格好の人も見かけた。部屋が日本仕様で、普通の部屋には泊まりたくないと思った。

あと、プールがぬるい。
Img_3734

ここまで4月中に9泊、3ヶ月で18泊問題ない計算ですが、5月はSPG加盟ホテルのない所に出かけたりするので、6月に帳尻合わせする予定。

<つづく>

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年7月14日 (金)

『情報強者』伊藤洋一 新潮新書を読んで

図書館に行ったら、禁帯出・館内での閲覧のみの書架に並んでいたので、何の気無しに手に取ってみました。

Img_5573


ラジオ日経でやっている伊藤洋一氏の Round Up World Now! はポッドキャストでかれこれ数年聞いているので、氏の情報収集方法(夜中に起きたり)、入力方法(iPhone、音声入力を活用)、編集出力方法(ブログ、FB等で発信)については知っているつもりでした。

が、主たる内容としては、如何にダブった情報や必要のない情報から自分を守り、思考のループを考え出すかというものかと思います。

氏の言葉だと「思い切って捨てること」「ループ(思考の輪)をつくること」が原則だと言っています。

また言葉を変えて、

同じような情報は頭に何回入れても仕方がない。
同じような情報は捨てなければならない”とも。

確かに自分自身を振り返ってみると、Twitter でNHKニュースのツイート見て、お昼に同じことをラジオで聞いて、ともすると夜7時のニュースで同じ内容を聞いたりすることもあります。

またYahoo!ニュースを定期的に見る習慣はありませんが、そこに選ばれているニュース項目は必ずしも自分の興味に沿ったものではないのに、それで時間や自分の脳力を浪費してしまっているかもしれません。

以前に『ぼくたちに、もうモノは必要ない』佐々木典士を読んだと書いたんですが、これとつながるところで、モノ(情報)を捨てることによって原始時代からたいした進化をしていない脳のCPUパワーを解放することにつながると思います。


朝8時からのBS1の各国からのニュースの有用性(翻って日本のニュースの閉鎖性)については、そう思いますし、テレビがある時は見たりするのですが、いかんせんテレビに無縁な生活、NHKオンデマンドでたまに見るくらいだと、著作権の関係で海外のニュースは見られないので、痛し痒しと言ったところです。
  Bloomberg TV とか気が向く時は毎日見たりしてるのですが、見ないと見ないし、BBCとかABCは見る習慣になっていないので、私としては要改善なところです。(Hola VPN Chrome Plug-in を入れてBBCを見ようと思いましたが、無料会員だとP2Pで自分の帯域を差し出すことになりなんとなく気持ち悪く、このへんをお試し中、CBSは普通に見られる)

また、人は「快楽情報」にしがみつきがち、というのも耳の痛い話です。気に入らないからと言ってA新聞の記事を読まなかったり、自分のタイムラインに流れてくるニュースだけ見たり、お気に入りのニュースサイトだけ見たり、というのは反対意見を少なくとも知っておくと言った観点からいけません。

軽くページをめくるだけのつもりでしたが、1時間くらいで読んだ中では自分なりの気づきもあって良かったです。


| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年7月13日 (木)

東成田駅/日本の祭シリーズ

釜山経由対馬日帰り旅行の番外編


暑いんで第3ターミナルから連絡バス乗ってみたら、第2と第1ターミナル回ったあとに東成田駅も停まるというアナウンスを聞いて、京成線の乗り継ぎも良かったので、大好きで前も訪れた東成田駅へ(笑)


第5ゲート、最近はパスポートチェックもないんですがねー、一応係員の方が二人いらっしゃいました

Img_5432


上から貼ってある所の下は、新東京国際空港と書いてあるのでしょう

Img_5433


Higashi-Narita Sta.

Img_5434


札幌雪まつり

Img_5436


秩父夜祭

Img_5437


博多祇園山笠

Img_5438


京都大文字焼き

Img_5439


阿波踊り

Img_5440


仙台七夕祭

Img_5441


青森ねぶた祭

Img_5442


秩父夜祭って、すみません、存じ上げませんでした。日本三大曳山まつりだそうで。12月の初めだったら他のイベントとバッティングしなさそうで、機会があったら見に行きたいなあと思いました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

«釜山経由対馬日帰り(6)